マスオブ和歌山旅行1日目。

和歌山県の駅のコンプリートを目指して和歌山に1泊2日の旅行に行ってきました。一人の予定でしたが、この話をした友達も行くとなって男二人で和歌山旅行に行ってきました。まぁ、乗り鉄が中心でしたけどね。

津駅を0626に出る相可行の列車に乗り、相可で新宮行に乗り換えて新宮へ行きます。新宮に着いた時点で

10時半くらいです。マスオブ三重のときも思いましたが、遠すぎるんだよなー。各駅停車のうえに駅数多いから仕方ないかな。
乗り換えの列車の紀伊田辺行の列車まで時間があるので少し散策します。
ご覧のとおりの雨天です。


新宮駅のすぐそこにある徐福公園。なんでこんなに派手なんすかね…よく分からなかったです。
列車の時間も近づいてきたので新宮駅の近くにある「徐福寿司」というお寿司屋さんの寿司をお持ち帰りです。


多分、今回の旅行中に食べた中でもトップレベルでおいしかったです。これで600円くらいだったので新宮駅で乗り換え待ちをしている方がいたらぜひ食べてほしいです。改札の外にあるお店なので改札を出れることが前提ですけどね。



というわけで、紀伊田辺行の電車に乗り換えます。亀山~新宮は非電化区間なので乗ったキハ25はディーゼルですが、105系は電車。でもロングシートなので地味にしんどいです。



窓の向こうに桜が!もう少ししたら三重県内も桜が咲いていくんでしょうね。


海がよく見えるので「紀勢本線 撮影スポット」などと調べると紀勢本線と列車を絡めた作例が出てきます。が、この本数の少なさでは車がないと厳しそうだなぁ…とちょっと思ってしまいます。帰れなくなりそうだし…

紀伊田辺駅で御坊行きの列車へ乗り換えます。こちらも105系でしたが、ボックスシートだったのでずいぶんと快適でした。


御坊駅でまた出ます。いや、本当は1501御坊駅発西御坊行の紀州鉄道に乗車する予定だったんですが、御坊駅の0番線が分からなくて、駅員さんに聞いている間に出てしまったんです^^;友達に聞いたところ、御坊~西御坊は全然歩ける距離なので折り返しのために停車している時間を考えたら歩いて西御坊駅に行ってそこから乗れるよと言っていたのでそうすることにしました。

この紀州鉄道、日本最短のローカル鉄道です。当然(?)わくわくしますよね!



が、途中で見かけた和菓子屋に寄ったりしてるうちにちょっと西御坊駅には間に合わなくなってしまいました。というわけで西御坊駅の隣の駅の市役所前駅から乗車します。

駅…?

駅です。



紀州鉄道の車両は1月末ごろにリニューアルされたということで、現在はKR301が走っています。以前はキテツ1型という車両だったようですが…


もうおそらく走ることはないでしょう…こっちに乗ってみたかったですね。ほとんどバスみたいなもんみたいですが…



車内はこんな感じ。なんとなくキハ11を思い出します。平日ということもあり、地元の高校生が多く乗車し、小さな路線であっても市民にはなくてはならない車両だと思わせてくれます。



サイドにはこんなラッピングがありました。


御坊駅0番ホームは改札の陸橋を降りてから折り返したところにあるので初見だと結構わかりにくいかもしれないです。


御坊駅からは和歌山に直通です。しばらく105系に乗っていたせいもあってすっごく快適に感じます。223系。それにしてもまた普通か…


ちなみに、駅メモ的な話をすれば御坊駅からレーダーを投げれば多分西御坊駅まで届くので別に乗らなくてもいいとは思いますが、5駅分ですし接続が悪いわけでもないので特急に乗っているなどそういう理由ではなければ乗ることをオススメします。片道180円で安いですしね。



というわけで和歌山駅に着きました。まともに和歌山に行くのは今回が初めてです。和歌山って何があるんだろう(無知

和歌山駅に着くころにはだいぶ日が暮れてきました。予定では和歌山市駅から加太方面まで足を伸ばしてから
和歌山港方面へ行くつもりでしがが、きれいな夕焼けが見れそうということで和歌山港に直行しました。しかし、これが事故の始まりでした…


(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macro,F11,SS1/200,ISO400,-1EV,60mm)
和歌山港駅で夕日を受ける南海7000系?このときは「夕焼けきれい!」などとテンションがかなり高かったんですが…



夕焼けの映えるプラントもかっこいい!


ん…?なんで工場地帯なんだ…?


私は駅から10分で行ける宿の窓からオーシャンビューの美しい宿を予約したはずじゃ…



この日予約した宿は和歌山港駅から10分で行けるという「双子島荘」という宿です。




和歌山港駅から10分で行けます。

車でな!

ファッ!?なんですかこれは…
歩いて1時間でした。



世紀末のような工場地帯を歩いて抜けて無事到着しました。

すんげー疲れたうえ駅から10分なら飯食いに和歌山駅まですぐ行けるベーとか思ってたので素泊まりプランを選んだおかげでまぁいろいろ…ね…一応、夜食のラーメンが注文できたのでそちらを注文したのですが…うん…

あ。温泉とかその辺は全部よかったですよ。温泉は塩分がちょっと多めに含まれているタイプの温泉だったのかややしょっぱめに感じました。


というわけで1日目はこのくらいです。


この日の教訓はただ一つ。

アクセス情報はちゃんと見よう!


あと、その都道府県のコンプリートが目的なら、当たり前ですができるだけ中心の駅の近くで宿を取ったほうがいいです。ダイヤが壊滅的な和歌山港駅から車で1時間という素晴らしい()アクセスにあるこの宿に宿泊した私たちを待っていたのは…?

もう一度言いますが、私がちゃんと確認しなかったのが悪かっただけで双子島荘は悪くないんですよ。2日目の記事でまたその眺めや周辺のスポットを紹介させていただきます。

ここまででコンプリートできた駅は

紀勢本線(きのくに線):新宮~和歌山市
南海和歌山港線:和歌山市~和歌山港
紀州鉄道:御坊~西御坊


残り
南海加太線、阪和線(の一部)、和歌山線(の一部)、南海高野線(の一部)となります。ちなみに、今回はゲーム的なコンプリートが目的だったので2日目は割とレーダーを投げてます。てか、和歌山港の近くで宿を取った時点で…

まぁ、それは次の記事で書きます。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント