自転車盗難の被害届出したら30分で見つかった話。

いや、まぁタイトルにすべてが凝集されてますがせっかく記事をクリックしてもらったのでちょっとだけ書きます。

今日の午前中は津駅のホテルで講演会がありそちらに出席しました。その際に駅の駐輪場を利用したのですが、2時間くらいだし鍵かけなくてもいいやーと思ったんですね。そして約2時間後、帰路につこうとすると…

自転車がない…

※5/12の後日談を追記しました

研究室での打ち合わせや講義があったのでとりあえず大学に戻り、一通り終わったあとに被害届を出しに行くことにしました。幸い、友達から自転車を借りることができたのでスムーズにことを進めることができました。

今回は防犯登録を使うことなく自転車と再会することができたのですが、やはり防犯登録は写真などで保存しておいたほうが後々便利だなぁと今回の一件で思いました。1年くらい前にコンデジで記録しておいたのが役に立ちました。

最初は駅の交番に行ったのですが、そちらの交番は留守だったので津警察署に来てほしいと言われました。
警察に着きました。しかし、三重県警と津市の警察署は違うんですね…被害届を出せるのは津市警察署だそうです。刑事課の有無で変わるんですね。

警察署に着き、受付で話をしたところすんなりと刑事課のほうへ案内してもらえました。その応接室の狭いこと狭いこと、というか取り調べされるのでは!?と思ってしまうレベルでした^^;
まぁ取り調べというか事情聴取ですけどね。

きかれたことは
・名前や連絡先
・誰が持ち主なのか
・いつ、どこでなくなったのか
・防犯登録番号や車体番号は何なのか
・自転車のメーカーや色、タイヤのインチ数
・その他特徴(名前がついているか、シールなど貼っているかなど些細なことでも
・いついくらで購入して、現在売りに出したらどのくらいの価値がありそうなのか
・鍵の有無、および施錠の有無
・その他付属品(ワイヤーロックなど)の価値、個数
・保険に加入しているのか

とかなーり聞かれました。といっても、普段乗っている自転車であれば防犯登録番号や製造番号以外は大体すらすら言えるとは思いますけどね。防犯登録番号と名前から自転車の車種が分かるようで、製造番号が分からなくても調べてもらえました。
事情聴取は20分ほどで終了して、最後に確認のサインと拇印を押して終了です。(拇印はハンコでも可能です)

てか、拇印を押したということはデータベースに私の拇印が記録されるので悪いことができませんね…いや、しないけども。


なんだかんだで1時間くらいしてからまた大学に戻りました。

そ こ で

見たことのある自転車とすれ違いました。あわてて振り返ると泥除けに見覚えのあるステッカーが2枚。

あれ?俺の自転車じゃね???

とっ捕まえて
ワイ「兄ちゃん兄ちゃん、この自転車どこから持ってきたん?」
兄ちゃん(といっても多分年下。大学2年くらい)「家からです」
ワ「あっふーん…駅からじゃなくて?」
兄「えっ、あっはい、すいません」
ワ「それ俺のなんだけど」
兄「すいませんすいませんすいません…」

という感じでめんどくさかったのと鍵をかけなかった自分にも非があるということで今回は見逃して自転車だけ返してもらいましたが、やはりうちの大学の学生さんがパクってたか…って感じでした。
ちなみに将棋部に戻って「自転車見つかった!」って言ったら自転車貸してくれた友達は「どんくらいボコった?半殺し?」っておいおい^^;まーその友達は元ヤンキーなので伊勢湾に沈めてくれるでしょう()


鍵はちゃんとかけましょう。という案件でした。
ちなみに、警察署に自転車が見つかったという連絡を入れたら被害届は下げておくのでまた警察署に来てほしいと言われました。おそらく確認のサインをするのでしょうけども…なんだかめんどうです^^;ちゃんと行きますよ。そりゃ。


それにしても、自転車盗難の被害届を出すぞーって言って自転車に乗って出しに行って、お前それ俺の自転車やんけ返せ!って自転車に乗りながら取り戻して。何とも不思議な光景でした^^;


※5/12追記

自転車を取り戻した私は取り戻した私は、再び愛車とともに警察署へ向かいました。5/10に電話した時点で「刑事課の○○さん」と伝えてもらえればスムーズだと思いますと伝えられていたのでそう伝えました。その○○さんが多い苗字だったため、思ったよりはスムーズではありませんでしたが、同じように面談室に行きました。
盗難品は警察が一度保管したうえで持ち主へ渡すという決まりのようで、一度警察署が預かったことにしてそれを持ち主に渡すという手続きが必要なんだそうです。その書類に住所、名前、日付を記入し捺印します。被害届を出すときに比べてやることは大変少なく、帰り際に防犯登録を確認して終了となりました。

被害届を出して自分で盗難品を発見した場合はちゃんと警察に現物を持っていく必要があるんですね。勉強になりました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント