豊橋鉄道の夜活したりPENTAX KPさわったり。

なんか、前回にファン感のこと書くよーとかいいましたが。気にせんといて。

DSC_8681_20170321034800f6a.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
なんで豊橋に行ってたかはさておき、ビジネスバッグにはD7200とNikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIが入ります。これは間違いなく便利ズームですね…

というわけで降り立ったのは豊橋鉄道市内線の新川駅。始点であり終点である駅前駅からはしばらく直線続きですが、この新川駅のところにある交差点で90度曲がります。今回はそれを狙います。この豊橋鉄道市内線は最近ではほとんど見かけない路面電車です。そのため、交差点の信号にはこのように路面電車用の表示もあります。

続きを読む

スポンサーサイト

廃止になる糸魚川快速の485系を狙いに新潟へ弾丸ツアー

2月の末に書く書くといいながら書いていなかった糸魚川快速のお話です。もともと、私がツイッターで「切り株のようなチャーシューののったラーメンを食べたい」発言が原因で、そこからラーメンを食いに新潟行くかーという方向に固まったわけですw

夜の8時に津を出発し、国道23号線→国道19号線→国道18号線と走り抜けて10時間ほどかけて新潟入りをしました。今回、行く予定のラーメン屋は新潟駅の近くのため、新潟駅から比較的近い撮影地が条件ということで撮影地を検索し、見附~帯織か帯織~東光寺のどちらかを現地を見てから決めようということになりました。
DSC_5838.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F3.5,SS1/640,ISO800,200mm)
E129系電車
まず最初に本命の撮影地としている見附~帯織間の防風林のところへ行きました。定番撮影地のようですが、農道に入るのでちょっと注意が必要な場所だと思います。

ピン甘・微ブレで一発目に掲載するかどうかにはちょっと悩んだんですが、朝一発の雪煙はかなりの迫力なので紹介する意味で掲載しました。

続きを読む

糸魚川快速を狙いに新潟弾丸ツアー

火曜夜にゴルフをし、そのままカラオケオール、その明けにダーツをしてまたゴルフ。ちょっと寝てその晩は焼肉へ。その晩は後輩の引っ越しの手伝いでほぼオール。その明けの晩(木曜日)の20時に津をレンタカーで出発して下道で10時間かけて新潟へ。そして、糸魚川快速を狙いました。金曜20時に三重に戻り、そのまま酒を飲み、土曜朝は鳥羽のもりしたへ…アホですが、無茶苦茶した1週間で本当に楽しかったです。実験進んでないので死にます♡

DSC_5956.jpg

ぶっちゃけ明日はバイトだし、クッソ疲れてるのでまた詳細は明日以降に。ただ、この吹雪の中どうなったかだけを想像してお待ちください()

続きを読む

帰省中の撮り鉄。

明日はTOEICです。英語は苦手でスコア600以上を取ったことがないので、たぶん明日も無理ですが…まぁ、マークシートである以上もしかしたらの可能性もあるので最後まで頑張って受けてきます。TOEICが終わればあとやることは純粋に就活だけですかね。

今更ですが青森に帰省した際に撮った鉄道を。といっても、あんまり出かけてなかったので少ないですけども。

DSC_3387.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR II,F5.6,SS1/1000,ISO250,200mm,※大トリミング)
帰省中の大本命はこの四季島です。スジは忘れました(爆
撮影場所は青い森鉄道の小柳駅。12/26の10:24にこの写真を撮影しています。一緒に撮影されていたおじさまがたに聞いたところ、臨時列車等などを走らせるいつものスジだそうで変なスジではないようです。

ちなみに、四季島の営業運用では青い森鉄道を通行するのは深夜です。そのため、小柳駅での撮影は営業開始後では不可能となります。そういう意味ではちょっと珍しいカットと言えましょう。

続きを読む

S耐前の寄り道はなんか高い駅とバイクの聖地の駅へ。

金曜と月曜に学際関連の代休が入ってくるので明日から実質5連休です。まぁ、月曜日には打ち合わせとか発表練習とかあるんで月曜日は休みという感じではないんですけどね。

DSC_9537_20161103012052fde.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR II)
バイクの聖地へと言いつつ最初は山陰本線の余部橋梁へ向かいました。以前は鉄骨製の橋梁でしたが、現在は鉄筋コンクリートの橋梁に変わっています。風情も何もないな…と思いつつも老朽化などを考えると仕方のないことでしょうね。

続きを読む