道場にて。(2月27日)

部活に行けないので地元の道場に行ってきました。

最初は道場にいらしていた女性の方と席主のペアチームと私で4局指しました。
先手四間飛車相手に
1局目→私の鳥が突き刺さり中盤で投了されました。
2局目→私の居飛穴。5六銀って出て三間飛車に振りなおすアレ。よく対策知らないんですよねー…終盤、気前よく金を見捨てましたが、常識的に金をくっつけてから寄せれば楽勝でした。底金を打たれたらもつれていましたが、底桂だったので送りの銀が刺さって勝ちになりました。

3局目(▲相手チームー△私)

再び鳥刺し。
そもそも手前の仕掛けが元気良すぎた感はありますが…
△7一飛と引き、▲7五銀△同角▲6二銀△7四歩▲7一銀成△同金と飛車銀交換の駒損となってしまいました。
というわけで本譜を思えば△7七歩~△7六歩のほうがよかったのかもしれません。
私との対局は経験を増やしていこうというものに近かかったので感想戦はほとんど行わなかったのでいまいちわかりませんが…

4局目→相振り飛車となり、私の△3五歩が早く攻めれない、責められる展開となりかなり苦しい将棋。勝負手を放ちましたが、そのときに限って手番は席主。軽くいなされました。

5局目(▲相手-△私)


知らない人とさすときは対抗形だとなんとなく安心します。
先手中飛車に鳥刺し。その終盤戦。
大きな駒得をしていましたが、この軽い飛車浮きが見えておらず、粗雑な読みで△6五歩▲同飛△5五飛▲同飛△7三角▲7二飛と進み少しもつれてきました。
角を打ってから▲7二飛に気づきやべぇってなりました。
▲5二飛打ばかり読んでおり、簡単な筋に気づいていませんでした…
読みが乱れたまま終盤戦に突入しましたが、もともとの差が大きく、最後はすぱーんとよせて勝ちました。

6局目(▲私-△相手)


高校時代の後輩と指しました。
お互い横歩取りはむちゃくちゃ久しぶりで、どうやるんだっけなーわかんねーなーとか言いながら指してました。
高校の頃は「うおーーーーーー新山崎流だぜぇぇぇぇぇ!!!」とか言って横歩取り指しまくっていたころが懐かしいですね…
もう、定跡についていけないです…
本譜は▲1四歩△同歩▲1五歩△同歩▲1四歩△7七角成▲同桂△3三桂▲1五飛△1二歩と進みました。
最後の端の押し込みでまずまず満足できるかな?という感じです。
ですが、そのあとの▲3六歩~▲3七桂の活用はいくらなんでも悠長すぎました。
▲1七桂~▲2五桂とガンガンぶつけていくべきでした。
▲2五桂に△4五桂の跳ね違いをきらったのですが▲6六角や▲1三歩成など手に困らないので▲1七桂と跳ねる手は有力でした。


少し進んで。仕掛けてはいるもののあまり自信はなかったです。
なんせ玉頭ですからねぇ…
図以下△7一金▲7四飛△同飛▲8三角△7五飛と進み、ここが勝敗の分かれ目となりました。


実戦は▲6一銀△4二玉▲7二歩成△6一金…と進みました。


玉が深すぎて届きません…▲6一角成~▲4一角としておきますが、一手負け。
▲6一銀では▲6六銀が有力で、それなら優勢でした。
△8五飛を嫌って見送った変化だったのですが、▲7四角成が逆に飛車取りの先手で飛車の逃げ場所が難しすぎます。
そこで△8五飛ではなく△8二歩も考えられますが、▲7五銀△8三歩▲5三桂成△同玉▲5一飛で決まります。(△6二玉は▲7一飛成)


このあとその後輩と30秒将棋を指しました。序盤早々金損しましたが、間違いを期待して玉をかためて頑張ってたら逆転勝ちしました。


もう一回くらい道場に行く予定です。
スポンサーサイト

朝潮・初霜・伊401制作記5

前回より間が空いてしまいましたね。
プラモ自体はすでに完成していたのですが、艦これのイベント海域を消化したり知人と飲んだり艦これやったりとブログ以外のことをやってました、

さすが死神幸運の船雪風は違うね!
北上がボス前で中破してボスで早々に粉砕したときはもうだめかと思いましがね…
連撃信者の私ですが、今回ばかりはカットイン軍団(北上、時雨、雪風)でチャレンジです。
また、朝霜や夏イベの忘れ人清霜もゲットできて満足です。

閑話休題、本編に戻ります。
今回の写真からカメラを変更しているので、なれておらず見づらい写真が多いですが、ご了承ください。


前回、ほぼすべての工程が終了しあとは細かいものの制作のみとなりました。
まずは艦載機を制作します。
カラーはウルシー作戦時の仕様なので米軍偽装のシルバーに青丸地。星は描けなかったので断念。
左が通常の晴嵐、右が格納庫に突っ込むようの晴嵐です。
主翼はもともとたたんであるのですが、尾翼はたたんでいなかったのでアルティメットニッパーで切断し、再接着しました。
これで格納庫にしまえる!と思ったら…


あらー…せっかく水平尾翼をくっつけたのに見えなくなっちゃった…
まぁ、当初の目的は果たしたしいいか…

舷窓を適当にエナメル塗料でばーっと塗ってエナメル塗料をしみこませた綿棒でふき取ります。



1945年に建造が完了した船なのでウェザリングをどのくらいするか悩みましたが、大戦末期は塗装の質も鉄の質も落ちてるだろう(偏見)ということで普通に汚しました。それでも、赤錆は少なめです。




3mmの透明プラ棒で晴嵐が飛んでる様子を再現してみました。
プロペラはないのでそのうちまた考えます。
定数の2倍の晴嵐を飛ばしていますが気にしない。
なんか書いた記憶がないので追記しておきますが、後部のアンテナ支柱は銅線で作り直し、14センチ単装砲はシズモ共通部品です。


続いて朝潮。
マスト前の十字架(?)なんなのかはよくわからんです。
初霜は銅線をカットして瞬間接着剤でくっつけましが、こちらは伸ばしランナーで制作。こっちのほうが楽でした。

初霜は今回、煙突の帯の塗装に挑戦してみました。
といっても筆で3本線を描いただけですけどね。
線がけっこうガタガタだったのでなんどか描きなおしてます。
たぶん、この後にも描きなおしてます。


ウェザリング、空中線張りを行って完成です。
今回は開戦時仕様なので追加の機銃などもなく、さっぱりした印象を受けます。


朝潮型は条約脱退後の駆逐艦ということもあり、比較的大型です。
すらっとした美しいフォルムが印象的です。
手抜きで作ったわりにはきれいに仕上がっているので満足です。



初霜、突然写真に気合が入っていますが、カメラを変えるといろいろやってみたくなるんですよ…


バックショット。結構好き。



前部マストもいい感じです。


なんというか、やっぱり伊400型はでかいっすねぇ。


このあと用事があるので最後、矢継ぎ早な記事になってしまい申し訳ありません。
次回作は未定ですが、いろいろ忙しくなるので作る時間があるかは…謎です。
そろそろ大型艦や飛行機も作りたいかな。

朝潮・初霜・伊401制作記4

水木金と作業を続けて。
終わらぬ。



以前の作業では銅線で固定するーなどと言っていましたが、艦底パーツの厚みがそれなりにあるので、タップビスでねじ山を切ることにしました。
1.5mmの下穴をあけて2mmのタップビスで切ります。
調子乗ってたらバキッという音がして、艦艇パーツが外れました…(泣
接着しなおし、リタッチしておきます。


今回は舷外電路を自作してみました。
別になくてもいいんですが、リニューアル前のアオシマの初霜はいろいろさびしいので…
塗装してから思ったんですが、あると結構かっこいいので次回からはやっていこうと思います。


スキッドビームは初春型用を持っていないので、レインボーの白露型を使用します。


前回の作業で朝潮にはスキッドビームを取り付けていましたが、ちょっとだけ内側にずらしました。
手すりを取り付ける際に影響がでるので(汗


続いて工作です。
確か3回目の記事のときに初霜の後部機銃座に違和感があるといっていましたが、修正することにしました。
プラ版を積層し、削って形を出します。


続いて後部機銃座のパーツに残っていた支柱や補強材を切断、削り落とし平らにします。


このままだと大きいと感じたので一回り小さく切りました。



甲板を削って慣らしておきます。


そして先ほど形を整えた積層プラ板をくっつけます。


くっつけて手すりをくっつけて完了です。




機銃座の裏側の骨の造形があまりにもいい加減だったのでプラ板を三角形に切り、はっつけておきます。
たぶん、オーバースケールなんですが、このくらいが見栄えがするでしょう。


マスキングして、塗装です。
ちょっとリノリウム色が持ってかれました…
リタッチしておきます。
朝潮と伊401は佐世保色、初霜は独自調色の軍艦色っぽい何かで塗りました。(軍艦色2が切れた)


伊401は艦橋の取り付け作業があるのでクリップでがっちり押さえます。(若干の反りがあり隙間が目立った)


ディスプレイケースに取り付け、手すりをつけていきます。
帝国海軍艦艇の手すりは基本的に2段タイプなのですが、どうも潜水艦は1段タイプらしいので、MKモデルの手すりラッタルセットに付属するラッタルを手すり代わりにつかいます。


艦橋の丸い部分はあらかじめ丸みをつけてからくっつけたのできれいなRをつけれました。
ラッタルもつけておきます。


朝潮、初霜はトムスモデルの2段手すりをつけます。
パラベーンもつけておきます。
後で塗ります。


艦橋の信号指揮所にもラッタルと手すりをつけておきます。


おっと。割烹煙突の制作を忘れていました。
銅線で配管を作り、リニューアルパーツの小煙突のH部をくっつけます。


たぶん、今回一番がんばったところ。
初霜の前マストを自作しました。
当初はもともとついていたマストを銅線で作り直したものを使う予定だったんですが、あまりにも形が違いますし、22号電探を取りつけることができないので自作です。
接着面積的に強度を確保するのが難しいと思ったので予め穴をあけておき、そこに銅線を通す形にしました。



さーて。あと少しで完成…

あっ…そういえば晴嵐作ってないや…



残りは未塗装部、はがれた箇所の塗装、ボートの制作、伊401艦載機の制作、ウェザリング、空中線です。

部活の将棋(2月13日)

今日はバレンタインですね。
はい。

1局目(▲私-△相手)


後手一手損角換わりに早繰り銀です。
相手が慣れていなかったらしく、1歩得のうえに右銀がさばけ、2,3筋の歩を切ることに成功しました。
6筋の垂れ歩を成り捨てて大駒を近づけて受けてきました。
本譜は平凡に▲7三歩成でしたが、▲6四角のほうがよかったかもしれません。
とはいえ、平凡に進めて平凡に勝ちました。

2局目(▲私-△相手)


手損のない角換わり腰掛銀に進みました。
▲8八玉としたところ、△7三桂から先攻を狙われてしまいました。
桂頭を攻められても▲2五桂と跳ねれるので問題ないとは思いますが、先攻されるのはなんかおもしろくないなぁって気がします。
先に▲4八飛のほうが無難ですね。



ここは▲6三歩成を利かすべきでした。
というのも、この後▲6九飛と回ることになるのですが、6筋の歩が切れていないばっかりにえらい苦労するはめに…
実戦は▲2八角△4六歩▲同飛…と進みました。


6筋の歩が邪魔で飛車の活用を抑えられてしまいました。
ここで▲3九飛と逃げてから▲4三歩を感想戦で検討しましたが、△4五銀もあり難しいです。
それを考えると▲4九飛という手はありそうです。
後手の攻めは歩の攻めなので切りにくいです。
実戦は▲4三歩△6九銀不成(まだ△4五銀が勝る?)▲4二金△同金▲同歩成△同玉▲4三歩△同玉(逃げたほうが無難)▲5二角△3四角成△7八銀成(敗着)


△4三金と受ければななめ駒がほぼ確実に入るということで銀をなってきましたが不幸にもこれが敗着となりました。
ここでは金を取らずに単に△4三金が有力で、以下本譜と同様に▲同馬△同玉▲5二玉△3四玉と進んだ時に▲4三銀打をすることができません。
しかし、本譜では銀がもう一枚あるので▲4三銀打とすることができ、△2四玉の一手(△4五玉は▲4六金で詰み)に▲4六角が王手で成桂を外し、詰めろを回避することができました。
そこからは後手が足りずなんとか勝てました。

いやー。危なかったです。

角換わりで先攻予定のときに先攻されるってめんどいな…

部活の将棋(2月10日)

試験終了しました。
必修1個死にましたが、あとはまずまずの手ごたえって感じです。
部活のあと知人と酒飲んでたんで更新遅くなりました。

1局目(▲私-△相手)


後手一手損角換わりに早繰り銀で対抗しました。
3枚の攻めですが、相手の陣形がひどいので十分つながっているかと思います。
実戦は▲4三金と張り付きました。
△7一飛なら▲3二金以下詰みなので△同金と応じてきましたが、▲同成銀△4二金▲5三金と張りつき、最後は詰まない玉を詰ましに行って、やっべwってなりましたが、形勢がド大差だったので逆転には至らず。

ちなみに▲4三金には△3一銀という受けがあり、それならまだ難しかったと思います。
そのため図では▲4三金ではなく▲7二角成がよかったですね。

2局目(▲相手-△相手)


相矢倉に進み、先手が早繰り銀をしてきました。
▲3五歩から仕掛け▲2四歩△同歩と進んで先手が異常に気付きました。
はい。全部清算したあとに△3五角の王手飛車があります。
というわけで銀を撤退したところです。
王手飛車あるから2筋は安泰じゃって言って△2二玉はちょっと適当すぎでした。
▲1五銀と動かれ、あれ?って感じです。
正しくは(?)△2二銀~△2三銀や△1四歩でした。
アホです。


少し進んで、ここは後手が良いと思います。
ですが、△6五歩▲同銀△7三桂▲7四銀△6五歩はいささか疑問でした。
わざわざ相手に歩をいっぱい渡す必要はなかったですね…
ここは△7五歩▲同銀△7三角が有力だったと思います。
次の△6五歩の味が抜群なので▲7四歩などとしてくるかと思いますが、△6三馬くらいで先手は模様の取り方が難しいです。

実戦は歩を渡しすぎて怖い思いをする羽目になりましたが、入玉含みで動いて攻めを完全に切らして先手投了です。

3局目(▲私-△相手)

久々にKKSを相手にしました。
▲4七銀型を組もうと思ったら△4四歩とされて4筋交換が受かりません。
△8二玉って寄ってからだった(テヘペロ
んまぁ、なってしまったものは仕方ないので以下駒組です。


というわけで勝負手。
直接の狙いは3二の金取りですが、真の狙いは端攻めです。
間接的ではありますが4九の地点にも効いているので、将来△4九飛成としたときに▲6六歩が飛車取りになります。
実戦もその両方が実現したので、これは勝っていれば名手になりました。


陣形に差があり、駒の働きや端の関係も考えると先手が逆転し優勢になっています。
しかし、次の▲4二飛は安直すぎました。
△6二香▲6三歩△同香▲5七歩△7六龍▲同銀と進み、なんか王手飛車があります。
△5三銀▲5二飛打△4二銀▲同飛成△3三角だったので駒損は回避できましたが、いかんせんいきなり2枚飛車がいなくなったのは面白くない。
というか、次の△3九飛~△4九飛打や△3九飛~△8四桂のような攻めが痛すぎてどうしようもないです。
飛車を打つならまだ▲5二飛でしたね…
▲5七歩などと催促してる場合ではありませんでした。


その後、30秒将棋で後輩相手にうっかりでド必敗になりましたが、最後のお願いとばかりに露骨に詰めろで銀をひっかけたらスルーしてもらえたんで最後の最後で逆転勝ちしました。



明日はプラモ業の予定。艦これイベントは木曜あたりからぼちぼちやってきます。

朝潮・初霜・伊401制作記3

今日は大学図書館で試験勉強してました。
それが終わるかと思っていましたが、終わりませんでした。

あと、なんか今日は雪が降ってました。
この調子だと明日の朝には積もってそうですが、どうなんですかね。
時間もないので手早くいきます。



特記事項はないですが、艦底色で塗装し、マスキングします。
いつも1mm幅のマスキングテープを使用していますが、伊401は0.7mmのほうがちょうどよい感じです。
使用したマスキングテープはアイズプロジェクトの0.7mm幅。5mで200円とお買い得です。
というよりも、そうしないとスクリューガードに当たります(汗
この次に甲板色のガルグレーを塗るので艦橋も一緒にしておきます。


駆逐艦も同様に1mm幅でマスキングをします。こちらはMr.HOBBYの1mm、2mmマスキングテープセットを使用しています。
2mmに出番が来る日はあるのでしょうか…
駆逐艦はリノリウム色で塗装します。
艦橋後ろ側の信号所甲板もリノリウム色で塗装するので一緒に塗装できるようにしておきます。


前回、甲板を塗装したときは厚塗り&乾燥不足でえらいことになりましたが、今回はそういうこともなくきれいに塗れました。
(伊401は下地が透けたのでやや厚めに吹いていますが、なんとかなりました。)


そして、作業がぶっ飛んでますが、マストの制作です。
以前の記事を参考にしてもらいたいですが、フラックスは絶対あったほうが楽です。
でも、作業中に指にしみました。
なぜか指を切っていたようです。
いつ切ったのかなぁ…
塗装前に綿棒でふき取るなり洗うなりしてフラックスを除去しておきましょう。



今回もアレ、やります。
伸ばしランナーを段ボールにマスキングテープではりつけ、カッターボートと一緒にサンドイエローで塗装します。
そして、これを細切りにして…


甲板に貼り付け、リノリウム押さえを再現します。
艦橋部分は前回の作業でけがいた箇所を目印にして余計な部分を切除しておきます。
ピッチがややいい加減ですね(汗
端っこを接着剤で仮とめしたのち、流し込み接着剤で固定します。
思ったより塗装がにじむなどのことがなかったので一安心。
気になる方はMr,HOBYYの流し込み接着剤の筆を少し切って細くしたり、別の細筆を使うなどしてつく量を減らすとよいかもしれません。
塗料が流れてしまった箇所はリタッチをしておきます。

朝潮はモールドがすでにあったため今回は省略しました。(めんどいもん



さて、初霜の後部機銃座です。
特に気にしてなかったんですが、なんかこのでっぱりの部分が魚雷の次発装填装置の上にあるんですよね。
いい加減すぎるだろ!って思ったので。


切除しました。
本当はもっと形状が違うので、気が向いたら訂正します。
(支柱で立ってるわけじゃないですからねぇ…初霜の後部機銃座は。)



はい。朝潮のスキッドビームはエッチングパーツに取り替えます。
煙突がないと取り付け箇所がわかりにくいので煙突も取り付けておきます。
初霜のエッチングスキッドビームは専用品を持っていませんが、使用しているレインボーモデルのエッチングスキッドビームセットに付属している他の艦用のスキッドビームを流用します。



さて、再び初霜です。
スキッドビームはまだ取り付けてないです。
後部のところに違和感を感じたのでよく見てみると、どうやら旗竿のプラ部品の折れた残骸のようです。
作業前に撮った写真がなければ気づきませんでしたね…


というわけで除去。
あとで整えないとあかんなぁ…

あと、旗竿の位置を勘違いして下穴をあけてしまっている(艦尾の穴)のでそちらも埋める必要があります。

とりあえずここまでが昨年末から進めた作業です。
また試験が終わり次第再開予定です。

では。