部活の将棋(7月12,13日)

昨日、ブログを書いている最中に寝てしまったので2日分です。

1局目(▲相手-△私)
2016-07-13a.png
▲天守閣美濃-△四間飛車藤井システムの出だしから先手は端玉銀冠に組み替えてきたので藤井システムは断念、くみあいになりました。
5五の地点で飛車角交換が行われ、▲6五歩と角のさばきを狙ってきました。

△同歩は▲6四歩が嫌味なので△同桂と応じました。

△同桂以下▲5五角△1二飛▲4三角△7九銀▲6八金左△6八銀成▲同金△5九飛と進みました。

2016-07-13b.png
ここで▲6五角成を予想していたのですが、▲6九金だったので△5五飛成と角得に成功しました。あとは、全部丁寧に受けて勝ちました。

2局目(▲相手-△私)
2016-07-13e.png
私がいつも通り右玉をしようと思ったら「右玉とか鳥刺しとか特殊なのより普通のがやりたいんですよ~」と後輩君がナメたことを言ってきやがったので普通に穴熊を組みました。なんともかわいそうなことになっています。

2016-07-13f.png
得した駒は自陣に打ってしかるべきなんだよなぁ…ガッチガチの銀冠穴熊が完成しました。次に△3四歩の金殺しを見ていて、▲4五歩から仕方なく戻っていきましたが、これでは勝てないでしょう。そのまま楽々勝ちました。


7月13日

1局目(▲私-△相手)
2016-07-13c.png
久々に鳥刺しを採用しました。たまには採用しないと感覚忘れるので…
実戦はここから△6四歩▲同歩△同銀▲6五歩△7三銀▲3六歩△6三金▲3七桂△3四歩…と進めましたが、冴えません。4四の銀を動かされてしまったので中央の勢力が弱くなってしまったのはいけませんでした。6筋の歩交換ではなく単に△7四銀と立ち、△7三桂の活用を急ぐべきでしたね…

2016-07-13f.png
飛車角交換をしましたがこの局面になってみると飛車の打ちどころがないのでちょっと指しにくいなぁ…って感じです。黙ってると▲7四銀などからの攻めもうるさそうです。
それでも△8六歩のようにしていくべきでしたね…

結果は勝ちなれどすっごくだめでした。


またいろいろ研究しないとなぁ。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント