豪雪でも飛べる。青森空港の耐天候性の高さを機内から知る。

予約投稿です。ちなみに書いている段階ではまだアズールレーンの堀りが終わっていませんが、果たしてイベント終了までにドイッチュランドとグラーフ・ツェッペリンは出ているのでしょうか。(前者は残油と時間的に、後者は残キューブ的に課金必須なのでほぼほぼ諦めてますけど)

前回の記事の最後のほうでもちらっと書きましたが、飛行機が雪で遅延しました。青森空港は国内でも有数の豪雪地帯にある空港で、この時期は雪との闘いになります。最近は雪の影響を受けずに飛行機に乗れていたのですが、今回は直撃しました(汗
ND4_0584
滑走路除雪の案内があったので展望デッキから撮影(この時はまさか2時間遅延するとも思わず)
手前のJAL機は伊丹-青森便。乗る飛行機とは関係がありませんが、こちらも雪の影響で40分の遅延が出ていました。除雪車の前に広がる雪の量を見ていただけるとわかるのですが、結構な量の雪が滑走路上に降り積もっています。

続きを読む

スポンサーサイト

航空祭の終盤戦は雨の中で(各務原基地航空祭2017

気づけば年の瀬、12月中は1週間に1回程度のペースでしかブログを更新することができませんでした。この先は同じようなペースになっていくのかなと思いつつ、記事を書き進めます。

D72_1834
ブルーインパルスのフライトの段階でもそこそこ雨が降っていましたが、室屋選手のフライトが終わったあたりから雨脚が強くなりました。T-4のキャノピーのあたりを見ていただければ降ったことがわかるかなーと思います。

続きを読む

ブルーインパルスにだって負けない!世界一の飛行をご覧あれ。(各務原基地航空祭2017

前回の更新から2週間ほど間が開いてしまいました。本当はもっと更新したかったんですけど、修論やらバイトやらで時間がなく。というか、修論がかなーり激ヤバなので今もこうやってブログ書いてないで進めたほうがいいんですが、もう限界。

D72_1607
前回の記事ではブルーインパルスが離陸したところまでを書きました。小牧で2回ブルーを見て、今回の各務原基地で3回目のブルーインパルス。そろそろ青天井で…と期待していましたが、今回も曇り。展示飛行が始まる前までは青空も見えていただけになんだかなぁという感じです。

続きを読む

クロップに、泣く。(各務原基地航空祭2017

最近は寒いです。布団から出ずに遊べるアズールレーンは良いです。駅メモしようと思ったら家から出ないと…というか、前々から車買いたいとは言ってましたが、まだ何も動いてません。他にやることが多すぎますね。いい加減、アパートの大家さんに駐車場があいてるかどうかくらいは確認しようと思います。

さて、引き続き各務原基地航空祭です。

D72_1461
この写真がタイトルにつながるわけなんですが…Nikonの中級機以上はRAWデータ段階でトリミングを行って撮影するクロップという機能があります。D7200やD810など一部の機種はクロップをすると連写速度が上がるなどのメリットがあります。が、裏を返すと本来写っていたはずの場所は記録されていないということにもなります。
そうなんです。クロップをした結果、ノーズとテールが切れてしまいました。太陽光の反射ですごくいい感じになっていただけにとても悔しいですね。まぁ、ちゃんとフレーミングしてノーズをしっかり入れてテールを切れば何の問題もなかったような気がしますが…技術不足です。

続きを読む

航空祭は天気に恵まれず…(岐阜基地航空祭2017

あっという間に12月。今年も残りわずかとなりました。さて、書き残した写真記事もあとは各務原基地の航空祭の写真くらいとなりました。(雑セレクトで600枚ほど残ってるのでそれなりに時間はかかりそうですが)

この各務原基地の航空祭は修理から返ってきたNikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの復帰戦でもあります。9月にピント調整に出したD7200と修理をして半分くらい新品になった200-500、新生(?)望遠コンビの実力はどんなもんでしょうか。そういう意味でも結構楽しみでした。

D72_1048
今回もWindmhuleさんと一緒に行ってきました。夜のうちに岐阜駅近くのコインパーキングに車を停めてそこで車中泊、朝の電車で会場入りをしました。以前の小牧の航空祭のときは私の寝坊もあって会場入りがかなりぎりぎりの時間になっていましたが、今回は航空祭開始まで1時間近く余裕をもっての会場入りとなりました。そのため、場所取りも比較的楽にできました。

オープニングフライトはT-7練習機から。このときは雲は出ているものの、切れ間から青空が見えるなどそれなりの天気でした。が…

続きを読む