道場にて。(7月9日)

7月9日のSuperGTの鈴鹿公式テストの撮影に行ってきましたが、将棋部のラインを見ると鈴鹿神戸道場に集まっている感じだったので向かうことにしました。

SGTの写真はまた後程。

1局目(▲私‐△相手)
2016-07-10a.png
先手横歩取らせから図の局面を迎えました。▲8七歩を打たせようという作戦を取らせて来る人はアマチュアだと多い気がします。プロでは出てこないことを考えると何かがあるんでしょうね。まぁ、わかりませんけど。

うざいなぁって思いながら指してます。ここで▲2四歩のほうがいいかもしれませんね。実戦は▲8七歩と打ちました。以下、△7六飛▲2四歩△同歩▲同飛△7四飛と進みました。

2016-07-10b.png
筋違い角を打ちましたが、単純な勘違いをしてしまったのでずいぶんと悪そうだなぁと思いながら指してました。端をついて▲1二歩としたあたりは勝負手気味に指してます。△2二飛ならば受けきりも濃厚でしたが、△2二金と突っ張ってきたので▲1五香△1三歩(まだ同香か)▲2三歩と筋の一着が突き刺さりました。これで優勢というわけではありませんが、▲2一飛成~▲8一龍~▲9一龍と自然に駒を蓄えて攻めには困らない展開ではあると思います。

後手も△5五角~△1八飛から攻防手を織り交ぜながら攻め合いを目指しましたが、攻め合いになると中原囲いがとにかく固い。終わってみると大差でした。

2局目(▲私‐△相手)
2016-07-11a.png
道場の席主のMさんとの対局です。以前、負かされたので勝ちたいところです。将棋のほうは最近連採している右玉です。

このような展開から…

2016-07-11b.png

左にお引越し。ある意味右玉っぽい将棋ですけど、自陣に駒打ってとにかく受け続ける展開でつらいといえばつらかったです。相手のミスに乗って優勢になって勝つことができました。たぶん170手くらいは指したとおもいます。

3局目(▲相手‐△私)
2016-07-11c.png
右玉。
私は手待ちしてるだけでチャンスと感じたのか▲4五銀から開戦してきました。ただ、結果から考えると無理攻めだったような気がします。現状、後手の角道が止まっていますし、▲8八玉~▲9八香と穴熊を目指してからでも遅くなかったかなぁとは思います。

2016-07-11d.png
そして、△6四銀打と自陣の憂いを消して勝ちがはっきりしました。

4局目(▲私‐△私)
2016-07-11e.png
再び横歩取らせの展開になりましたが、こちらは素直な相掛かりに。しかし、ここで6九によった玉を▲5八玉とするようじゃ…って感じです。まぁ、もともと先手の得がない将棋なのでそこまで損していないのかもしれません。

後手がガンガン攻めてきましたが、後手の居玉がたたって割とあっさり勝ちました。

5局目(▲相手‐△私)
2016-07-11f.png
▲居飛穴‐△三間飛車です。
穴熊にするかどうか悩んだのですが、真部流に組みました。でも、作戦負けです。つらい。
この△5二飛も冴えない手で、▲3五歩△同歩(?)▲2四歩△同角(?)▲4四歩くらいで先手が優勢だったと思います。ただ、実戦は単に▲2四歩だったため△同角とした手が4六にいる銀にあたり、▲3五歩△9六歩▲同歩△5六歩▲同歩△7五歩▲4四歩△4二歩…と進み一気に戦いになりました。少なくとも、先手陣に嫌味がついてきたので一方的に殴られる展開は避けれそうになりました。

2016-07-11g.png
ここまで進むとさすがに後手のさばけっぷりが気持ちいです。先手の銀は重たく、働いていませんし美濃囲いが堅いです。図以下▲9七同桂△7六歩成▲同銀△同桂成▲同金△8六飛▲同歩△7七角成で先手投了です。


三間飛車は穴熊にやられていますが、それでもチャンスを逃すと勝てなくなってしまうのだなぁと思いました。いやぁ、中田功先生、かっこいいですわ。


そのあとは周りの将棋を見たりして21時過ぎくらいに帰路につきました。また行きたいですなぁ。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント