学生選手権団体戦(3/22)

年1回の大行事、学生将棋選手権大会に参加してきました。一昨年、昨年は個人戦に出場しましたが、今年はお財布事情と体力的な都合から今年は参加していません。

1回戦(▲私-△相手)

私の3手目6六歩から▲居飛穴-△向かい飛車に進みました。後手が早いタイミングで飛車先の歩を伸ばしてきたので▲3七銀と上がりましたが、ここまで進んでみるとちょっといまいちです。穴熊も完成したので▲4六歩△同歩▲同銀△4二飛▲4八飛△4五歩▲5七銀と銀を繰り替えました。

4筋の歩が切れているせいでかえってバランスが悪く、こちらがまとめ方に苦労しています。とりあえず相手の囲いの弱点にプレッシャーをかけておきます。ここでだまって△2五歩なら自信がなかったのですが、△6六歩だったため▲同銀△9五歩▲5五歩△6五銀と激しい攻め合いに突入しました。最後の△6五銀に▲同銀△同桂▲6六角と進めましたが、▲4五飛とぶつけてしまったほうが明快だったと思います。もっとも、△6五桂と中央に跳ねさせて端攻めを緩和させたとも見れますけどね。

ちなみに△2五歩の狙いは△1五角や△2二飛の狙いを見せることができます。後手は角交換をしてもあまり影響がないので▲6五歩から角交換を狙う手も成立しません。



その終盤、▲9一飛の王手で香車を抜けば安全だなーっとふらふらっと飛車を打ちましたが、なんか△8二玉で変な感じです。しかし、一歩千金▲9四歩が攻めをつなぐ一手となりこちらの勝ちとなりました。△9一玉でも△同香でも香車が消えるので先手玉は盤石です。以下は寄せて勝ちました。

2回戦(▲私-△相手)


私の3手目6六歩から▲四間飛車穴熊-△右四間飛車穴熊になりました。▲4六歩も普通ですが、将来の△9三桂にプレッシャーをかける意味でも▲9六歩は有力でした。


ここで▲同歩はありえなかったです。負けても▲6五歩から勝負するところでしたね。以下は一方的に飛車を捌かれ良いところなく負けました。

3回戦千日手指し直し局(▲私-△相手)


私の3手目6六歩から▲居飛車穴熊-△石田流となりました。△2六飛を嫌って▲3七銀と受けましたが、△3四飛~△3三桂でまったく勝負になりません。代替えの手もわかりませんが、▲3七歩と打って▲5七銀~▲6八角~▲4六銀を狙うのがよかったですね。


これが敗着です。△7五歩~△8六歩で一気に崩壊です。△7五歩に▲6七金として粘るべきでした。△7五歩▲同歩△同銀▲7六歩のような進行ばっかり考えてました。

4回戦(▲相手-△私)


一つ言わせてください。なんでチーム1勝2敗状態で2勝1敗のチームとスイス式で当たるのでしょうか。ファック。当たったのは関東のA級リーグ在籍の強豪校です。しかもそこのAチーム。勝てるかぼけー。

さて、本局は先手の米長流急戦矢倉となりました。特に狙いがあったわけでもないですが、△6四角と引きました。ちなみに相手の方は感想戦で「△5二金型で陣形が低いから上に構えてきたのかと思いました。これはこれでなかなか苦労しますね…」などと言っていた気がしましたが、私がそんなこと考えているわけないでしょうに…

ちなみに定跡だと△8四角が有力なようですが▲2四歩に△同歩しかないのでちょっと大変かも。かといって△7五歩に代えて△4三金右▲6六銀△8六歩と仕掛けても△9五角と引けないしなぁ。多分研究しませんけど、気が向いたら調べてみます。後手番戦法の米長流を先手で採用できるのが大きいのでしょうか。



▲6五銀に代えて△7七歩のほうが先手は勝ちやすかったようです。知りませんけど。相手の方が言っていたことですし。ここでは△7七歩▲同桂?△7三桂▲7六銀△7五銀と進めれば後手もまずまずだったようです。この順も考えましたが、△7三桂に▲7四銀が嫌で選びませんでした。しかし、後から考えてみれば△7六金とか選べるし悪くないのかぁあ。うーん…わかんない…

この後は駒損してふつーに負けました。感想戦でも読みの深さの差ありすぎたし勝てるかボケって感じでした。

5回戦(▲私-△相手)


私の初手6八銀から▲鳥刺し-△四間飛車となりました。最近私がよく採用している3手目6六歩で流れ悪いし今日は鳥刺しさしてないから新しいことやって消化不良になるくらいならってことで開き直って初手6八銀です。相手が居飛車なら嬉野流のつもりでした。

△5五歩と動いてきましたが、ちょっと頑張りすぎかなぁという印象を受けました。以下▲同歩△5二飛▲4七金△同銀▲同銀△同角▲5六歩△6四角▲2六歩△4六銀▲同銀△同歩▲同金と進みました。


先手は2筋の突破が確定していますが、役に立つまではもう少しかかります。後手は△5六飛とさばく手が有力でしたが、△同角▲同角△5六飛に▲7九角と進みやや指しやすい形勢となりました。後手の方は▲7九角をうっかりされたようです。

そのあとは手堅くいきます。最後は詰まない玉を追い回して危なくしてしまいましたが、時間で圧勝していたこともあり勝ちました。(※30分切れ負け



というわけで個人成績は2勝3敗と奮いませんでした。まぁとりあえずこれでおしまい。来年も院生としては出れるけども。勝ち越したかったなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント