6月朔日餅

今月も朔日餅を買いに行きました。火曜日の部活のあと、仮眠もせず行ったのでさすがに眠かったです。

DSC_2180.jpg

今月は麦手餅です。

かめさんと私の二人の予定でしたが、将棋部の2人も引き連れて計4人での突撃になりました。前回は土曜夜→日曜朝ということもあって、かなりの人数が朔日餅を買いに来ていたのですが、今回は火曜夜→水曜朝ということであまり人はいませんでした。ある意味楽でしたが、なんだかそれはそれでさみしいですね。

P6016012.jpg
とりあえずついたらいつものですよね。今月の朔日そばは生ハム?でしょうか。アクセントの揚げたにんにくがおいしかったですね。

人も少なく出店も少なく。そしてちょっと寒い。特にすることもなくぶらぶら歩いてました。駅メモも静かでしたしね…

DSC_2110.jpg
夜になると鬱陶しいあいつが提灯の中にいます^^;

それでも3時ごろになればぽつぽつと出店が出てきてお金を落とせます。写真は特に撮ってないんですが、干しイモおいしかったです。でも、おまけでくれたポテトチップスのほうがおいしかったです。

DSC_2126.jpg
ここのあんぱんは好きでよく買います。今月の季節のあんぱんは抹茶あんぱんでした。これまでは普通のまるいあんんぱんで売っていたのですが、今月から動物をかたどったものになってました。おいしかったんですが、頭から食べるとなんだか、こう、罪悪感はんぱないんでもう少し食べやすいものをモチーフにしてほしいです…久々にコーヒーとセットで買いましたが、あんぱnとコーヒーの相性いいですね。

DSC_2146.jpg

ニーニッパだとぼかせるしVRの効きいいしシャッタースピード稼げるしでめっちゃいいよねとか言ってたアレ。

DSC_2152.jpg
朔日餅の取材とゎ…何か取材してました。

DSC_2163.jpg
今月は人が少ないと言ってもやっぱり開店時間が近づけば自然と名物の大行列はできます。もちろん、整理券の番号順に並んでいます。
DSC_2190.jpg
本日の整理券番号は174番くらいだったと思います。開店した直後くらいですが、やっぱり日の出がだいぶ早いですね。前回の開店時はまだだいぶ暗かった気がします。

DSC_2204.jpg
先月は朔日粥を食べ終わって、さぁ帰ろうっていう時間でもなお最後尾が見えない状態でしたが、今月は橋の上からでも見えました。300番台くらいですかね。

P6016016.jpg
朔日がゆは海老丸さんの「鯛雑炊」です。今は鯛が旬なんですね。

帰宅して、寝ます。8時前くらいに家に着きましたが、1140には電車に乗ってバイトをしに行くので3時間くらいしか寝れません。死ぬ…
まぁでも、移動中は寝てましたし、ミーティングまでの時間も寝てたので意外と普通に勤務できましたけどね。


P6026024.jpg

日付が変わるころに帰宅してやっと朔日餅にありつけました…

P6026026 (2)
麦手餅。
「六月は、麦秋とよばれ、麦刈・田植えで猫の手も借りたい季節。そして、田植えの終わった日、農家では応援の人々に祝餅をふるまい、麦で賃料をはらいました。これが麦手餅です。」(朔日餅に同梱される説明より)

3,4,5月と割とどこにでもある餅が続きましたが、麦手餅はなかなかヨソでは食べれません。また1年会えないんだなぁ…でも、個人的な本番は8月の八朔粟餅です…楽しみ。

7月も参加予定ですが、朔日餅に行ったあとは2コマと4コマ。死にそう^^;



おまけ
DSC_2208.jpg
撮影風景です。いつものごとくE-PL6にM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macroを取り付けて。ただ、室内の蛍光灯だとちょっと陰影が付きすぎるし、影を消そうとLEDライトで光を回せば青白くなっちゃう。これはいけないなぁ…なんかいいものないかな?と探したら一昨年の麦手餅の包装紙が出てきました。これで光がちょうどよくなりました。伊勢千代紙。便利だなぁ…

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント