四日市職域団体戦。

昨日は三重県の職場・学校に属する人ならチームを組んで出れる三重県の職域団体戦に出場してきました。

ちなみに
2015年はこちら
2014年はこちら
2013年はこちら
2012年は実家に帰っていたため出ていません。

気づけば4回目の出場なんですねぇ。


今回は自分のいるチームは4人です。どこかの部長のクソ采配のせいで中途半端な戦力分布になったのは許せない
まずは1回戦。自分の先輩のいる職場ですが、その先輩がR選手権に出場していたため戦力がややダウンしていてチャンスがあると思いました。
1回戦(▲相手-△私)
2016-05-04a.png

私の矢倉戦左美濃となりました。割と好きで使うんですが、意外と使う人は少ないです。なんででしょ。
さて、先手は囲いはほどほどにさっそく動いてきました。この後、△5三銀▲5八飛△5五歩▲同銀△5四歩と進んだのですが、▲6六銀右と形よく繰りかえられる順をうっかりしました。ここは△4五歩が筋で▲同銀なら△5五歩から銀ばさみを狙えます。もちろん△5五歩に▲3五歩と動く順があるのでそう簡単には決まりませんけども。

6六に繰り替えた銀がいばる展開になり、後手が少し面白くない展開になってしまいました。

2016-05-04b.png

少し進んで。先手の厚みが大きいですが、玉もまだ不安定ですし、自玉も堅いので意外といい勝負かもしれません。ここで△9三香▲6八角△9二飛▲8八銀△2四角という順はなかなかかなぁと個人的に思います。とりあえず壁形を強いてそこから逆サイドに動く。△2四角は左美濃がよく狙う順です。
2016-05-04c.png

その終盤。こちらの無理攻めに対して受けつぶしを狙ってきたので駒損がひどくだいぶ厳しい形勢です。この△6六桂は所謂最後のお願いで▲同銀△同歩▲同金なら多分攻めはつながりませんでした。しかし、▲同金ではなく▲同角だったので△6五歩▲9三角成△6六桂と少しずつ危なさが出てきました。まぁ、それでも先手の方がずいぶんと形勢がいいのですが…
幸い、相手の方が30分切れ負けと勘違いしていたらしく、残り時間が少ないことであわててしまってミスを連発してしまいそこから急に逆転。202手の死闘を制しました。


お昼休みはいつも四日市文化会館のカフェでトンテキを食べるのですが、売り切れでした。くそう。


2回戦(▲相手-△私)
2016-05-04d.png

相手の雁木から玉の囲いもほとんどない状態で戦いに入りました。ここから△5三銀▲5八飛△9五歩と行ったのが非常にダメな順というか…素直に△6五桂から動いていくべきでした。5三に銀が行ったせいでかえってあたりがきつくなり、▲5四歩から▲5三銀の筋を狙われてはっきり勝てない流れにしてしまいました。△9五歩もパスみたいなもんですし…

2016-05-04e.png
さて、△7二銀から飛車を9筋に追いやり、△6五桂が両取りになるように仕向けました。ここで先手に勝ち筋があります。実戦は▲9六龍でしたが、▲4二銀成△同金▲同角成△同玉▲5三銀と進めれば明快に先手が勝ちでした。
▲9六龍△5七歩成▲同金△7七桂成▲5六金△7八成桂▲同玉△1九角成と一気に駒がさばけたうえに後手玉が安全になりました。
このあとも細かい攻防を重ねて少しずつ勝ちを手繰り寄せて勝ちました。

3回戦(▲私-△相手)
2016-05-04f.png
私の嬉野流からなぜか相矢倉持久戦になりました。後手が飛車先の歩を交換することもできましたが、その場合は相掛かり風に進める予定でした。
ここから▲1五歩△7四歩の交換はこちらが損をしました。今すぐ▲4五歩といくところでしたね。実戦はその交換を入れてから▲4五歩△同歩▲5三角成△同銀引▲4五桂(▲4四歩△同銀▲4五銀が勝る)△4四銀▲7一角△8三飛▲3三歩と進めましたがどうもあまりぱっとしない。先ほどの2手の交換のせいで△8三飛が生じたのも面白くない理由の一つです。
2016-05-04g.png
▲6六歩と後手に歩を渡さないで指したほうがよかったです。△6七歩▲6九金と金が離れていく変化に自信を持てなかったのですが、歩切れになりますし後手も選びにくいかもしれません。実戦の▲2四歩は完全に暴発気味の手です。そこから先は△6七歩成から形を乱されたのと7一の角が働いていないせいで勝ちにくい将棋になっていました。

負けてしまいました。

4回戦(▲相手-△私)
2016-05-04h.png
私の鳥刺しに四間飛車穴熊となりました。読んでいたのは▲8七歩△7二金▲5五歩△5三銀(もしくは△7六銀)でしたが少し自信がないです。もう少し工夫が必要でした。ちなみに△9九龍と香車を取ると△7九金と8筋を固めたうえで△6六香を避けつつ将来の▲5五角から龍を狙う一石三鳥の手となるため注意が必要です。

実戦は△8二歩▲8三歩△同龍▲8七歩だったのでこちらも△7二金▲2八銀△7四龍と持久戦にします。歩の立つ筋は少ないですが歩得と龍は大きいです。以下はなんだかんだで勝ちました。だって鳥で龍作ってねっとり指してるんだからそりゃ負けませんよ。

というわけで個人成績は3勝1敗。ダメな将棋も多かったですが、勝ち越すことができました。全勝は逃しましたが、この大会では多分初めて勝ち越したので(2勝2敗が多い)うれしいです。
ちなみに自分の大学からは2チーム出て、自分のチームはあまりもので構成された老害&補欠さんチームでしたが、レギュラーチームより上の順位でフィニッシュしました。やったぜ!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント