4時間の耐久レースが終了。総合優勝は99号車。(鈴鹿S耐

珍しく2日連続でアルバイト。あんまり連勤はしたくないですけど、人が足りてなかったので仕方ない。ある程度忙しいと頭空っぽにできるのでいいですけどね。

DSC_4999.jpg
(D7200,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F16,1/80sec,ISO100,500mm)
#31 Nissoku Porsche991GT3 Cup
ST-1クラス優勝の31号車。といっても、これといってライバルがいるわけでもなく、ただひたすらに完走を目指す自分との闘いとなります。ルマンなどを見ているとわかりますが。完走すること自体が強さです。ST-Xクラスよりちょっと遅く、かといってST-2などより遅いわけでもない。立ち位置が微妙なんですよねぇ…

続きを読む

スポンサーサイト

1年ぶりのダンロップコーナー上側(鈴鹿S耐

8耐が近づいてきました。昨年はヤング割が使えたので無料で行けましたが、ことしは23歳なので普通にチケット代払って行きます。幸い、知り合いとグループチケットを購入できそうなのでちょっとは安くあがります。(V2買うぞー!とか言ってましたが、結局移動しまくること考えたら指定席取る意味は薄いと気づいてやめました。)
DSC_5384.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F13,1/60sec,ISO50相当,500mm)
#45 LIQUI MOLY RS3 LMS
特徴的なのはスワンネック形のリアウイングステー。上持ちにすることによってウイング下面の空気をきれいに流せるため効率が上がるそうな。S耐では欧州車ベースのGT3カーなどが採用しているようです。市販型のGTウイングに採用される日はくるのかどうかで、今後の下位クラスのウイングステーの動向も変わりそうです。(スワンネックだと調整幅が狭いらしいですけど)

続きを読む

流すか流さないかの迷いどころ。(鈴鹿S耐

せっかくのゴーヨン、もっと開放付近で使ってそのボケを楽しみたいところですが、NDフィルターがないのでタイヤが止まってしまうのが悩みどころ。雨降ってくれればすごいありがたかったんですけどねぇ(笑)

レンズを替えたり減感したりで対応です。

DSC_4731_20170708100440970.jpg
(D7200,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F11,1/160sec,ISO100,500mm)
#6 新菱オート☆DIXCEL EVOⅩ
こういう並び方好き。やっぱり複数台一緒に写ってくれたほうが立体感が出ていいですね。

続きを読む

向かってくる被写体は苦手?(S耐鈴鹿

一昨日はバイトして友達の家行って遊んで、昨日は酒飲んで。この二日間、中途半端に寝たので逆にきついです。

Exifの500mmがシグマのゴーヨンの500mmなのかニコンの200-500mmの500mmなのかよくわかんないなーと思いながらLrのプロファイルの部分で見分けて書いてきます。(前はプロパティで見れたような気がするんですが…Lr経由だと消えちゃうのかも)

DSC_4667.jpg
(D7200,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F11,1/160sec,ISO100,500mm)
#1 スリーボンド 日産自動車大学校 GT-R
前回のCスタンドから移動をしてDスタンド(S字トンネル横)へ。ゴーヨンの返却もあるので逆バンクに近づいていきます。ST-2クラスまでならちょうどいい感じなんですが、ST-Xクラスはちょっと近いかも?という感じです。
APS-C機に400mm前後のレンズを取り付けるとちょうどいい距離感かなぁと思いますね。

続きを読む

接触発生!レースが徐々に動き出す。(S耐鈴鹿

レースの面白みとはなんでしょう?手に汗握るドッグファイトもそうですが、人と人とがレースをするだけに必ずトラブルや接触などの予期せぬ出来事が発生します。レース開始から約1時間。流れが変わり始めてもおかしくない時間帯に突入です。

DSC_4915.jpg
(D4,SIGMA 500mm F4 DG OS HSM Sports,F11,1/100sec,ISO80相当,500mm)
#7 サーキットWOLF新菱オートEVOⅩ
S字1個目の内側から。6月の上旬で芝がだいぶ青々としているので、さわやかに現像してみました。2コーナー~S字入り口の立ち位置次第でマシンの大きさは調整できるので、単焦点であってもいろんな構図が試せるのがCスタンドの魅力ですね。

続きを読む