たまにはカメラマンホールを捨ててみる。(JSB1000公式テスト

今日は以前から気になっていたハンバーガー屋に行ってきました。近くにはあるものの、いざ一人で行くとなるとちょっとハードルが高いので行ったことがなかったんですよね。良かったです。また機会があれば書きたいなと。

前回、セッションの途中で赤旗中断が入ったのでその間にちょっと場所を変えて撮影することにしました。引き続きクロップを活用して撮影しています。

D72_3434
#75 YAMALUBE RACING TEAM/前田 恵助
逆バンクの定番はカメラマンホールですが、かれこれ2年近くカメラマンホールを中心に撮影してきてるわけですから、いい加減飽きました(笑)フェンス2枚抜きで画質が厳しくなるのは覚悟のうえで逆バンク出口側からの撮影です。(F1でいうとカメラマンエリアですね)

続きを読む

スポンサーサイト

午後のセッションはJSB1000から。(JSB1000公式テスト

鈴鹿サーキットの公式HPにはスーパーフォーミュラの公式テストの話しか出ていなかったので全く知らなかったのですが、JSB1000の公式テストも併催されていました。ま、来月の2&4レースはJSB1000とスーパーフォーミュラの併催ですからそうだろうとは思っていましたけども。とりあえず、午後のセッションは逆バンクから撮っていきます。
※今回掲載の走行写真はクロップを使用して換算1000mmで撮影しています。

D72_3226
#21 YAMAHA FACTORY RACING TEAM/中須賀 克之
鈴鹿の2&4で5連覇の記録を持つ中須賀選手から。6秒台を連発し、ぶっちぎりの速さを見せつけていました。

ヘルメットは昨年の黄色を基調としたデザインから青色のヘルメットに変更されていました。青いボディに合わせた感じでしょうか。

続きを読む

8耐といえばナイトラン!そして栄光のチェッカーへ。(鈴鹿8耐

ふと、気になってF1のカメラマンエリアの場所を鈴鹿サーキットのHPで確認したのですが、かなーり撮影可能な場所が少ないんですね。カメラマンチケットを買う多くのファンの皆さんはどういった場所でどのような写真が撮れるかというのは理解されているかと思いますが、カメラマンエリアからの撮影イメージみたいな記事をまとめることができたらいいなと思っています。(その前に富士のGTと鈴鹿1000kmの写真どうにかせんといけんけど)

D72_7915
#24 CLEVER WOLF Racing & 3ART
GPスクエアで合流したMさんがヤマハの抽選会に行くということで、その間に暇つぶし(?)がてら最終コーナーで撮影です。どうしても2枚抜きでの撮影になるので画質は厳しめですが、最終コーナーならではの立体感のある撮影は非常に楽しいです。

続きを読む

逆バンク以外でも。(鈴鹿8耐

いよいよ明日からSuperGT鈴鹿1000kmFinalが始まります。持っておきたいものに追加がありまして、携帯ラジオとイヤホンです。鈴鹿サーキットでは場内放送をFMラジオ(79.3Hz)で配信していまして、それを受信できるようにしておくと、バトルの状況などが逐一入ってくるので撮影が非常に捗ります。(前日に言っても遅いかもですが、ドン・キホーテとかで買えるのでお許しを…)

D72_7778
#95 S-PULSE DREAM RACING・IAI
イアイではなくアイ・エイ・アイだそうです…ずっとイアイと読んでました…この95号車は8耐初参戦。公式予選は11位と惜しくもTOP10トライアルからはあぶれましたが、8耐初参戦とは思えない好成績を残しました。(もちろん、これまでの実績もあるので、その経験が活きた結果ともいえます)しかし、本戦は波乱の連発。詳しいことはS-PULSE DREAM RACING・IAIのHPに掲載されています。→S-PULSE DREAM RACING
SSは1/6sec.非常に低速です。ここまでくると連写しても全滅は当たり前なんですが、たまには成功します。一脚をいかにきれいに水平に回すかがポイントだと思います。

続きを読む

逆バンクでは流し撮り祭り。(鈴鹿8耐

鈴鹿の逆バンクはカメラマンホールから狙うのが主流なので、他のアングルを考えることが少ないです。昨年のGT合同テストや8耐の記事を見返すと、2枚抜きをしたと思われる構図もいくつか見られたので、あんまりカメラマンホールにこだわりすぎない写真を今週末の1000kmでは撮りたいと思いました(小学生並の感想)まぁ、4万くらいペイするとカメラマンと同じアングルで撮れたりするんですが。(これに関しては予算のめどがつけば10月のSFで申し込んでみようかなとは思ってます)

D72_7608
#39 BMW Motorrad39
国内4メーカーに比べてカウルのゴツさがいかにもドイツ製といった感じです。BMWのS1000RR(2017年モデル)となります。撮影は逆バンクの上側から。最近は逆バンの上から撮ることのほうが少ないので、見返すとなんか新鮮です。

続きを読む