修理に出してたE-PL6のご帰還。

P1010410.jpg
(DMC-FX70,F2.2,SS1/60,ISO160,4mm)
タイトルの通り、修理に出していたE-PL6が帰ってきました。センサー汚れといっても、大きな目立つ汚れではなく、深絞りをすると1粒だけ写りこむといった感じでした。特段気にしてはいなかったのですが、1年間の保証が切れるということもあり、オリンパスに送ることにしました。

センサークリーニング自体は自分でできるのですが、無水エタノールで拭いてもだめだったのであきらめてオリンパスに送ったという感じです。

ちなみに、オリンパスをはじめとするフォーサーズ・マイクロフォーサーズ陣営にはオリンパスが特許を握っているセンサー振動技術があり、センサーに汚れが付かないことに絶対の自信を持っているそうな。この特許を43陣営が握っている関係でCNをはじめとする多くのレンズ交換式デジタル一眼カメラを作っているメーカーは有効なセンサーゴミ対策ができてないそうです。
確かに、うちのD7200はレンズ交換の頻度が高いせいもありますが、よくゴミがつく印象です。

まぁ、そんな話はさておき。そんなわけで「基本的に」43・m43のカメラのセンサーにはゴミがつきません。もちろん、わざとゴミが付くようにすればいくらでもつくんですが…ゴミが付いたとしても何度か電源をオンオフしてセンサークリーニングを実行すればほぼ落ちます。落ちない場合はメーカーに送ってほしいそうです。後から調べて知ったのですが、ローパスフィルタ(センサー全面のガラス部分)には特殊コーティングが施してあり、ずぶの素人には触って欲しくないそうです。どーせオリンパスSCでも無水エタノール+EE-3310の混合液使って拭いてるだけだろうけど

P1010411.jpg
(DMC-FX70,F2.2,SS1/13,ISO400,-1EV,4mm)
冒頭にアップした修理内容にも記載されていますが、液晶モニタにドット抜けが確認されたということで交換してもらえました。写真だとちょっと分かりにくいのですが、ボディ側は使いこまれて少し光沢が出てきているのに対し、モニタ側はまだマットブラックです。そういえば、E-PL3でもドット抜けのような症状は確認されていたので、オリンパス製のモニタはドット抜けがしやすいのでしょうか…分かりませんが、そちらも交換してもらえたのはちょっとラッキーでした。

センサー清掃と言いつつ、ホントはユニット交換してんんだろwとか思ったのでショット数を調べましたが、7600ショットほどだったのでほんとに清掃だけだったようです。まぁ取れたならなんでもいいけど。



ちなみに、1年前のほぼ同じ日にE-PL3が修理(未修理)から戻ってきて、E-PL6との生活が始まりました。なんというか、あっという間ですね。いろんなところに連れて行き、いろんな写真を撮りました。E-PL6ちゃん、これからもよろしくね!

今回の写真は久々のコンデジちゃんの出番でした。ほんとに何も考えず記録用に写真撮るのにはほんと便利です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント