サンライズとエヴァ新幹線を狙って西日本遠征。

2&4の記事が書きかけですが、先にこっちの話題を。下呂に行き、そのあとツイッターのフォロワーさんと合流したというところまでお話したと思います。そこから車に乗って岡山を目指します。

DSC_1712.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G)
といいつつ、まずは銭湯へ。京都市内にある船岡温泉というところに行ってきました。昔ながらの銭湯という感じでとてもよかったです。

なんで京都か。と言いますと、単に駅メモのイベントを消化するために京都に寄り道をしたんですよね。まぁ、結構な沼で二度としたくないって3人とも口をそろえて言いましたが…まぁ、それは別のお話。イベント消化後は岡山へ向かいます。

続きを読む

スポンサーサイト

Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDを持って下呂へ行こう。ぬくもり飛騨路の旅。

土日と遠征に行ってきました。土曜は友達と下呂へ、土曜の夜にツイッターのフォロワーさんと合流し車で岡山・鳥取へ行きました。土曜日はJR東海の企画列車「ぬくもり飛騨路」に乗って下呂へ。本当は古川まで行って君の名は。でおなじみの古川駅での写真を撮りたいところでしたが、使用した企画乗車券「あおぞらフリーパス」では下呂までしか行けないので仕方ありません。下呂の温泉にも入りたかったしね。

DSC_1570.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G)
※下呂駅で撮影

ではさっそくAi AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDの使用感を含めてのぬくもり飛騨路の旅を振り返ります。

続きを読む

Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDを買いました。案外悪くなさそうです。

今日はOBの先輩が将棋部に遊びに来ました。30秒将棋ですが、勝つことができました。なかなか苦手としてる先輩に勝てたのでうれしいです。

さて、前回の記事の冒頭でも触れましたがニコンの広角ズームレンズAi AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED(18-35D)を購入しました。マップカメラ並品でポイント使用で22500円くらいでした。

DSC_2935.jpg


※5/30追記:記事の最後のほうにレビューのリンクを追加しました。

続きを読む

日曜日はのんびりと。(鈴鹿2&4

広角レンズ注文しました。Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED というやつで。マップカメラ並品で安心保障なし、ポイント使用で2.2万円ほど。安心保障は800円くらいなのでつけてもよかったんですが、使用頻度とか考えても別にいいかなって感じなのでつけませんでした。ワンプライスで売れば1.2万円なので、1万円でレンタルって考えてます。

では日曜日のレースに行きます。前日の飲酒のせいもあって朝はゆっくり目に起きました。遅めに鈴鹿入りしたせいもあって試乗会はいいのが残ってませんでした。昨年みたいにエスロクとか残ってればよかったんですが…
P4238569.jpg
(E-PL6,Panasonic LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.)
せっかくのEnjoy HondaなのでHSV-010の体験搭乗に行ってきました。こういうイベントで乗れるのって大体は小学生以下だったりするんですが、今回は自分で乗れれば誰でもOKという感じでした。まぁ、さすがに大柄な自分にはちょっと狭かったんですが…

続きを読む

練習走行終了!(鈴鹿2&4練習日

4月末くらいから書き始めた鈴鹿2&4の練習日もおしまいです。まだほぼ同じ分量で決勝日があるのにS耐まで2週間ってこれ無理ゲーなのでわ。

DSC_0918.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,1/200sec,ISO100,500mm,※トリミング)
練習走行日はどちらかというとデータ収集やセッティングにかける割合のほうが多いため、バトルシーンというのはまず見られません。(レース前にバトルをしてマシンを壊してしまったら目も当てられません)今回の写真もたまたま2台そろったというだけでバトルをしていたわけではなさそうです。

とはいえ、撮るほうからしたらこうやって2台以上並んでくれたほうが楽しいので積極的に接近してほしいですけどねw

続きを読む

続いては逆バンクでBグループを撮影。(鈴鹿2&4練習日

この間、ようやくバンドリ!を見終わりました。4月くらいからなかなかテレビ見る気力がなくて…最終回の劇中歌、前へススメ、いい曲ですね。久々にガールズバンドっていう感じの曲で結構好みです。特に関係はないですが、ZONEっぽさがあるなーって。

DSC_0752.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,1/400sec,ISO160,500mm)
前回のAグループ練習走行の場所で撮影を続けてもよかったんですが、飽き防止&少しでもメインゲートが近い逆バンクへ行きました。まずは逆バンク入り口側から。

周辺減光も出ていい感じ!って思いますけど、DX機でFX対応レンズ使ってるわけですし出るわけがありません。現像時に調整してます。

続きを読む

中須賀選手の攻めはやっぱり鬼だった。(鈴鹿2&4練習日

S耐が近づいてきて現像が間に合っていないことにやや焦りを覚え始めています。6月頭のスーパーバイクも金曜日だけ行こうと思っていたところですし、いやーしんどいっす(素)

引き続きJSB1000クラスの練習走行です。

DSC_0684.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,SS1/250,ISO100,500mm)
#57 Honda 鈴鹿レーシングチーム/日浦 大治郎
鈴鹿Rdにスポット参戦の57号車です。名前の通り、超地元のチームです。本田技研工業のクラブチームみたいですね。つまり、本田技研工業に就職をすればチームの一員として出れるかも…?ですね。

続きを読む

久々の2輪の撮影でわくわく。(鈴鹿2&4練習日

元気なときに写真を現像したりブログを書いているので、最近は予約投稿を活用することが多いです。00時10分に投稿されてたら大体予約投稿です。当然(?)これも予約投稿。19日は将棋部の新歓でしたし仕方ないかな。

スーパーフォーミュラの練習走行は逆バンクから撮影しましたが、JSB1000の練習走行も逆バンクで撮るのはあまりにもつまらない。というか、2輪の逆バンク撮影は昨年の8耐で嫌って程やってるので違うところで撮りたなーってことでS字のラスト、Dスタンドの上側で撮影をしました。

DSC_0526.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F10,SS1/80,ISO100,500mm)
#61 Team de "LIGHT"/奥田貴哉
MFJ SuperBIKEのJSB1000クラスの開幕戦となる鈴鹿Rdにスポット参戦の61号車。エントリー40台のうち唯一のDUCATIで参戦です。(マシンはDUCATI PANIGALE)

撮影場所にここを選んだのはこの写真を見ていただければお分かりかと思いますが、鈴鹿サーキットで数少ないイン側から抜けるポイントなんですね。(特に激感エリアが解放されない金曜日では東側で唯一のポイントになります)バイクの魅力といえばこのハングイン姿勢。しかし、アウト側からではいまいち迫力が伝わりにくいのでこういう撮り方のほうがかっこいいと思います。

続きを読む

あっという間の1時間。(鈴鹿2&4練習日

なんだかんだで100個目のモータスポーツカテゴリーの記事です。鈴鹿のS耐まであと1か月も切ったことなので早めに2&4の記事は書き上げていきたいところ。あと、鈴鹿サーキットの撮影ポイントと持ち物の記事についても早めにブラッシュアップしていきたいなと思います。せっかくS耐の前に西コースの偵察も行けましたからね。

DSC_0301.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F13,SS1/100,ISO100,500mm)
#16 TEAM MUGEN/山本尚貴
16号車は何度も掲載した気がするのでもう今更とくには…

打率が下がり始める1/100秒のシャッタースピードです。この写真はヘルメットにバシっと追従が決まったいいカットかなとおもいます 。

続きを読む

久々に飛車を振ってみる。

久々に将棋ネタ。まぁ、指してはいるんですけど、なかなか書く気力が出ないというか。そんな感じです。

1局目(▲私-△相手)
2017-05-18a.png
▲石田流三間飛車-△銀冠
今日は1年生くんたちと指しました。将棋のほうは私の石田流三間飛車になりました。高校のころはよくやりましたね。普通に組み合うと銀冠穴熊に組まれて面白くないので▲3九玉型で速攻をかけれるようにしておきます。△9四歩はいわゆる居飛車の税金と呼ばれる手ですが、この場合はちょっとぬるいと思います。図以下、▲2五歩△同歩▲同桂△4四角▲6五歩△同歩▲7四歩△7二飛▲4五銀△7七角成▲同桂△7四銀▲5五角△3三桂…と進みました。

最後の△3三桂では△1二玉として粘りたかった気がします。まぁ、正直なところ▲6五歩に△2四歩みたいな手でも全然自信のない恰好なのでちょっと無理したのかもしれません。

続きを読む