EOS80Dに触ってきた。

Canonの中級機EOS80Dが発表されたときに書いたこちらの記事ですが、EOS80Dについて調べて私のブログに行きついたという方が意外と多くいました。発売されてから数日、今日のバイトの休憩中に電気屋で80Dを触る機会があったので軽く感想を書きます。


Canon EOS80D。最初は「8000Dを売ってるのかな?」と思いましたが、まぎれもなく80Dでした。こちらの80Dには新型のキットレンズのEF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS USM(以下18-135USM)が取り付けられていました。

~デザイン~
ボディのデザインはバッチが80Dになった点と左側にNFC用のポートが設けられてスイッチカバーの形状が変わった以外は大きな変更点はありません。背面のボタンなども70Dに比べて利便性の向上を図ったようですが、大きな違いは感じませんでした。

レンズのデザインもこれまでのEF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM(以下18-135STM)から変更が加えられて、特にスイッチ周りの高級感が増したように感じました。18-135STMはAF切り替えスイッチやIS切り替えスイッチなどが盛り上がっていましたが18-135USMは埋め込まれています。ズームリングは18-135STMやEF-S 55-250mm F4-5.6 IS STMのあたりとあまり変わらない重さだったと思います。高倍率ズームよろしくズームロックスイッチが設けられていましたが、自重落下が起きそうな感じでもないので使わなくても問題なさそうです。


~操作性~
70Dと比べても大きな違いは感じませんでした。ただ、測距点が19点から49点と大幅に増えたため、7DMkIIのような形状のマルチコントローラが存在しない80Dでは被写体を追いながら素早く切り替えるのには不便に感じました。もちろん80Dにもマルチコントローラは存在しますが、メインコマンドダイヤルと同居しているせいで操作しにくいと私は感じます。測距点を選ぶという点ではD7200のマルチセレクターのほうが便利です。

~AF速度~
外観上の70Dとの違いはあまりありませんでしたが、80D本体、18-135USMの中身は全くもって別物だと思ったほうがいいです。あまりのAF速度の速さに驚きました。別の場所で7DMkIIに白銅のほうの70-300を組み合わせた7DMkIIのAF速度に驚いた記憶がありましたが、Lレンズに匹敵するAF速度を持っていると言っても過言ではありません。
ピント無限遠から近くにあった造花に向けてAFオンしましたが、瞬時に合焦しました。18-135STMと70D、7DMkIIの組み合わせもあったので比較してみましたが、

80D+18-135USM>>7DMkII+18-135STM>70D+18-135STM

くらいの差を感じました。ナノUSM、ぱねぇ…ライブビューAFは思ったよりは早くないと感じました。でも実用的だとは思います。

暗所AF性能が-0.5EVから-3EVと大幅に進化を遂げましたが、残念ながら(?)この場所では検証できませんでした。



~で、買いか~
現在の80Dボディが12万程度、80D+18-135USMセットが16万程度、70Dボディ中古が78000程度です。今後下がっていくものと思われますが、せいぜい-5000円程度だと思います。80D+18-135USMセットのの購入予算をもって70D中古とEF 24-70 F4L IS USMの中古などの高級レンズのセットも購入も視野に入ってきます。

結局は用途によると言ってしまえばそれまでなんですが、予算が許すのであれば80Dを買っておけば間違いなく後悔はしないと思います。49点もある測距点や-3EV対応のAFポイントなど日常使用にはちょっとオーバーなスペックかもしれませんが、やっぱりあると便利です。


D7200で日没後の伊丹空港で撮影した写真ですが、-3EV対応の測距点があったからこそバシッとピントが来ていたように思います。

7DMkIIにも劣らない性能を持つ80D、これまでEOSkissなどで動体を撮影していて撮りにくいなぁなどと感じているけど、7DMkIIは高い…と機材アップデートを考えている方にはおすすめの一台です。ついでに18-135USMも購入しておくと多くのシチュエーションで困らないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント