2016年冬アニメ雑感

4月から新年度となり、めでたく(?)大学院生としての生活を始めました。まぁまだ本格的に始まったわけでもないのでまだ特に何かどうするというわけでもないんですけどね。

さて、1年ほどまえはアニメを半クール見る体力もないというよく分からない事態でしたが、ここ半年ほどは1クールをなんとか完走できるようになりました。おそらく、艦これをやらなくなったりしたのと現実逃避的な部分は大きいかなとは…

今季最終回を迎えた視聴したアニメ(15秋以前に開始したもの含む)は

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり~炎龍編~(分割2期目)(以下GATE)
銀魂゜(分割3期目)(以下、銀魂)
無彩限のファントムワールド(以下ファントムワールド)
アクティヴレイド
だがしかし
最弱無敗の神装機竜(以下バハムート)
蒼の彼方のフォーリズム(以下あおかな)
この素晴らしい世界に祝福を!(以下このすば)
攻殻のパンドラ
おそ松さん(分割2期目)
少女たちは荒野を目指す

のはずです。この中でもし再放送していたらまた見たいなーと思うのはGATE、あおかなですかねー。最終回まで見たのでどれもまぁ面白いとは言えますけども。

1)GATE
15年夏季に1期を放映し、分割で2期目で16年冬アニメとして放映されました。ジャンルとしては異世界モノですが、所謂こっち側(=作中では自衛隊)の人物があっち側の世界に行っていろいろ衝撃を受けるのではなく、あっち側の世界の人びとがこっち側の人びとから様々な衝撃を受けるというのはある意味新鮮でしたね。
自衛隊としての組織や戦車などの描写も細かくなかなか楽しめました。

個人的には1期でロウリィ・マーキュリーら3名を招致して行われた質疑応答での、炎龍襲撃の際に「地元住人に死者が出たのにもかかわらず、自衛隊には死者が出なかったのはどういうことだ。何をしていたんだ!」というのに対してのロウリィの応答は素晴らしく気持ちがよかったですね。


自衛隊強いな!って思いながら見ると楽しいです。あっち側でワンサイドゲームとかそういうのはどうでもいいです。

2)銀魂
安定だよね。将軍暗殺編、さらば新撰組編のあたりでは藤田陽一監督から変わってしまい藤田陽一監督の銀魂というのは見れなくなってしまいましたが、ギャグのないシリアスな展開だったので問題なかったのかなー。いいところで主題歌にDOESを起用したなーって思います。

3)ファントムワールド
日本の誇る京都アニメーションがおっぱいで1話で出落ちのゴミアニメを作りました。1話でおっぱいネタが滑るのはあの青いヒモアニメで学んだろうに…
けいおん!絵以外描けなくなっちゃったし表現の多彩さや質感の高さ以外はあまり評価できなくなっちゃったよね。京アニ。

4)だがしかし
おもしろかったし懐かしい駄菓子もいろいろ出てきてなんだかんだで毎週楽しみにしてました。でも、再放送してたら見るかはまた別のお話だよね。

5)アクティヴレイド
OPによくわからん効果音混ぜてたのうっとうしい気がしないでもない。6話が胸熱で好きな回です。

6)バハムート
最初の展開がド定番でむちゃくちゃ笑った。ラッキースケベからそういう関係になる。うらやまけしからん。
女尊男婢の世界に男が放り込まれてハーレムになる。そんな世界。

ぼく、ISとかでも見たことある!

7)あおかな
とても…よかったです…燃えるスポ根って感じ。
特に、最終回であの名曲Wings of Courageを入れるタイミングも良く、最終回のBパートは何度見返しても良さしかないです。(小学生並の感想

8)このすば
2期おめでとうございます。

9)パンドラ
くらりん

10)おそ松さん
藤田陽一監督はここにあり。藤田ワールド前回の一番のダークホース。ラス前のシリアス展開から最終回のあのクソ展開。頭おかしい。1期のほうはほとんど見逃してしまったのがほんと悔やまれます。

11)荒野
安藤いいやつ。



以上、雑感でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント