GT300に引き続き、GT500もレコードタイム(鈴鹿1000km

いろんな用事が重なってしまって笑えない。とりあえず、新城ラリーとスーパーバイク、どっちに行こうかな。(個人的には新城ラリーに行ってみたいけど、足がない)

GT300のQ2も終わって、続いてはGT500のQ2です。
ND4_3816
#12 カルソニック IMPUL GT-R
Q2になっても出し惜しみ(?)の傾向は変わらず、Q2スタートから7分くらいは暇でした。なので、その間に他の人に荷物を見てもらってトイレに行ったりしてました。
まずはカルソニックから。ヘアピンでアフターファイヤを出したりするのは6月のタイヤテストで知っていましたが、まさかタイヤから(?)火花が出るとは思いもしませんでしたね…

続きを読む

スポンサーサイト

そして、土砂降りのFP2は幕を閉じる。(F1鈴鹿GP

18時ごろ、艦これの公式ツイッターで飛龍のピーチエアのCAバージョンのフィギュアが出るとアナウンスが。予約しました。タカラトミーからもアクションフィギュアが出ていましたが、それ以来の立体化。もう立体化はないと思っていただけにすごくうれしいですね。発送は10月下旬なので、楽しみです。

FP2も気づけばラスト30分を切りました。(半分以上は待ってる時間でしたが)移動も考えましたが、このコンディションだといつ走るかもわからないのでスプーンで待ち続けます。
ND4_7600
#44 MERCEDES AMG PETRONAS Formula One Team ルイス・ハミルトン
雨脚が弱まる気配もなく、かろうじてFP2が続いているという感じでした。そんな中、最も周回を重ねたのが#44のルイス・ハミルトン選手。計4周を重ねてレイン時のマシンの動きを確認していました。この辺りは翌日の予選を見据えてレインコンディションの作戦を練っていたのかもしれません。

続きを読む

F1だって超低速で流し撮り!(F1鈴鹿GP

F1の撮影レポートだとどこもかしかもクソ真面目にカメラマンエリアから撮ってる写真ばっかりですが、金曜日のフリー走行はもっと自由に撮れますよ。行こう、金曜日。

引き続き、逆バンク下側での撮影です。(※掲載写真の一部はトリミングをしています)

D72_0518
#11 Sahara Force India Formula One Team セルジオ・ペレス
ピンクのマシンが特徴的なフォースインディア。実況でも「フォースインディアのマシンはピンクなので、それを探してください!」言われる始末。まぁ、そうだよねぇ。
FP1なので、例のごとく計測器がシャークフィンの後端に取り付けられています。前回の記事で紹介したものに比べると小ぶりですが、このサイズのものと金網みたいにデカいものの二つがあるそうです。

続きを読む

初めてのF1現地でそのスピードに圧倒される。(F1鈴鹿GP

鈴鹿1000kmの記事をまだ書いていますが、この週末で行われたF1日本GPに行ってきたのでそれについて3~4回で書いていこうと思います。あと、金曜日のフリー走行のみの観戦です。(金曜日券だけ入れるチケットがある)


D72_0254
#55 Scuderia Toro Rosso カルロス・サインツJr
とりあえず、撮影は逆バンク下側から。普段ならカメラマンホールから狙えなければ諦めるところですが、さすがにF1。それは無理な話なのでフェンス2枚抜きに妥協しながらの撮影となります。10時のFP1のスタートの際に一番最初に飛び出してきたのはトロロッソのカルロス・サインツJr。アウトラップでかつ、曇り空で路面温度が低いこともあってかなり抑えめの走行だったと思いますが、それでも普段撮っているGTなどに比べたらかなーり速いのでさっそくビビりました(笑)

リアウイングの手前についている金網のようなものは最新型のエアロパーツ…ではなく、最新型の計測機器なんだとか。空気の流れは最新のソフトや風洞を使って実験をすることはできますが、あくまでシミュレーションであり、実際のデータとは異なる可能性があります。フリー走行でしか見れない、貴重な状態です。

続きを読む

引き続き2コーナーでの撮影を楽しむ.(鈴鹿1000km

今週末は鈴鹿サーキットでF1が開催されます.行ってみたいところはあるんですけど,カメラマンチケットの価格と撮影可能な場所がネックですかねぇ…あと,昔の甲高いエキゾーストノートに戻ればという感じなので,しばらく行くことは無いでしょう.

引き続き撮影は2コーナー出口側のスタンドから.良ポイントなんですが,F1ではカメラマンエリアにはなっていません.金曜日であればCスタンドは自由席になるので,APS-C機に300mmクラスのズームレンズを使えばなんとか撮れるかな?という感じですね.(例:D7500+AF-P DX NIKKOR 70-300mm F/4.5-6.3G ED VRの場合はフードなしでギリギリ26センチ以内に収まりそうです)

D72_9056
#55 ARTA BMW M6 GT3
2コーナー出口はフェンスとオフィシャル用の建物(?)の間から狙うのが定番です.撮影場所によりますが,500mm~が撮影に必要な焦点距離という感じですね.

前戦の富士ではその相性のよさから圧巻の勝利を見せ付けましたが,鈴鹿との相性はかなーり悪い様子.タイムがかなり伸び悩んでいました.(このあたりは土曜日のトークショーでも言っていましたが,ドライバーをはじめとしたARTA陣営全体的に感じていたことのようです)

続きを読む