小牧基地オープンベース

小牧基地オープンベースの開始時刻は0900.

ワイ、朝起きた時間は0845.

・・・・・


寝坊した!!!!


寝坊というか寝落ちしてアラームかけ忘れてそのまま。って感じだったので風呂も入ってませんでしたが、あわてて家を飛び出して小牧基地へ向かいました。前日のうちに機材の準備を済ませていたのが幸いでした。携帯の充電は忘れてたけど。

そして、名古屋駅についてあおい交通のシャトルバスへ乗車…オープニングフライトには間に合わないけど犬の訓練とか空中給油などのデモンストレーションは見れるなーと思いながら小牧「空港」に着きました。

・・・・・・

小牧基地って小牧空港の反対側じゃね?

やっちまいました。普段帰省する感覚があおい交通のバスに乗ってしまいましたが、正着は名鉄で牛山駅です。このとき、落ちついて訓練演習の撮影を空港の展望デッキから行えばよかったんですが、あわてる私、味美駅に向かって歩き始めます。


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F8,SS1/2000,ISO400,+0.3EV,150mm)
街中を飛ぶKC-767です。C130も撮れたんですが、あいにく歩いてる最中で無理でしたorz


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/1000,ISO400,+0.3EV,150mm)
自衛隊機とはいえ、スピードは旅客機とあまり変わらないので撮影そのものは普段通りです。ちなみにKC-767は空中給油をすることができるので後ろに給油用のパイプがついています。

(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/640,ISO400,+0.3EV,550mm)
うーん…この伊丹空港感…便数が少ないのであれですが、小牧も撮影はなかなか悪くなさそうです。ただ、移動がめんどくさいのがね…


撮影場所は滑走路の南側にあるエアフロントオアシスという場所です。歩いている最中にたくさんの同業者を見かけたのでここに寄ることにしました。
てか、この撮影ポイントの感じ、完全に伊丹だ。

KC-767を撮影したのち、しばらく次の航空機が来なさそうなので(セスナはくるけど)味美駅から牛山駅を目指します。



着きました。すでに12時前でしたが、ブルーインパルスの飛行を見に多くの方が入場していました。



先ほどのKC-767ですね。番号が違うので中を見せるように連れてきたのだと思いますけども。この行列だったので今回は見学は断念しました。


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/1250,ISO250,+0.7EV,150mm)
きれいに整列しています。3号機が機材不調のため、今回は予備機でのフライトとなっていました。

あまりの人ごみにこの写真はほぼノーファインダーで撮影しています^^;D7200の固定液晶に不満はありませんが、このときばかりはチルト液晶やバリアングル液晶がうらやましいです。


(D7200,.SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/2000,ISO400,+0.7EV,420mm)
フライト直前です。ブラストの量は旅客機より多い気がします。

こちらはライブビューでなんとか画面が見えたのでそれで構図を決めました。


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/2500,ISO400,0.7EV,+.260mmm)
隊長機を戦闘に三角形を描くデルタ飛行です。

飛んでしまえば人の混雑はあまり関係ありません。ただ、意外と遠いので最低でも300mm(換算450mm)はあったほうがいいと思います。


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/2500,ISO400,,+0.7EV,150mm)
こちらは演目「スワン」私にはよくわからなかったです^^;

ちなみに小牧基地では春日井市の猛烈な嫌がらせ春日井市に対する配慮から春日井市の直前で180度切り返す春日井ターンと呼ばれるものが見れます。(というか、春日井市の反発のせいでおととしの航空祭までブルーインパルスがなかったそうな)


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/1000,ISO400,+0.7EV,600mm)
せっかく600mmまであるのだから、寄れるだけ寄ってみました。それにしても近いなぁ。

撮影設定自体は旅客機を撮るときと同じですが、ISO400にすることでSSを2倍にして高速で移動するT-2がぶれないようにしています。おおむね1/1000以上キープできていれば大丈夫だと思います。


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/1000,ISO400,+0.7EV,360mm,微トリミング)
いやー近いね。

13日はあいにくの天気でしたが、前日の予行演習は晴天。12日に撮影に行った人がうらやましいです。


(E-PL6,LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.,F11,ISO1/640,ISO400,+1EV,20mm)
演目「さくら」
6機が円を描いて桜をつくるというものでしたが、風の影響か円を描ききる前に煙が消え始めてしまい桜模様には見えませんでした…

それにしてもわずかな青でも拾ってしっかり絵に出すオリンパスすげぇ…


(E-PL6,LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.,F11,SS1/640,ISO400,+1EV,20mm)
こちらはハートですが、天気の影響もあってまったく見えません…個人的にはハートを射抜く「バーティカルキューピッド」を見たかったんですが、残念ながら見れませんでした。

ブルーインパルスの演目のなかには広角レンズがあると便利な演目もあるためできれば望遠レンズと広角レンズの2本をつけたカメラを用意しておくと便利だと思います。ズーミングする余裕もあまりないと思いますので広角レンズをつけるほうはミラーレスカメラやコンデジで十分かなーと思います。


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F13,SS1/125,ISO100,170mm)
FDAとブルーさん。

セッティングがアレなのはヘリを撮影したせいです。



給油してました。(600mm)

撮り空ではタムロンやシグマの150-600はだいぶ人気でしたね。もちろん、100-400や80-400、70-200に2倍テレコンという方も多くみられました。ロクヨンや1200mmのニッコールなどどっから持ってきたんだ…って思うレンズもありましたがw



戦後初の国産旅客機YS-11。現役で飛びます。



3号機が機材不調のため予備機になったため、3号機のいる場所には垂直尾翼に番号のついていない機体が並んでいます。


なんていうか、美しいですね…



救難機のU-125A。A320みたいでかわいいです。



こちらも同じく救難機のUH-60J。めっちゃぺったんこだ。



C130の見学が比較的すいていたので見てきました。なんうか武骨です。両端に映っているレンズのようなものは水を入れるそうで、インフラ整備の整っていない場所に派遣されるときは必須な装備の一つだそうです。


(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS1/4000,ISO400,150mm)
YS-11先輩が飛んでいらっしゃる!!!!!YS-11自体は三沢の航空科学博物館で何度も見ているのですが、飛んでいる姿を見るのは初めて。感激です。とっさだったので焦点距離やカメラ設定がガバガバなのは許してね…



ていうか、なんでMRJおったんだろう…給油もしていましたが、とくにタキシングする様子もなく…謎です。YS-11とのツーショットを撮れたラッキーな方もいたようです。一生の宝ですね。



CH-47も帰路についていました。ローターをの回転が遅いのでぶれさせるためにSSを落とすのが大変でした…

ちなみに、ブルーインパルスとF-2は14日以降に帰るそうなので、まだ見ていない方は是非小牧空港のデッキからご覧ください!


最後は名駅で赤福ぜんざいを食べておしまい。


色々あったけど楽しかったなぁ。今度は寝坊しないで航空祭に行きたいですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント