部活の将棋(6月19日)

そういえば以前にE-PL6でFalashAirを使う方法を書きましたが、ファームウェアアップデートによって無事問題なく使えるようになりましたね。
ワンタイム接続も利用できるようになりとても便利です。


今日は実験のセッティング~実験の途中までを院生と一緒にやってきました。
なんだか久々に4年生って感じがしました。

1局目(▲相手-△私)


私の矢倉5三銀右急戦から相手の疑問手に乗じて銀得の戦果を挙げ、優勢のまま終盤に突入しました。
実戦は△6三歩としましたが、△5七歩成から踏み込んではっきり一手勝ちだったようです。
一例は△5七歩成▲同飛△6六桂▲5一飛成△7八成桂▲同玉△5一角と進んで盤石です。

とはいえ△6三飛もあらかじめ先手の飛車の活用を抑え、無理攻めを誘発してからカウンターを決める好みの展開と言えるので悪くはなかったと思います。

2局目(▲相手-△私)


先手中飛車に鳥刺し。
このフレーズを大学に入って何度入力したんだろうか…

△7六歩としましたが、▲7三桂成△同銀▲4六角が厳しすぎます。
実戦は△7六歩に▲5七飛だったため△6五桂▲同歩△6六角から快調に攻め続けて勝ちました。

ここでは素直に△同桂▲同歩に△6六桂や△8四飛などが有力だったと思います。

3局目(▲相手-△私)


私が上手の六枚落ちです。
ここで▲6四銀△5二歩▲6二銀なら下手が大体勝っていたと思います。
実戦は▲4九金△5七金としてから▲6四銀だったため、こちらにも楽しみが生まれ、最後に入玉を含みに怪しく指して下手が詰み筋をうっかりしたところで詰まして勝ちました。

六枚落ちまであと一歩。がんばれ!




スポンサーサイト

部活の将棋(6月16日)

月曜日にオリンパスの45mm/1.8レンズを中古で購入しました。
フード付で24000円だったので割とお買い得だったと思います。

ですが、焦点距離が長すぎて(フルサイズ換算で90mm相当)なので使い方が難しいです。明るくてよくボケるので好きなレンズなんですがね^^;
普段使いのレンズはやっぱり20mm/1.7になりそうです。

最近はバイトやら研究室やらでまともに部活に行けてなかったので久々の部活です。
(というか、記事としては先月の団体戦以来という衝撃の真実…)

お昼休みに2面指しで指して、1回王手放置で負けましたがあとは先輩の意地で勝ちました。

その後は研究室に戻ったり図書館で勉強したり。
図書館で友達と別れたあとにまた1局指しました。

▲相手-△私



先手四間飛車に阿久津流急戦を仕掛けました。
よくある手は▲8八飛ですが、▲6六角と8筋を明け渡す代わりに角の働きで勝負を仕掛けてきました。
しかし、平凡に龍を作ってみるとこちらが十分指せる様子です。


ここでノータイムで▲同歩成でしたが、▲3五歩などもっと別の手を落ち着いて考えれるようになってほしいかなーと思いました。
▲4三歩成とすると手順に△同金右と玉頭を厚くすることができるので不満がありません。
次に△4六歩などがあるので▲4六歩と辛抱してきましたが、△4四銀と銀を繰り出し、桂頭に狙いをつけた状況ではこちらが優勢と言えるでしょう。


ここで△2二桂がおそらく決め手と言えるでしょう。
3四の拠点を除去しつつ歩を取った手が金取りになります。
△4七角なども残っており収集不能でしょう。

あとはえげつないほど受けまくって駒得を頼りに寄せて勝ちました。


久々に将棋を指しましたが、やっぱり楽しいですね。