部活の将棋(5月18日)

昨日は研究室関連で遅くなりましたが、今日は割と早くに行くことができました。

1局目(▲相手-△私)
2016-05-18a.png
正調角換わりから先手の棒銀となりました。図の局面はこの形では部分的に定跡になっている順です。
さて、ここで私の次の一手が問題でした。

実戦はここから△8六歩▲同歩△8五歩▲同歩△同飛▲8六歩△3五歩▲3七歩△3八歩▲7二角△3九歩成▲3六歩で後手の反撃が止まりました。△8六歩に代えて△6五桂が勝りました。次の△6四角のような攻めが先手は受けにくいです。

2016-05-18b.png

その最終盤。後手玉には詰みがありますが…?
実戦は▲5三金△同金▲同銀成△同玉▲6四銀だったため、微妙に詰まず一気に怪しい空気に。▲6四銀では▲5一飛成で勝ちでした。
そして、先手は詰みのがして逆転負け。しかし、手順中、5四の歩を抜いて先手の入玉を実現させる順もあったことを考えると、純粋に勝負強さが足りないかなと思いました。勝ちに行く場合は詰まして勝てればそれが一番話が早いんですが、詰ませれない場合もあります。そういうときは開き直って自玉を安全にして、勝ちに行くのではなく負けない順を指せるようになってほしいかなと思いました。

2局目(▲相手-△私)
2016-05-18c.png
私の石田流から迎えた終盤、ここで△6二歩が頓死を発生させた大逆転の敗着。△7二銀で後手優勢でした。
△6二歩に▲8一角成を全く読んでおらず、やられたときは飛び上がりそうでした。

3局目(▲私-△相手)
2016-05-18d.png
▲銀冠-△四間飛車穴熊
この局面で▲5七銀は最高にダサかったです。代えて▲6八角として▲7七銀を用意すべきでしたかね。そのあと、玉頭から戦いを起こされ、穴熊の暴力に木端微塵に粉砕されました。

4局目(▲相手-△私)
2016-05-18e.png
実戦は▲4七飛△7九角成でしたが、▲5九飛で先手が指せたと思います。
結果も私の勝ち。



なんというか、穴熊戦だと特に書くことがないですね…

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント