1年ぶりの航空祭も寝坊から(小牧基地オープンベース2017

明日は初めての面接です。頑張ります。

しばらく鈴鹿ファン感の記事を書いていましたが、オープンベースの写真を現像したくなったのでそっちを書きます。
ちなみに、去年の記事はこちら→小牧基地オープンベース
DSC_7166.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F10,SS1/640,ISO100,260mm)
まずはオープニングフライトから。さっそくKC-767が飛んでいます。まぁ、これに関しては小牧空港から見えることが多いので今更新鮮味もないっすけどね…

続きを読む

スポンサーサイト

引き続きドリームラン。年代混走ならではの光景を見れました。(鈴鹿ファン感謝デー2017)

けものフレンズ11話…いやにシリアスな流れになってきたなぁとは思いましたが、やはりそうきたか…なんてこった。


小牧基地オープンベースの記事書きてぇなぁとか思ってたんですが、前々回の記事で複数台のバイク写したよって言った手前そうするわけにもいかないので、鈴鹿ファン感を書きます。
DSC_6736.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/320,ISO125,500mm)
#4 ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45(玉田誠
#4 チーム・キャビン・ホンダ VTR1000SPW(宇川徹
このドリームランはいろんな年代のバイクが一緒に走るわけですが、思わぬ形でネタを1枚撮れました。どちらも4号車です。1つのレースで同じゼッケンのマシンが走ることはありえないわけですから、こういう企画走行ならではのカットといえますね。

続きを読む

豊橋鉄道の夜活したりPENTAX KPさわったり。

なんか、前回にファン感のこと書くよーとかいいましたが。気にせんといて。

DSC_8681_20170321034800f6a.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
なんで豊橋に行ってたかはさておき、ビジネスバッグにはD7200とNikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIが入ります。これは間違いなく便利ズームですね…

というわけで降り立ったのは豊橋鉄道市内線の新川駅。始点であり終点である駅前駅からはしばらく直線続きですが、この新川駅のところにある交差点で90度曲がります。今回はそれを狙います。この豊橋鉄道市内線は最近ではほとんど見かけない路面電車です。そのため、交差点の信号にはこのように路面電車用の表示もあります。

続きを読む

今年は8耐40周年!ドリームランのはじまり。(鈴鹿ファン感謝デー2017)

キッズステーションでカイジの一挙放送がやってますが、相変わらずのすさまじい描写っすねぇ。実写版で藤原竜也さんが主演を務めるほうはずいぶんとゆるーく描かれているのでその差でビビります。

ファン感謝デーはどちらかというと4輪のイベントが多いのですが、もちろん2輪も走ります。

DSC_6693.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/320,ISO125,500mm)
#4 チーム・キャビン・ホンダ VTR1000SPW(宇川徹)
ドリームランの前にもウォーミングアップみたいなものはあります。まずは単走です。バイクは詳しくないので鈴鹿サーキットHPからの受う売りですが、ホンダが2000年に4連覇を果たしたときのマシンです。

続きを読む

鈴木亜久里VS土屋圭市!夢のバトル(の予定でした)(鈴鹿ファン感謝デー

久々にHDDレコーダを起動したら残り録画時間がやばいことになってました。まぁ、最近は家にいる時間のほとんどが睡眠か就活になってるので見てる余裕がないってのもあるんですけどね。(再放送は気楽に見れるので見てますけど)

今回の記事は
#8 ARTA NSX-GT(ドライバー:鈴木亜久里)
#55 ARTA BMW M6 GT3(ドライバー:土屋圭市)
のみの登場です。
DSC_6632.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,500mm,※トリミング)
当初の予定では鈴木亜久里選手がARTA CR-Zに搭乗してバトルをする予定だったのですが、前回の記事でも書いたようにCR-Zがトラブルで出走できなくなったため、急きょデモランへ置き換えとなりました。うーん。残念。

トリミングをして、大体換算1000mmくらいになってるかなと思います。こういう抜き方をするんだったらロクヨンに1.4倍エクステンダーをつける必要がありそうです。まぁ、そんだけ伸ばすと陽炎の影響を避けにくくなるのであんまりいいチョイスとは言えなさそうですけど。

続きを読む

ARTAオールスターレースの予定が…&グリッドウォーク(鈴鹿ファン感謝デー)

気づけば3月も折り返しです。早いもんですねぇ。そういえば、撮影ポイントまとめを少し更新&ちょっと見やすくしたのでそちらも併せてお楽しみください。

DSC_6575.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/400,ISO125,410mm,※トリミング)
#8 ARTA NSX-GT
#55 ARTA BMW M6 GT3
前回のS耐デモレースの次はARTAのエースマシンたちによるタイムハンデレースの予定だったんですが…CR-Zが当日不調になってしまったということで急遽この2台によるタイムハンデレースに差し替えとなりました。翌日のファン感でもこの2台だたようでそれなりに深刻だったのかもしれません。

続きを読む

開会式&新撮影地であえなく撃沈。(鈴鹿ファン感謝デー2017

前回のSuperGTとS耐の混走が終わると、いよいよ開会式です。開会式は見たいなーってことでメインスタンドへ行きました。

DSC_6519.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS/400,ISO160,320mm)
先ほどまで出走していたマシンがホームストレートに並んでいました。そこではメカニックの方が忙しそうにマシンのチェックをしていました。今回参加されるドライバーさんの挨拶なども平行して行われました。ドライバーさんも撮りましたが、うまく撮れなかったので割愛です。

続きを読む

Godox TT685Nを買いました。

エントリーシートの自己PRを考えてると寝てしまいます…難しいなぁ…

先日の記事でも軽く触れていましたが、GodoxのTT685Nという外部フラッシュを買いました。フルサイズがほしい~とか大三元ほしい~とか言ってる割には細かい買い物が多く、お金がたまりません。就活の交通費もバカにならないしね…

DSC_8217.jpg
Godoxというと聞きなれないメーカーですが、最近ではケンコーがラジオスレーブ用の送信機・受信機を正規に取り扱うなど、少しずつ浸透してきているメーカーのようです。
神=God
牛=ox
でGodoxなんですねぇ。パッケージを見ていただくとわかる通り、中国の激安系フラッシュの系列です。激安といっても、アマゾンで12000円くらいですけど。アマゾンで発注後、届くまで2週間ほどかかりました。

続きを読む

朝は逆光がつらいのが東コース。(鈴鹿ファン感謝デー2017

ブログよりもエントリーシート書くべきだと思う。

引き続き、S字の入り口で撮影を続けていきます。逆光がきついとは言っても、東コースのほぼ全域がそういうわけですし、諦めて撮れるものを撮っていきます。
※S耐参加車両の車両名は2016年のもの

DSC_6378.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/160,ISO100,380mm)
#111 エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
今回のSuperGTとスーパー耐久の練習走行はどちらもGT3車両でのエントリーということで、GT-R以外はすべて欧州の車両になります。この111号車もそうですね。エヴァで思い出しましたが、エヴァ新幹線も撮りに行きたいですね…せっかく、延長運用も決まっていることですし。

続きを読む

年に2日の鈴鹿のお祭り!開幕はGT-300とST-Xクラスの夢の競演(鈴鹿ファン感)

鈴鹿のモータースポーツイベントの開幕を務める「鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デー」(以降、鈴鹿ファン感、もしくはファン感)に行ってきました。(参加したのは3/4のみ)昨年4月の鈴鹿2&4で鈴鹿サーキットのカメラデビューを果たしてから何度も鈴鹿サーキットには足を運びましたが、もう1年経とうとしているんだなぁ…となんだか感慨深いです。

昨年はアルバイトを入れていて行くことができなかったファン感ですが、今年はアルバイトが入っていなかったので合同説明会を蹴って行ってきました。(もともとその合同説明会自体予約してなかったので問題なしですけどね。)

※スーパー耐久参戦車両の車両名は2016年のものであり、2017年の車両とは異なる場合があります

DSC_6209.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F13,SS1/125,ISO100,410mm)
#5 Mach MAKERS GTNET GT-R
まず最初はSuperGTのGT300クラスとスーパー耐久のST-Xクラスのテスト走行です。GT300クラスもST-XクラスもGT3の車両の参加が認められているため混走をしても同じようなペースで走ることができますが、普段は見ることができない混走なので、なかなか新鮮です。

続きを読む