2016年冬アニメ雑感

4月から新年度となり、めでたく(?)大学院生としての生活を始めました。まぁまだ本格的に始まったわけでもないのでまだ特に何かどうするというわけでもないんですけどね。

さて、1年ほどまえはアニメを半クール見る体力もないというよく分からない事態でしたが、ここ半年ほどは1クールをなんとか完走できるようになりました。おそらく、艦これをやらなくなったりしたのと現実逃避的な部分は大きいかなとは…

今季最終回を迎えた視聴したアニメ(15秋以前に開始したもの含む)は

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり~炎龍編~(分割2期目)(以下GATE)
銀魂゜(分割3期目)(以下、銀魂)
無彩限のファントムワールド(以下ファントムワールド)
アクティヴレイド
だがしかし
最弱無敗の神装機竜(以下バハムート)
蒼の彼方のフォーリズム(以下あおかな)
この素晴らしい世界に祝福を!(以下このすば)
攻殻のパンドラ
おそ松さん(分割2期目)
少女たちは荒野を目指す

のはずです。この中でもし再放送していたらまた見たいなーと思うのはGATE、あおかなですかねー。最終回まで見たのでどれもまぁ面白いとは言えますけども。

1)GATE
15年夏季に1期を放映し、分割で2期目で16年冬アニメとして放映されました。ジャンルとしては異世界モノですが、所謂こっち側(=作中では自衛隊)の人物があっち側の世界に行っていろいろ衝撃を受けるのではなく、あっち側の世界の人びとがこっち側の人びとから様々な衝撃を受けるというのはある意味新鮮でしたね。
自衛隊としての組織や戦車などの描写も細かくなかなか楽しめました。

個人的には1期でロウリィ・マーキュリーら3名を招致して行われた質疑応答での、炎龍襲撃の際に「地元住人に死者が出たのにもかかわらず、自衛隊には死者が出なかったのはどういうことだ。何をしていたんだ!」というのに対してのロウリィの応答は素晴らしく気持ちがよかったですね。


自衛隊強いな!って思いながら見ると楽しいです。あっち側でワンサイドゲームとかそういうのはどうでもいいです。

2)銀魂
安定だよね。将軍暗殺編、さらば新撰組編のあたりでは藤田陽一監督から変わってしまい藤田陽一監督の銀魂というのは見れなくなってしまいましたが、ギャグのないシリアスな展開だったので問題なかったのかなー。いいところで主題歌にDOESを起用したなーって思います。

3)ファントムワールド
日本の誇る京都アニメーションがおっぱいで1話で出落ちのゴミアニメを作りました。1話でおっぱいネタが滑るのはあの青いヒモアニメで学んだろうに…
けいおん!絵以外描けなくなっちゃったし表現の多彩さや質感の高さ以外はあまり評価できなくなっちゃったよね。京アニ。

4)だがしかし
おもしろかったし懐かしい駄菓子もいろいろ出てきてなんだかんだで毎週楽しみにしてました。でも、再放送してたら見るかはまた別のお話だよね。

5)アクティヴレイド
OPによくわからん効果音混ぜてたのうっとうしい気がしないでもない。6話が胸熱で好きな回です。

6)バハムート
最初の展開がド定番でむちゃくちゃ笑った。ラッキースケベからそういう関係になる。うらやまけしからん。
女尊男婢の世界に男が放り込まれてハーレムになる。そんな世界。

ぼく、ISとかでも見たことある!

7)あおかな
とても…よかったです…燃えるスポ根って感じ。
特に、最終回であの名曲Wings of Courageを入れるタイミングも良く、最終回のBパートは何度見返しても良さしかないです。(小学生並の感想

8)このすば
2期おめでとうございます。

9)パンドラ
くらりん

10)おそ松さん
藤田陽一監督はここにあり。藤田ワールド前回の一番のダークホース。ラス前のシリアス展開から最終回のあのクソ展開。頭おかしい。1期のほうはほとんど見逃してしまったのがほんと悔やまれます。

11)荒野
安藤いいやつ。



以上、雑感でした。
スポンサーサイト

合同練習

今日は市内の高校に行って練習試合とまでは行きませんが、ゆるゆる合同活動をしてきました。
結果から申しますと、目の前にセーラー服を着た女子高生がいるとちょっと集中力かけますね…(そっちかよ
あ。JKは一人しかいなかったですよ。はい。

1局目は私が後手で相矢倉に進みました。中盤の作戦勝ちからそのまま勝ちました。矢倉戦の腰掛け銀を目指されたようでしたが、右銀を腰掛けるのが早く、▲4八飛・6八角型を強要され、飛車角の活用が難しくなってしまったのが痛かったと思います。

2局目(▲私-△相手)


久々に新鬼殺しの出だしで行きましたが、▲1五歩は調子に乗りましたね。ここで△7七角成~△4五角に対して適当な受けがありません。代えて▲6六歩か▲3八玉が勝ります。しかし実戦は△4二玉だったので▲6六歩として穏やかな展開になりました。


△4二金寄としたタイミングで▲2五桂と跳ねて先手好調です。しかし、歩がないため攻めの継続にはもうひと押しが足りません。黙っていると△3二金右~△4二角~△2四歩と催促されてしまいます。
というわけで▲6八飛として4筋の歩交換を目指します。以下、△8四飛▲6六角△7四飛▲7八飛と進めて後手の飛車が受けに効かなくなってしまいこちらがやや指しやすくなった気がします。そして▲7八飛に△3五歩とのどから手が出るほど欲しい駒が手に入る展開になり、こちらが攻めやすい展開になり、その後も勝ちました。

3局目(▲私-△相手)


顧問の先生と指しました。後手は三間飛車を目指しましたが、△3五歩が早かったため悠々一歩得。以下△2二飛▲7九角△3二金▲2四歩△4二角と進みました。最後の△4二角はなるほどという手渡しです。



その終盤。玉が薄いので、捌きあいの将棋になると一歩得くらいでは優勢にななりにくいんですよねー。ずいぶんと戻りますが、▲2四歩がちょっと勇み足すぎたのかなぁと思います。あと、局面図と展開は省きますが、△3六金と寄った手では△3七金▲同金△同角成のような展開のほうが勝ったと思います。

さて、現局面、次に△4八歩成と来られると死にます。ただし、△4八歩成には▲6一馬が必死級の詰めろで入るので何か後手は受けが必要です。ここで私は△3一飛の受けを気にしたのですが、△7一飛だったので▲5三角△6二桂▲同角成△同銀▲同馬△2六角▲同馬△同金▲5三角△4八歩成▲6三桂以下勝ちになりました。

△3一飛は先生も見えていたようですが、△7一飛でも同じだと思ったそうです。△3一飛以下、考えられる進行は▲4二角△1一飛▲6一馬△同飛▲5三角成△4八歩成ですが、ちょっと負けそうです。

4局目(▲相手-△私)


▲四間飛車-△鳥刺しのベーシックな形になりました。先手が6筋を突き捨てているので一歩得しています。ここで△7三桂と跳ねましたが、▲5四銀と出られて▲4五銀を見せられてしまいました。そのため先に△8四飛とするべきでした。△7三桂以下、▲5四銀△8四飛▲4五銀△5三銀引▲5六歩△6四銀▲5五歩△7六歩▲5九角△6五銀と進みやや有利な展開から最後はきわどい戦いになりましたが、勝ちました。(ちょっと思い出せない

5局目(▲私-△相手)

私の嬉野流から一歩損する定跡に進行しました。定跡ではここで▲5七銀上ですが、忘れた私、▲3五歩から動きます。まぁ、結果から言えば無理な動きなんですが。以下△同歩▲同銀△5二金▲2四歩△同歩▲同銀△2三歩(△6四角がよいか?)▲3五銀△6四角▲4六銀△4四歩と2歩の交換には成功しましたが、出ていった銀をするする退却するようでは面白くありません。



別に相手の女子高生さんに見とれたわけではないですが、はっきりと作戦負けです。歩損のうえに陣形が不安定すぎます。ここで△1五角ならはっきりと負けでした。▲2七飛なら△3六歩が、▲3六飛なら△3五歩でまったくだめです。しかし、△同歩だったので▲3五歩△1五角(△2四角ならまだ優勢を維持できた)▲3六飛△2四角▲3四歩△7九角成▲同玉△2七角▲3五飛△4九角成と進み難しい展開です。


少し進みましたが、やっぱり苦しい局面です。攻め駒が少ないうえに後手の角がド急所を狙っています。後手は△4五飛成から後手玉を安全にする筋を含みに△4八飛としましたが、実はこの手が混戦を招くきっかけになってしまいました。△4八飛以下、▲5七角△6九銀▲6八金打△7八銀成▲同玉△5七角成▲同銀△4九飛成▲6九銀△4五飛成▲5七銀上と進み、駒損ですが、先手陣が引き締まり、だいぶ持ち直すことに成功しました。

代えて△3八飛と打っていたなら本譜と同じように進めたときに▲5七同銀が飛車取りにならないのでもっと厳しい別の手を指すことができました。

その後はこちらが詰まない形になっていることが大きく、200手を超える長い将棋でしたが、なんとか勝つことができました。



久々に高校の教室に入りましたが、なんとも懐かしい空気が漂っていますね。あと、放課後の夕日が差しこむ教室に半逆光でセーラー服の女子高生ってなんか映えますよね。カメラマンになりたい。

まぁそんなことはともかく結構楽しい合同練習でした。割と近い場所に高校があるのでまたお邪魔したいですね。

学生選手権団体戦(3/22)

年1回の大行事、学生将棋選手権大会に参加してきました。一昨年、昨年は個人戦に出場しましたが、今年はお財布事情と体力的な都合から今年は参加していません。

1回戦(▲私-△相手)

私の3手目6六歩から▲居飛穴-△向かい飛車に進みました。後手が早いタイミングで飛車先の歩を伸ばしてきたので▲3七銀と上がりましたが、ここまで進んでみるとちょっといまいちです。穴熊も完成したので▲4六歩△同歩▲同銀△4二飛▲4八飛△4五歩▲5七銀と銀を繰り替えました。

4筋の歩が切れているせいでかえってバランスが悪く、こちらがまとめ方に苦労しています。とりあえず相手の囲いの弱点にプレッシャーをかけておきます。ここでだまって△2五歩なら自信がなかったのですが、△6六歩だったため▲同銀△9五歩▲5五歩△6五銀と激しい攻め合いに突入しました。最後の△6五銀に▲同銀△同桂▲6六角と進めましたが、▲4五飛とぶつけてしまったほうが明快だったと思います。もっとも、△6五桂と中央に跳ねさせて端攻めを緩和させたとも見れますけどね。

ちなみに△2五歩の狙いは△1五角や△2二飛の狙いを見せることができます。後手は角交換をしてもあまり影響がないので▲6五歩から角交換を狙う手も成立しません。



その終盤、▲9一飛の王手で香車を抜けば安全だなーっとふらふらっと飛車を打ちましたが、なんか△8二玉で変な感じです。しかし、一歩千金▲9四歩が攻めをつなぐ一手となりこちらの勝ちとなりました。△9一玉でも△同香でも香車が消えるので先手玉は盤石です。以下は寄せて勝ちました。

2回戦(▲私-△相手)


私の3手目6六歩から▲四間飛車穴熊-△右四間飛車穴熊になりました。▲4六歩も普通ですが、将来の△9三桂にプレッシャーをかける意味でも▲9六歩は有力でした。


ここで▲同歩はありえなかったです。負けても▲6五歩から勝負するところでしたね。以下は一方的に飛車を捌かれ良いところなく負けました。

3回戦千日手指し直し局(▲私-△相手)


私の3手目6六歩から▲居飛車穴熊-△石田流となりました。△2六飛を嫌って▲3七銀と受けましたが、△3四飛~△3三桂でまったく勝負になりません。代替えの手もわかりませんが、▲3七歩と打って▲5七銀~▲6八角~▲4六銀を狙うのがよかったですね。


これが敗着です。△7五歩~△8六歩で一気に崩壊です。△7五歩に▲6七金として粘るべきでした。△7五歩▲同歩△同銀▲7六歩のような進行ばっかり考えてました。

4回戦(▲相手-△私)


一つ言わせてください。なんでチーム1勝2敗状態で2勝1敗のチームとスイス式で当たるのでしょうか。ファック。当たったのは関東のA級リーグ在籍の強豪校です。しかもそこのAチーム。勝てるかぼけー。

さて、本局は先手の米長流急戦矢倉となりました。特に狙いがあったわけでもないですが、△6四角と引きました。ちなみに相手の方は感想戦で「△5二金型で陣形が低いから上に構えてきたのかと思いました。これはこれでなかなか苦労しますね…」などと言っていた気がしましたが、私がそんなこと考えているわけないでしょうに…

ちなみに定跡だと△8四角が有力なようですが▲2四歩に△同歩しかないのでちょっと大変かも。かといって△7五歩に代えて△4三金右▲6六銀△8六歩と仕掛けても△9五角と引けないしなぁ。多分研究しませんけど、気が向いたら調べてみます。後手番戦法の米長流を先手で採用できるのが大きいのでしょうか。



▲6五銀に代えて△7七歩のほうが先手は勝ちやすかったようです。知りませんけど。相手の方が言っていたことですし。ここでは△7七歩▲同桂?△7三桂▲7六銀△7五銀と進めれば後手もまずまずだったようです。この順も考えましたが、△7三桂に▲7四銀が嫌で選びませんでした。しかし、後から考えてみれば△7六金とか選べるし悪くないのかぁあ。うーん…わかんない…

この後は駒損してふつーに負けました。感想戦でも読みの深さの差ありすぎたし勝てるかボケって感じでした。

5回戦(▲私-△相手)


私の初手6八銀から▲鳥刺し-△四間飛車となりました。最近私がよく採用している3手目6六歩で流れ悪いし今日は鳥刺しさしてないから新しいことやって消化不良になるくらいならってことで開き直って初手6八銀です。相手が居飛車なら嬉野流のつもりでした。

△5五歩と動いてきましたが、ちょっと頑張りすぎかなぁという印象を受けました。以下▲同歩△5二飛▲4七金△同銀▲同銀△同角▲5六歩△6四角▲2六歩△4六銀▲同銀△同歩▲同金と進みました。


先手は2筋の突破が確定していますが、役に立つまではもう少しかかります。後手は△5六飛とさばく手が有力でしたが、△同角▲同角△5六飛に▲7九角と進みやや指しやすい形勢となりました。後手の方は▲7九角をうっかりされたようです。

そのあとは手堅くいきます。最後は詰まない玉を追い回して危なくしてしまいましたが、時間で圧勝していたこともあり勝ちました。(※30分切れ負け



というわけで個人成績は2勝3敗と奮いませんでした。まぁとりあえずこれでおしまい。来年も院生としては出れるけども。勝ち越したかったなぁ。

マスオブ和歌山旅行2日目。

1日目、温泉入って夜食を食べて。翌日のプランを立てながら友達と将棋を指して寝ました。
翌朝ものんびり寝て、7時半くらいから活動し始めました。

これが双子島荘自慢のオーシャンビュー。目の前に2つ見えるこの島が双子島だそうです。この近くに「番所庭園」という観光スポットがあるのですが、開園が8時なので開園する前に宿の人に教えてもらった灯台に行きました。

三重の安乗埼灯台に比べたら…地味です…

ただ、トンビやカモメがたくさん飛んでたのである意味ではシャッターチャンスには困りませんでしたね。タムロン150-600の600mm側でひたすら追い続けてましたが、慣れてくれば割とすぐにファインダー内に収めることはできます。ただ、風が強かったのとなかなかいい向きになってくれないのとでまともと言えるショットはこれくらいしかありませんでした…
このときばかりはAFスピード遅いなぁ…と思ってしまいました。というよりも、ターゲットが小さすぎて自分の腕だとダイナミック9点で測距できる範囲内に安定して収め続けることができませんでした…

なんか白いわんこがいっぱいいました。首輪はしていないようでしたが、地元の人が餌を与えていたので放し飼いみたいな感じですかね。この写真以外にも白いわんこは何匹か見かけました。
番所庭園の開園時間になったので向かいました。

双子島荘から徒歩で1分くらいでした。入場料は600円です。観光もそうですが、どちらかというとBBQ場所として人気らしいですね。
宿が見えます。入ってすぐのところにはなんだかトロピカルな木が植えてあったりするんですが全体的には松が多く和のテイストを重視している感じです。庭園というだけのことはありますね。

園内ではウソや雀を見ることができました。


海がきれいですわ…油断するとすぐ落ちそうです(汗

このままいくと…すぐ入水できそうですが、一応、簡単な柵があるので簡単にはいけません。でも、油断したらすぐ…

先ほどの階段を降りれるところまで降りてみました。風雨や波で削られたんでしょうね…昔の航空写真と見比べるとこの出島はだんだん小さくなってるそうな…



古来は黒船来航の監視場所だったそうです。そのため、それを体感できるように(?)双眼鏡が設置してありました。奥に見えるのは?黒船ではなく当然、タンカーです。和歌山城を守るための黒船監視の拠点としていたようですね。


柵がないけど行けます。ここで釣りをする際はちゃんと救命胴衣をつけて釣りをしてくださいね!(救命胴衣が設置されてる)

さて、北の方に目を送ると工場地帯が…昨日は…いっぱい歩いたなぁ…
9時ごろにチェックアウトしてよんでもらったタクシーに乗り込んで和歌山港駅を目指します。
10分くらいで和歌山港に着きました。




電車がない



知りませんでした。和歌山港線のダイヤは最高にゴミです。幸運にも、和歌山港駅にタクシーがとまっていたいたのでそこから和歌山市駅を目指します。和歌山市駅から南海加太線に乗車します。完乗という意味では加太駅まで行きたかったのでが、加太駅はやや遠いので八幡前で降りてレーダーを投げて加太駅まで乗ったことにします。あと、和歌山大学前もレーダーを投げ忘れないようにしましょう。
時間とお金は有限なのでこのような方法は邪道とは思いつつ使ってしまいます^^;
和歌山市駅へ戻りました。
和歌山駅に行く電車がない

あああ…バスに乗ります。



途中で和歌山城が見えました。この日は南海高野線に乗りに行ったわけですが、不完全燃焼な部分が多かったのでまた和歌山行きたいですね。青春18きっぷを使った旅行のはずなのに、タクシー、タクシー、私鉄、バスとJRに乗っていない2日目…
和歌山駅から次に乗るのは?
和歌山電鐵貴志川線です。また私鉄かよ
さて、このイラストでピンときたかたもいらっしゃると思いますが、この貴志線の終点にはあの駅長がいます。


JRの改札を抜けて地下道を通って9番線に行きます。9番線に貴志川線の改札とチケット売り場があるのでJRの改札を通過する際は間違ってICカードなどでタッチをしないように気を付けましょう。まぁ駅員さんに言えば通してくれますけど。

階段には猫の足跡が描いてあります。

貴志駅を目指す電車は「いちご電車」です。貴志駅の近くにはいちご農園があるのでいちご電車なのかな?

イチゴがあしらわれた座席です。平日でしたが、多くの方が乗っていました。


つり革は木製でした。温かみがあります。


ちなみに、貴志線には1Dayパスがあり、それを使うと往復で20円安いです。

というわけで貴志駅に着きました。駅舎は猫の形をイメージしています。
ここは世にも珍しい猫の駅長がいます。(初代のたま駅長は亡くなってしまったので現在はニタマ駅長です。)水曜、木曜以外の午前10時から午後4時までお仕事の時間です。定時で上がれるうえに週休完全二日制とかどんなホワイト企業だよ!割と寝てることが多いですが、元気なときは元気です。


駅舎のいたるところにはたま駅長をモチーフにしたものが見られます。


小さい駅ですが、多くのお客さんでにぎわっていました。

貴志駅にはミュージアムカフェがあります。

コーヒーとたままんじゅう。(470円)



まんじゅうにはたま駅長の焼き印が入っています。

帰りの電車に乗るころになって起きていたので起きたニタマ駅長を撮ることができました。
1233の電車で戻る予定が勘違いして1201の電車で戻ってしまったので…
途中の駅で降りて走ってくるたま電車を撮影してみました。明るさ十分で非常に撮影しやすかったです。
たま電車の足元には足跡があります。

ドア

いす


のれん

カーテンが猫柄でした。ちなみに2両目は竹製の簾のようなカーテンでした。そこから昼飯を駅で食べて和歌山線へ乗車、橋本駅で降ります。

このあと、駅メモ的に大事なことがあります。

六十谷と紀伊にレーダーを投げてください。

あ、ちなみに紀和に行く途中で紀伊中ノ島は拾えます。和歌山駅からだと上記2駅は届かないかもしれないんですが、千旦のあたりでレーダーが届くと思います。橋本までは電車に乗るだけです。橋本で降ります。
橋本で降りて南海高野線極楽橋行に乗ります。駅メモ的には
御幸辻、林間田園都市、紀見峠にレーダーを投げてください。
紀見峠は9駅以上探知する必要があります。時間がなかったので極楽橋からケーブルカーで接続している高野山へレーダーが届いたら折り返すことにしました。高野下から10駅目で高野山に届きましたが、下古沢からはなぜか10駅目で届きませんでした。なんででしょ。というわけで上古沢で折り返すことにしました。

眺め…いいなぁ…今回は全く写真が撮れなかったので南海高野線はまた来たいですね。そして橋本に戻った時点で残り2駅ならマスオブ和歌山まではあと少し。王子方面の電車に乗って下兵庫、隅田を回収すれば…?

マスターオブ和歌山、達成です!ちょっとその他の交通費とか時間的なロスとかいろいろあったのですがなんとか達成できてよかったです。付き合ってくれた友達にも感謝です。

さー。マスオブ和歌山を達成したらあとは消化試合です。奈良に抜けていきますが、ここからも抜かりなく。マスオブ奈良の準備も進めたいので和歌山線に乗りながら近鉄御所、近鉄新庄にレーダーを投げました。忍海は不通に拾えます。

法隆寺駅から見えた夕焼けは綺麗でした…
そのまま京都の加茂駅まで行き、加茂駅で亀山行の電車に乗り換え、亀山から津に戻って終了です。


亀山駅では今度引退するあいつを見れました。

最近その写真ばっかり撮ってるのでまともな写真があれば紹介しようと思います。

というわけでいろいろ失敗しながらとなった初めての泊りでの遠征でしたが、とても楽しかったです。乗り換えの失敗や宿の場所の失敗などいろいろありましたが、今回の宿に泊まらなければ黒船の監視場所だった場所を見に行くということはなかったでしょうし、ちょっとくらい失敗したほうがなんだかんだで後から話せるネタができておいしいのでは?とも思えてきます。
まぁ、強がりですけどね。楽なのにこしたことはないです。

今回の反省ですが、やっぱり
駅からのアクセス情報をしっかり確認する!
につきますね。あと、もし事前にツイッターなどで情報を収集できるならその地元の人にどこのダイヤが非常に悪いのかなどを確認しておくとスムーズだと思います。多少高くついてもいいので主要な駅(今回なら和歌山駅)に近い宿を確保したほうが翌日の行動の自由度が上がってよいかと思います。あと、自分は和歌山港駅が最寄りの宿に泊まったのでレーダーは投げませんでしたが、和歌山港駅はレーダーを投げたほうが合理的です。


今回の記事がこれから和歌山制覇を目指す方の参考になれば幸いです。では!


マスオブ和歌山旅行1日目。

和歌山県の駅のコンプリートを目指して和歌山に1泊2日の旅行に行ってきました。一人の予定でしたが、この話をした友達も行くとなって男二人で和歌山旅行に行ってきました。まぁ、乗り鉄が中心でしたけどね。

津駅を0626に出る相可行の列車に乗り、相可で新宮行に乗り換えて新宮へ行きます。新宮に着いた時点で

10時半くらいです。マスオブ三重のときも思いましたが、遠すぎるんだよなー。各駅停車のうえに駅数多いから仕方ないかな。
乗り換えの列車の紀伊田辺行の列車まで時間があるので少し散策します。
ご覧のとおりの雨天です。


新宮駅のすぐそこにある徐福公園。なんでこんなに派手なんすかね…よく分からなかったです。
列車の時間も近づいてきたので新宮駅の近くにある「徐福寿司」というお寿司屋さんの寿司をお持ち帰りです。


多分、今回の旅行中に食べた中でもトップレベルでおいしかったです。これで600円くらいだったので新宮駅で乗り換え待ちをしている方がいたらぜひ食べてほしいです。改札の外にあるお店なので改札を出れることが前提ですけどね。



というわけで、紀伊田辺行の電車に乗り換えます。亀山~新宮は非電化区間なので乗ったキハ25はディーゼルですが、105系は電車。でもロングシートなので地味にしんどいです。



窓の向こうに桜が!もう少ししたら三重県内も桜が咲いていくんでしょうね。


海がよく見えるので「紀勢本線 撮影スポット」などと調べると紀勢本線と列車を絡めた作例が出てきます。が、この本数の少なさでは車がないと厳しそうだなぁ…とちょっと思ってしまいます。帰れなくなりそうだし…

紀伊田辺駅で御坊行きの列車へ乗り換えます。こちらも105系でしたが、ボックスシートだったのでずいぶんと快適でした。


御坊駅でまた出ます。いや、本当は1501御坊駅発西御坊行の紀州鉄道に乗車する予定だったんですが、御坊駅の0番線が分からなくて、駅員さんに聞いている間に出てしまったんです^^;友達に聞いたところ、御坊~西御坊は全然歩ける距離なので折り返しのために停車している時間を考えたら歩いて西御坊駅に行ってそこから乗れるよと言っていたのでそうすることにしました。

この紀州鉄道、日本最短のローカル鉄道です。当然(?)わくわくしますよね!



が、途中で見かけた和菓子屋に寄ったりしてるうちにちょっと西御坊駅には間に合わなくなってしまいました。というわけで西御坊駅の隣の駅の市役所前駅から乗車します。

駅…?

駅です。



紀州鉄道の車両は1月末ごろにリニューアルされたということで、現在はKR301が走っています。以前はキテツ1型という車両だったようですが…


もうおそらく走ることはないでしょう…こっちに乗ってみたかったですね。ほとんどバスみたいなもんみたいですが…



車内はこんな感じ。なんとなくキハ11を思い出します。平日ということもあり、地元の高校生が多く乗車し、小さな路線であっても市民にはなくてはならない車両だと思わせてくれます。



サイドにはこんなラッピングがありました。


御坊駅0番ホームは改札の陸橋を降りてから折り返したところにあるので初見だと結構わかりにくいかもしれないです。


御坊駅からは和歌山に直通です。しばらく105系に乗っていたせいもあってすっごく快適に感じます。223系。それにしてもまた普通か…


ちなみに、駅メモ的な話をすれば御坊駅からレーダーを投げれば多分西御坊駅まで届くので別に乗らなくてもいいとは思いますが、5駅分ですし接続が悪いわけでもないので特急に乗っているなどそういう理由ではなければ乗ることをオススメします。片道180円で安いですしね。



というわけで和歌山駅に着きました。まともに和歌山に行くのは今回が初めてです。和歌山って何があるんだろう(無知

和歌山駅に着くころにはだいぶ日が暮れてきました。予定では和歌山市駅から加太方面まで足を伸ばしてから
和歌山港方面へ行くつもりでしがが、きれいな夕焼けが見れそうということで和歌山港に直行しました。しかし、これが事故の始まりでした…


(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macro,F11,SS1/200,ISO400,-1EV,60mm)
和歌山港駅で夕日を受ける南海7000系?このときは「夕焼けきれい!」などとテンションがかなり高かったんですが…



夕焼けの映えるプラントもかっこいい!


ん…?なんで工場地帯なんだ…?


私は駅から10分で行ける宿の窓からオーシャンビューの美しい宿を予約したはずじゃ…



この日予約した宿は和歌山港駅から10分で行けるという「双子島荘」という宿です。




和歌山港駅から10分で行けます。

車でな!

ファッ!?なんですかこれは…
歩いて1時間でした。



世紀末のような工場地帯を歩いて抜けて無事到着しました。

すんげー疲れたうえ駅から10分なら飯食いに和歌山駅まですぐ行けるベーとか思ってたので素泊まりプランを選んだおかげでまぁいろいろ…ね…一応、夜食のラーメンが注文できたのでそちらを注文したのですが…うん…

あ。温泉とかその辺は全部よかったですよ。温泉は塩分がちょっと多めに含まれているタイプの温泉だったのかややしょっぱめに感じました。


というわけで1日目はこのくらいです。


この日の教訓はただ一つ。

アクセス情報はちゃんと見よう!


あと、その都道府県のコンプリートが目的なら、当たり前ですができるだけ中心の駅の近くで宿を取ったほうがいいです。ダイヤが壊滅的な和歌山港駅から車で1時間という素晴らしい()アクセスにあるこの宿に宿泊した私たちを待っていたのは…?

もう一度言いますが、私がちゃんと確認しなかったのが悪かっただけで双子島荘は悪くないんですよ。2日目の記事でまたその眺めや周辺のスポットを紹介させていただきます。

ここまででコンプリートできた駅は

紀勢本線(きのくに線):新宮~和歌山市
南海和歌山港線:和歌山市~和歌山港
紀州鉄道:御坊~西御坊


残り
南海加太線、阪和線(の一部)、和歌山線(の一部)、南海高野線(の一部)となります。ちなみに、今回はゲーム的なコンプリートが目的だったので2日目は割とレーダーを投げてます。てか、和歌山港の近くで宿を取った時点で…

まぁ、それは次の記事で書きます。