発見たくさんグリッドウォーク!(S耐富士24時間

CARGUYデモランのあとは1時間のグリッドウォーク。今回のS耐
・ピットウォーク券(1500円)
・グリッドウォーク券(4000円)
・パドックパス(8000円)
という価格設定。パドックパスにはピット・グリッドウォークがついてます。24時間パドック入り放題ということもあってお得かなと思います。来年もこんな感じだとありがたいですね。
D72_7556
パドックウォークは1時間あるので割と撮り放題。レースクイーン目当ての場合は追っかけないといけないと大変ですが、車がメインなら動かないので楽です。お目当てはやっぱり冴えカノレーシング。寄ります。

続きを読む

スポンサーサイト

10年ぶりの24時間耐久レースは静かに幕をあげる。(S耐富士24時間

レースから遅れること1週間半、ようやくSuper耐久第3戦富士24時間耐久レースの記事に入ります。タイトルの通り、日本国内での24時間耐久レースは2008年の十勝24時間耐久レース以来10年ぶり、富士スピードウェイでの開催に至っては1967年の富士24時間耐久レース以来51年ぶりという大イベントです。
とはいえ、レース自体はS耐のシリーズ戦であり久々の24時間耐久レース。ちょっとしょっぱいイベントになって結局今年だけなんじゃないの?という疑いもあったのは事実。まぁ結論から書けば現時点でできうる最高の24時間耐久レースでしたけどね。振り返っていきます。

ND4_6445
朝のフリー走行
24時間耐久レース。簡単に言えば、24時間走り続けて誰が一番長距離を走れるか。それを競うレースです。金曜日の予選ですでにグリッドは決まっているため、朝のフリー走行が車の方向性を決める最後のチャンスです。

続きを読む

レコード乱発脅威の鈴鹿予選。(SuperGT鈴鹿300km

今度こそ車を決めてしまいたいものの、現物を見ずに決めるのはちょっと怖いところも。でも、なかなか見に行く時間がなぁ…というジレンマと格闘しております。

ND4_5845
#100 RAYBRIG NSX-GT
GT500のQ1も引き続きデグナーで撮影を行いました。GT500はGT300以上にタイヤがシビアなため、Q1終了間際まで待ちぼうけを食らうことが多いです。今回もまたそのパターン。GT500の前半組で飛び出してきたのはJBが駆るNSX-GTです。開幕戦の入賞もあってちょい重状態での予選ですが速さはさすがの一言でした。3番手タイムでQ1通過です。

続きを読む

鈴鹿サーキット最後の秘境、デグナーを撮る。(SuperGT鈴鹿300km

週末は四日市の夜景を撮ったり、酒飲んだり。楽しかったです。あと、PCレンズを2本持って行ったんですが、やっぱり工場夜景にはシフトレンズですね。

ND4_5771
前回、最後のほうでお伝えしたようにデグナーアウト側へやってきました。前から行けるようなことは知ってはいたんですが行き方がわからず放置していました。

続きを読む

強風に勝てぬままフリー走行は終わりを告げる。(SuperGT鈴鹿300km

今週末は久々に四日市の工場夜景を撮りに行く予定です。友達とも久々に会えるので楽しみです。

D72_7175
#23 MOTUL AUTECH GT-R
クソッタレ向かい風とバトルしながらも1/13くらいまではなんとか流せるようにはなりました。この辺りが打率的な限界かなってのが率直な感想ですね。これ以上は絵としても仕上げるのが難しいです。

続きを読む