S耐2日目その5

D300欲しいよね(2度目)でも、MB-D10とD300合わせて4万くらいで調達できそうなのでそれにSandiskの8GBのCFとバッテリーグリップ用のエネループ8本で5万に収まると思うけど…

さて、F3の結果を見届けたところで少し時間が空きました。Windさんには西側は遠いからやめたほうがいいよ~とは言われていたものの、やっぱり気になるので行ってみることにしました。

DSC_5767.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR II,F8,SS1/80,ISO200,200mm)
というわけで、シケイン、130R、テグナーと抜けてヘアピンまでやってきました。F1では有料になる区画が無料で行ける!お得です(何が
ヘアピンはスピードレンジが低いから大したことないでしょ(笑)みたいな感じで舐めてたんですが、バトルシーンも多く、スピードも鈴鹿サーキットの中で低いというだけですぐにいなくなります。普通に楽しいです。ただ、出店も何もないので長丁場になるならある程度の用意は…って感じです。

いい感じの尻ブレです。でも、もーちょい長いほうがよかったかなぁ。といってもA011使う気にもなれる距離感ではなかったですけどね。

続きを読む

スポンサーサイト

部活の将棋(6月28日)

スーパーGTまでにD300あたりが欲しいですね。はい。ほんとはD500とかD4Sが欲しいんですが、まぁ無理でしょう。むしろ、最近の出費が多いのでD300を買えるかどうか怪しいような。まぁ、買ってたら冷たい目で見てください。どれもこれもD400を出さなかったニコンが悪い

部活の将棋です。駒に触るのは2週間ぶりくらいです。ルール忘れました。

1局目(▲私-△相手)
2016-06-29a.png
筋違い角をやろうとしたら思いっきり拒否られたので角交換しないほうの右玉になりました。後手の駒組みがややおかしく、序盤早々銀桂交換の駒得とすることができました。ただし、右桂との交換なので必ずしも得だったかどうかは微妙です。

現局面では▲2三銀成と▲4五銀があります。第一感は▲2三銀成でしたが、飛車が一段目から消えると△6九角のような手が生じるので穏便に▲4五銀としました。しかし、感想戦では▲2三銀成以下△同金▲2四歩に△同金でも△2二歩でもまー先手が指せるよねって話に落ち着きました。△6九角とかされても▲7九金とした形が非常に硬いんですよ。

2016-06-29b.png
そして、銀殺しを狙って銀を自陣に打ってきました。とはいえ、△4四歩には▲同銀△同銀▲7一角があるので、実はあまり怖くないです。なのでここでは▲7七桂が有力だったと思います。実戦は▲3五歩として▲3六銀とする筋を含みにしましたが、△4四歩に▲同銀ってするならまぁ…うん…変な手指してますよね。▲3五歩以下△4四歩▲同銀△7一角▲5三銀成△同角▲7七桂…みたいな感じで進めて勝ちました。

あとは30秒将棋とか適当に指してたのでこのくらいで。

さようならA011

東北では先週、先々週と国鉄車両が引退していきました。さみしくなりますね…国鉄色の485系がまた消えてしまいました。いつかは撮りたいなぁと思うものの…あの国鉄色好き…

と、まぁさよなら関連で入りましたが、今回さよならしたのは鉄道車両ではなくカメラレンズです。

P6276281.jpg

続きを読む

S耐2日目その4

今日はバイトでした。途中、怖いオニーサンを受付して、かなーりビビりながらお仕事してました^^;そのタイミングで受付回してきたの許せん^^
バイト帰りに立ち読みした本に「毎日1枚は写真を撮って感覚が鈍らないようにしよう!」ってあったので、気持ちが続く限り、なんでもいいから写真を撮ろうかな?と決心した次第です。まぁ、将棋も同じなんですが、毎日指してないので3日でも持てばいい方でしょう(苦笑)でも、さすがにND400買ってから一度も使ってないので使おうと思います。

P6126110.jpg
(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macro,F8,SS1/250,ISO400,60mm,※フラッシュ使用)
さて、閑話休題(?)車からちょっと離れてレースクイーンです。

こちらの写真だけゲートオープン直後(S耐ウォームアップ前)のグランプリスクエアのEXEDYブースの写真です。目線こっちじゃないあたりアレっすね…まぁ、ゲートオープン直後は撮るものが少ないのでみなさん撮ってましたし仕方ないか。

続きを読む

S耐2日目その3

今日はセンサークリーニングついでにまいと君とCanonとNikonのサービスセンターに遊びに行ってきました。どちらのサービスセンターでもひたすらいろんなレンズを試着してたわけですが、いや、楽しいっすね…


ランボルギーニ スーパートロフェオ ブランパンの鈴鹿ラウンドが始まるまで少し時間があったので2コーナー出口近くの出店でから揚げを食べながらレースの開始を待ちました。
S字で撮影してもよかったのですが、同じような絵になりがちなので移動してS字の入り口のほうまで移動しました。

DSC_5434.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F8,SS1/400,ISO400,320mm※大トリミング)
フォーメーションラップが終わってレース開始です。さすがに自分がいた場所から2コーナーは遠かったので結構大き目にトリミングしています。もともと2400万画素あるので意外と耐えれますね。

続きを読む

S耐2日目その2

友人が新しくカメラを買いました。初めてのカメラということでD5500かEOS Kiss X8、O-MD E-M10MkIIあたりがいいかなぁと思っていて、実際彼もそのつもりだったんですが、いざお店に行ってみると「これにする!」って言って選んだのはEOS70D。いきなり型落ちの中級機を選ぶとは購入センスがあります。お買い得でしたからね。彼がどんな写真を撮るか楽しみです。

DSC_5268.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F7.1,SS1/200,ISO200,300mm)
朝のウォームアップ走行が始まって12分ほど経過しましたが、空模様が怪しいです…

ランエボは世代が新しくなるにつれてサーキットが似合う車になりましたが、ほんとそうですよね…ST-1クラスが最速だった時代は雨天でST-2のエボが総合優勝という時代もあったそうですが、規定が変わったりST-Xの追加によってそれはもう期待できそうにはないようです。

続きを読む

S耐2日目その1

やっと1日目が終わりましたね。やれやれ。
そういえば、AdobeCCのフォトグラフィープランに加入しました。学生プランで毎月1058円です。やったね。

まずは朝のウォームアップ走行です。

DSC_5013.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F8,SS1/250,ISO400,300mmm)
前日セカンドチャンス100に引き続き、S字での撮影を行いました。前日の晴天とはうってかわり、朝から小雨がぱらついたりやんだりの非常にいやらしい幕開けになりました。

10号車だけガリガリ言わせながらアンダーカバー削ってましたが、いったい…車高低かったのかな?

続きを読む

S耐1日目その5

A011を誰か7万くらいで買ってくれませんかね。

1日目のセカンドチャンス100のSCあけくらいから。

DSC_4761.jpg
(D7200.SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F8,SS1/800,ISO400,550mm)
(多分)SCランあけです。FIT2シャシーのシビック。不思議だ。ストレートは伸びがよく、ロールセンターの高さから雨天時の安定感を生み出す。らしいです。本戦は雨でしたが、思ったよりは…って感じだった気がします…

A011のテレ側はかなり甘いってもう100回くらい言ってるんですが、やっぱりバン!!!と迫力のある絵を切り取れるのはホントすごく便利です。

続きを読む

VANGUARDのカメラバックが我が家にきた。

昨日のルマン24時間耐久レース、23時間55分までは世界中の誰しもがトヨタの優勝を確信していたと思います。
だけど…だけど…歴史上まれにみる、歴史に残る瞬間だったかな…と。速いものが勝つのではない。強いものが勝つ。それがレース。改めてその厳しい、だけど人々の心をつかんでやまないその魅力を感じました。最後までプレッシャーをかけ続け、結果的に逆転優勝を飾ったポルシェも素晴らしい戦略でした。マツダがラスト1時間でメルセデスのオーバーヒートを誘って逆転優勝した25年前を鮮明に思い出します。え?生まれてない?こまけーことはいいんだよ!!


てなわけで前置きが長くなりましたが、S耐のアレがまだ終わってないのにも関わらずここで機材の更新のお話です。

続きを読む

S耐1日目その4

今日は大阪のほうに撮り鉄をしに行ってきました。またそのうち書きます。あと、ルマン24時間始まりましたね。そろそろトヨタの優勝が見てみたいですが、ポルシェも難敵です。

では、1日目その4に入ります。

DSC_4679.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F8,SS1/320,ISO100,300mm)
セカンドチャンス100が始まって。本戦に比べると参加台数も少ないのでバトルシーンは少ないですが、それでも予選を延々と続けられるよりはバトルが観れます。
12号車もどこかで接触したのかへこんでました。

続きを読む