Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRレビュー(主にA011との比較)

6月の末ごろにニコンのお手頃超望遠ズームレンズのAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR(以下200-500)を購入し、何度か使用したのでそろそろ作例とともにレビューしようかなと思います。
比較対象もあるとわかりやすいので以前使用していたタムロンのSP150-600mm F/5-6.3 VC USD(以下150-600)と比較しようかと思います。

P6306314.jpg
(200-500をD7200に取り付けた様子)

本当なら200-500と150-600を並べた写真を用意して比較することができればよいのですが、150-600をネットオークションで売り、元金ができたところで200-500の購入という流れだったため、この2つのレンズが対面することはありませんでした。

サイズの比較は「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR購入しました。やっちゃったやっちゃった。の2つの記事でそれぞれAF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR IIとサイズを比較しているのでそれでイメージをつかんでもらえたらいいかなと思います。ただ、持った感じはあまりサイズ感の違いは感じませんでしたけどね。そもそもタムロンのOEMという噂もあるくらいだし…

さて、写りの比較ということで本当ならチャートのようなものを使いたいところなんですが、持ってませんので実写から比較したいと思います。(同じようなシチュエーションで比較していますが、全く同じというわけではないのでご了承ください)

その1)画質対決
DSC_4315.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F13,SS1/160,ISO100,300mm)
このレンズ、デジカメinfoとかにある海外のレビューサイトを見ると値段の割にいい写りをするという評価が多数を占めるような気がします。実際、10万いくかいかないかくらいの値段でウン十万円する世界を手軽に味わえると思えばという感じです。
実際、300mmくらいまではかなりシャープに映ってくれます。
1.jpg
Lrのスクリーンショットですが、ここまでシャープに映っていれば十分実用的と言えるでしょう。また、320mm付近まではレンズのF値が5.6なので基本的にAFの保証の範囲内となります。流し撮りVCの挙動も良好で非常にシャープな絵が出ています。

しかし、このレンズ、焦点距離が伸びるにつれて…
DSC_2352.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F10,SS/1000,ISO400,600mm)
若干露出オーバー気味ですが、まぁ許容の範疇ですかね。上の写真とはF値が違いますが、このレンズはF8以降は同じような画質をキープする感じなのであまり問題はないですかね。(むしろ絞りすぎると回折するし…)
2.jpg
が、Lrの等倍表示をすると結構にじんでるのがわかるかと思います。これを許容できるかどうかは人次第だと思うんですが、私は気になりすぎて仕方なかったです…

最初はピントが合ってないのかなぁとか思っていたんですが、どんなシチュエーションでもそんな調子だったのでこれがこのレンズの実力ってことなんですよね。撮り空をしているときは距離が遠すぎて大気の影響を受けてると思っていたんですけども違ったようです。

では、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはどうでしょう。
DSC_1778.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/800,ISO250,500mm)
先日の8耐の写真です。同じく昼過ぎ~夕方くらい。気温は8耐のほうがやや熱いですかね。
肝心のテレ端の描写ですが…
3.jpg
塗料のキラキラ感やステッカーの文字からも解像感・質感がよく伝わってきます。

ただ、このレンズも油断すると…
DSC_1086.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/1000,ISO200,500mm)
この写真なんですが。

4.jpg
まるでSP150-600mm F/5-6.3 VC USDを…いや、それ以上のにじみっぷりを生み出しています。おそらく、35度という灼熱でレンズがあっためられたことが原因かと思われますが…気温が下がったころには上の写真のようなシャープな絵を連発していたので、炎天下で使うときは注意が必要だと思いました。


あと、手ぶれ補正VRも手ぶれを防げるだけのSSを稼げるのであれば切ったほうが良好な絵を得られると思いました。SSに限らずレンズを振ると思ったよりVRが暴れるんですよね。タムロンVCではあまりそういうのは感じなかったので少々意外です。もしかするとVRが強力ゆえに一脚との相性が悪いのかもしれませんけどね。

ちなみに、ニーニッパズームことAF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR IIはあまりそういう傾向は感じませんでした。VRオンのまま流しても(露光前センタリングで構図がずれることはあっても)シャープな絵が出ていましたので。

その2)逆光耐性対決
今回は列車のヘッドライトで比較をしてみます。

DSC_7250.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F6.3,SS1/80,ISO2000,220mm)
近鉄の宇治山田駅に入線してくる貸し切り特急「あおぞらII」を撮影しました。左下に見事にゴーストが発生しています。レンズの構成枚数も多く、これは仕方がないかなぁという気がしますけどね…
このレンズで何枚かハイビームをつけた列車を撮影していますが、大体ゴーストを吐いて死んでました。

DSC_2968.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,SS1/160,ISO800,500mm)
JR大湊線の吹越駅に入線してくる普通列車のキハ100形を撮影しました。こちらはヘッドライトの軸からやや外れた位置で撮影しているため、必ずしもイコールな条件とはいえませんが、ゴーストは一切発生しておらず、非常に鮮明な画像を得ているといえます。

その3)AF対決
きちんとタイムを計測していないのでわかりませんが、体感上はあまり大きな差はありませんでした。使い方としてはどちらもあらかじめ構図を決め、適切な測距点を選び、そしてAF-Cで追従するという感じです。ただ、食いつきは若干ですが純正の分だけAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRのほうが上だったかなと思います。

フォーカスリミッターはタムロンSP150-600mm F/5-6.3 VC USDが15m~∞、ニコンAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRが6m~∞とニコンのほうがやや近めに設定してありました。飛行場などでの撮影ではあまり違いはないんですが、サーキットではAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRだと2枚目のフェンスにピントを持っていかれることがしばしばありまして、フォーカスリミッターが6m~というのは微妙なところ。せめてCanonのレンズみたいにFull,6m~∞、10m~∞みたいな3段階の選択ができれば便利なのになと思いました。
ただ、フルタイムマニュアル(M/Aモード)に対応しているので迷ったらすぐにピントリングを回せば復帰します。


その4)手ぶれ補正対決
タムロンの手ぶれ補正はVC,ニコンの手ぶれ補正はVRです。どちらも原理は基本的に同じ、レンズシフト方式の手ぶれ補正です。

ただ、率直に言いますとこれはニコン(※Normalモード)の圧勝です。タムロンVCも確かに健闘はしているんですが、やはりそこはサードパーティ。あと、600mmは結構暴れるらしいです。(デジカメinfoの記事より。)

DSC_9756.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/25,ISO400,500mm)
いやーだって換算750mmをSS1/25で止めれるレンズってなかなかないと思いますよ。しかもかなりの打率で。ファインダー像からのイメージでは想像できないくらい止まりものには強いです。

5.jpg
その拡大写真です。若干ピン甘な気がしますが、暗いので仕方ないかなぁとは。窓のリベット1本1本まで解像しているのは驚きを隠せません。

その5)ボケ味
望遠レンズによる撮影のだいご味といえばボケ味にもあると思います。
DSC_7330_20160821003048940.jpg
(D7200,SP150-600mm F/5-6.3 VC USD,F7.1,SS1/160,ISO800,600mm)
今度は小鳥対決。その画質の緩さもあって非常に柔らかい、タムロンらしいボケ味を楽しむことができます。この写真は150-600かと思えないくらいシャープな絵で、毛を一本一本細かく描写しています。このあたりは撮影距離の影響もありそうです。

DSC_7869.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,SS1/60,ISO400,500mm)
こちらもなめらかなボケですが、ボケ味がいまいちわからないですね。ただ、若干ではあるものの、SP150-600mm F/5-6.3 VC USDよりも固いボケ味だなぁと感じます。

そうえいば、このレンズでボケを活かした写真を撮っていなかったので、もしかするとこの写真は差し替えるかもしれません。

その6)操作感
大差はないです。どちらも前玉側にズームリングがあり、カメラボディ側にピントリングがあります。非常に操作しやすいです。どちらのピントリングも小指一本で回せるくらい軽い力で動くのでふいのデフォーカスにも対応しやすいのも魅力です。

画角の狭さ故にAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはズームリングの回転角が大きいですが、これも慣れで慣れてくるとむしろ焦点距離の微調整のしやすさにつながっているような気さえします。とっさに大きく画角を変えたいときはズームリングとカメラを逆方向に同時に回すと一気に画角を変えれるのでオススメです。(当然、ファインダーから目を離す必要はあります。)

その7)質感対決
ビルドクオリティに関しては購入したときも述べましたが、タムロンSP150-600mm F/5-6.3 VC USDのほうが上です。この感想は使っているうちに変わることはありませんでした。

ただ、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRのほうはレンズの自重落下がほとんどなく、ズームロックをつけ忘れてもある程度は問題なさそうだなと感じました。どちらのレンズも広角端でのみロックをすることができます。(そのスイッチの質感でさえタムロンのほうが上でした)

あと、AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはフードが最悪です。正直、ありえないです。関空でレンズを付けたボディを肩から下げて走っていたときに、フードが体にあたって簡単に外れ、すっぽ抜けて転がっていきました。SP150-600mm F/5-6.3 VC USDでも同じような使い方をしていましたが、そんなこと一度もありませんでした。
オプションで5000円くらいしてもいいからロックスイッチつきのフードがほしいと感じました。

三脚座のねじも小さくて回しにくく、締め込む際は小ささと回しにくさのせいで相当ストレスを感じます。もっといいねじ調達できたはずなのに、ちょっとこれはないです。




まとめ)AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはいいレンズなのか。
シグマの150-600と比較したわけではないので、これだけで決めるのも難しいのですが、光学系はさすがの一言に尽きる部分が多かったです。テレ端のシャープな絵もそうですし、それを支えるVRやコーティングなどの周辺技術も最新のレンズであることを感じさせてくれます。しかし、このレンズを工業製品として見た時の質感は正直あまりよくないです。価格を抑えるためだったとはいえ、もう少しどうにかならなかったんですかね。

画質)AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
逆光耐性)AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
AF)ちょっとの差でAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
手ぶれ補正)AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
ボケ)調査中。いい勝負?
操作感)クイックさではSP150-600mm F/5-6.3 VC USD
質感)SP150-600mm F/5-6.3 VC USD

価格)SP150-600mm F/5-6.3 VC USD

といった感じで、まあまあAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの優勢という感じです。

みなさんのレンズ選びの参考になれば幸いです。


カメラ ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント