鈴鹿サーキット撮影ポイントのおさらい

世界に誇る名サーキット「鈴鹿サーキット」の撮影ポイントをまとめてみました。2016年度に鈴鹿サーキットで開催された大きなレース・イベントは
3月:鈴鹿ファン感謝デー
4月:鈴鹿2&4
6月:Super耐久鈴鹿4時間レース
7月:コカ・コーラZero鈴鹿8時間耐久レース
8月:SuperGT鈴鹿1000㎞
9月:F1日本GP
10月:Superフォーミュラ
11月:スーパーバイク・Sound of Engine2016
となります。来年度も同じようなスケジュールになるかと思いますのでそのときの参考になれば幸いです。
観戦するより撮影することに重点を置いているので必ずしも観戦向きではない場所である場合もありますがご了承ください。合わせて、こちらの記事も参考にしていただけるとより撮影がはかどるかと思います。

map.gif
鈴鹿サーキット公式HPからレイアウト図はお借りしました。

では順番に見ていきましょう。


※1:鈴鹿サーキットで開催されるレースのほとんどは自由に撮影ができ、立ち入り禁止の場所以外であれば自由に撮影ができますが、F1では通常の観戦チケットとは別にカメラマンチケットと呼ばれるチケットが別途必要になります。そのチケットがないと使用することができるレンズに制限(レンズ長150mm以下)がかかり、思ったような写真を撮れない可能性が高いのでお気を付けください。
※2:2016/10/25:鈴鹿8耐&鈴鹿1000kmの作例を追加しました。現在、地図情報の追加を検討中です。
※3:2016/11/21:Sound of Engin2016(以下、SoE2016)の作例を追加しました。
※4:2017/03/13:鈴鹿ファン感謝デーの作例を追加しました

メインストレート(Vスタンド)

メインストレートのスタンド席です。基本的に自由席である場合も多いですが、人気なレースになってくると指定席になる場合も多いです。中継用の大型ディスプレイがあり、実況の放送もよく聞こえるのでレース観戦は定番の場所です。
ですが、撮影ということを考えるとおすすめできません。ピット作業を撮りたいという場合は別ですが…

DSC_0474-2.jpg
2&4:150mm(換算225mm)
撮れないというわけではないのですが、マックススピードで走り抜けるため、撮影に慣れていない方だとファインダー内に車両を収めることすら難しいと思います。CR-Zだとたぶん200Km/hくらいだと思うのですが、トップカテゴリーになれば普通に300Km/hは出ますので…
また、観客の少ないあまり人気のないカテゴリならともかく、人気のレースの決勝日などは観客席が多くのお客さんで埋まるため望遠レンズを振り回すこと自体がほかのお客さんの邪魔になる可能性もあるのでやめたほうが無難です。

DSC_6970.jpg
S耐:110mm(換算165mm)
また、おすすめできないもう一つの理由がフェンスと観客席が離れすぎていてフェンスをぼかして消すということが不可能な点にあります。ピットレーン側を走行している場合であればまだなんとか回避できるのですが、Vスタ側を走行されたら消すことは無理です。
DSC_0875.jpg
8耐:200mm(換算300mm)
これは8耐限定の話かもしれませんが、伝統のルマン式スタートを見ることができます。これは撮影目的ではなくても見ておきたいですね(笑)
※8耐のVスタのチケットは別料金

DSC_7000_20160724025034516.jpg
S耐:200mm(換算300mm)
ただ、それでもチェッカーフラッグを受けるシーンを撮影できる唯一のスポットではあるので、いけるときは行きたいかなとは思いま
す。
Aスタンド・Aスタンド横

DSC_2391.jpg
SoE2016:500mm(換算750mm)
Aスタンド横にフェンスの切れ目があります。そこから1コーナーに向かっていくマシンを狙えます。ただ、それを狙う必要があるかどうかは…まぁそういうのが狙えるよくらいの感じですかね。Aスタンドでの撮影自体はVスタンドと同じくフェンスが邪魔になりやすいのでオススメはできません。
1コーナー~2コーナー(Bスタンド)

DSC_2164.jpg
SoE2016:410mm(換算630mm)
B2スタンドの1コーナー側です。スピードレンジは高めですが、進入してくるところからずっと追いかけることができるのでスピードにさえ慣れてしまえば撮影は容易です。ただ、必要な焦点距離が長いのでレンズにある程度の投資が求められる点はちょっとハードルが高いかもしれません。入り口から遠く、売店がないことが多い関係もあってある程度の用意は必要です。
DSC_2637.jpg
SoE2016:500mm(換算750mm)
Bスタンドは正面だけでなく後ろも狙えます。逆バンクでも狙えないことはないんですが、大体はフェンスが邪魔になってうまく撮れないんですよね。一方、Bスタンドでは自然な流れで後ろも狙えます。自分のいる場所を変えずに車両の前方と後方の両方を狙えるスポットはなかなか貴重なのでいろんなアングルを撮りたい場合にはいいかもしれません。

※レースカテゴリによっては通常の観戦券のみでは入れない場合があります。

1コーナー~2コーナー(激感エリア)

光線:午後順光(ただし、1コーナー入り口側は午前順光)
PB207814.jpg

鈴鹿サーキットには激感エリアという他の観客席に比べて近くでマシンを見ることができるエリアがあります。ただし、多くのレースではパドックパスと呼ばれるチケットが別途必要になることが多いので注意してください。公式テストなどでは自由に入れるのでそういうときに行くとお得かもしれませんね。
4月に激感エリアに入ったときはコンクリのブロックはなかったと思うんですが、いつの間にかコンクリのブロックが投入されて撮影をできる人口が増えました。手前のブロックと奥のプラ柵の2か所で撮影できます。

DSC_1423.jpg
SoE2016:200mm(換算300mmm)
この焦点距離でこの大きさに撮影ができます。焦点距離の長いレンズを持っていない!という方でも気軽に撮影ができるポイントです。もっとも、人気のスポットなので遅くに行くとほとんどのポイントは大きなレンズを持った人で埋め尽くされてしまうので早めに行ったほうがよいです。できるだけ1コーナー側に陣取ったほうがマシンの挙動を予想しやすいので、慣れないうちはそちらを狙ったほうがいいと思います。

DSC_0088-2.jpg
2&4:600mm(換算900mm)
大迫力でターンインしていくバイクも撮れます。ただ、近い分だけ体感スピードも速いのでやっぱりコツは必要です。SS1/1000くらいあればぶれることはないですが、こちらもファインダーに収めるのは大変です。

2コーナー出口(Cスタンド)

P3048401.jpg
2コーナー出口もまた定番の一つ。基本的には1番下に張り付いてフェンスをぼかして消すか、上側に移動してフェンスの上から抜くかの2択になります。上から狙う場合はあまり関係ありませんが、下側の一番の特等席はちょうどオレンジ色のフードをつけた方のいる場所になります。そこからなら2枚目のフェンスとフェンスの切れ間からきれいに狙うことができます。
DSC_6602.jpg
鈴鹿ファン感謝デー2017:500mm(換算750mm)
下側から張り付いた場合は低く撮影することができます。逆バンクと似た傾向ですかね。
DSC_6795.jpg
鈴鹿ファン感謝デー2017:500mm(換算750mm)
下側に比べると構図に自由度が高いのは上側になります。こちらも逆バンクと似ていますが、定員が全然違うので撮影はしやすいです。(というか、逆バンクは人が多すぎる(笑))

2コーナー~S字(Cスタンド)

光線:午後、車両正面側

2コーナー~S字の区間です。ここはスタンドが広く国内トップカテゴリーのSuperGTですら空席が大きく目立つ場所です。まぁ、メインゲートの反対側で非常に遠いことが原因かもしれませんが…撮影自体は割としやすい穴場かなと思います。換算で400mm以上を要求されますが、引きの構図で手前の芝を大きく入れる面白い構図もチャレンジできるので工夫次第では人と違う写真を撮れるかもしれません。
DSC_6322.jpg
SuperGT:390mm(換算580mm)
先の激感エリアの写真と同様に比較的低い位置からコーナリングするマシンをイン側から抜くことができます。もう少し俯瞰がよければスタンドの上側へ移動すれば絵の微調整ができます。縁石を入れるのであればそちらのほうがいいかもしれません。


CスタンドからさらにS字側に歩いていくと土手のような場所があり、そこからも撮影をすることができます。
DSC_5563.jpg
ランボルギーニブランパン:300mm(換算450mm)
ここは比較的フェンスが低く、スタンド席の上のほうに行けば柵の回避は割と簡単にできます。たまーにポールにかぶって見事に串刺しになる場合もありますが、注意すれば大丈夫です。
DSC_6451.jpg
SuperGT:310mm(換算620mm)
バトルシーンもそこそこ狙えますかね。まぁ、こちらは下位クラスを抜いただけなんですが…左→右と車両を振り回すポイントなので流すとかっこいいかも。
DSC_5634.jpg
ランボルギーニブランパン:300mm(換算450mm)
S字の1つ目の出口~2つ目入り口くらいの場所で撮影するのがおすすめですが、この場所はスタンド席というより、ただの斜面に近いので足元に注意が必要です。一応、丸太(?)が埋め込んであって申し訳程度の座る場所はあったりしますけどね。踏み台をもっていって一番下で踏み台に座るのがおすすめです。
コーナーということで比較的スピードレンジも低いのでその気になればSS1/50くらいでも流し取りを成功させることができます。
 
コラム:C~Dスタンドのアクセスについて

P3048386.jpg
昨年度まではCスタンドに行くためには1コーナー側からサーキットの外側を歩いていくか、ダンロップコーナー下のトンネルを通って逆バンクを経由していくしか選択のなかったCスタンドですが、今年は新たにS字トンネルが解放されました。パドックトンネル~S字トンネルとコースの真ん中を突っ切れる分だけ早くいくことができます。
P3048388.jpg
ただし、もともとカメラマン向けに用意されたトンネルなので車いすや台車を使用する方は通行することができない点は注意が必要です。ちょうどS字の3つめのところにつながっています。
S字トンネル横(パドック側)

P3048387.jpg
上のコラムともつながってくるんですが、S字トンネルの横にも新たな観戦エリアが設けられました。青色のプラ柵の内側が観戦エリアになります。
DSC_6549.jpg
鈴鹿ファン感謝デー2017:500mm(換算750mm)
よくプロカメラマンが撮影する場所でもあるので結構それっぽい写真は撮れるんですが、フェンスとの撮影距離の関係で構図がきわどすぎます。これはOKカットですが、ちょっとずれるとすぐ串刺しになります。
DSC_6565.jpg
鈴鹿ファン感謝デー2017:260mm(換算390mm)
ちょっと引くともう金網が写ります。フェンスの柱に邪魔されて追いかけるのもかなり難しいので、今後プラ柵がフェンスにもっと近づくなどの変更がなければあまりオススメできるポイントではないかな…と思います。
S字~逆バンク(Dスタンド)

光線:午後順光
DSC_6221.jpg
鈴鹿ファン感謝デー2017:300mm(換算450mm)
S字トンネルの出口からそのまま2コーナー側に歩いたあたりです。フェンスを避けて上から引き気味で抜くとこれはこれで面白そうかなと思います。
DSC_6305.jpg
鈴鹿ファン感謝デー2017:500mm(換算750mm)
別に長焦点を使ってもいいんですが、ちょっと遠いんですよね。立ち上がりを狙うぶんにはちょうどいいんですけども。
DSC_6280.jpg
SuperGT:200mm(換算300mm)
S字の3つ目のイン側から撮影です。こちらもS字の1個目と同様にイン側から狙うことができますが、1個目に比べるとやや俯瞰気味となります。その分だけ内側の縁石を入れやすいのでスピード感のある写真を撮ることができます。
S字の1個目とのもう一つの違いは必要な焦点距離が比較的短いことにあります。換算300mmでも十分すぎるくらいの大きさで撮影が可能です。撮影場所の都合上、側面からの撮影が中心にはなってしまいますけどね…
DSC_7669_20161025101127d2e.jpg
SuperGT:390mm(換算580mm)
逆バンクの入り口は個人的な超オススメポイントです。といっても、夜限定ですが^^;テールランプをきれいに写すことができればそれだけでだいぶ雰囲気が出るかなぁと思います。低いアングルでテールランプをきれいに流していきましょう。
ちなみに、逆バンクにも関わらずほかのカメラマンが少ないのもオススメ理由の一つです(笑)

逆バンク(Dスタンド)

DSC_4052.jpg
ランボルギーニブランパン:200mm(換算300mm)
おそらく、多くのカメラマンに人気のスポット逆バンクのDスタンドだと思います。ここの魅力はなんといってもその近さ。また、視程のいい日であれば遠く向こう側に広がる伊勢湾や鈴鹿市を収めることができます。

DSC_8432.jpg
SGT公式テスト:480mm(換算720mm)
十分な焦点距離があればこのように迫力のある写真も撮れます。S字の頂上からバンとあらわれてくるマシンをファインダー越しに見るのはほんとカッコいいです。これを撮る場合はDスタの一番下に行き、できるだけ低めで撮影するとマシンとほぼ同じ高さで撮れるんです。ほとんどのスタンドでは車両目線よりも高い場所から撮影することが多いため、雑誌などに載っている車両目線の写真を撮ることができません。しかしここならそれができます。オススメです。

注意があるとしたら、手前にフェンスが2枚あるのでできるだけ絞り開放気味で撮影しないと簡単に金網が映り込んできます。かがんで撮影する場合が多いので一脚があったほうが楽です。一部、カメラマンホールなどでフェンスが自分の目の前しかない場所があり、そこから狙うとクリアな写真を撮れますがそこが完全な一等地なので大体誰か先客がいます。誰がつけていったのか、目印と思われるワイヤーロックが金網についているのでその付近と思っていただければいいかと思います。

DSC_8855.jpg
SGT公式テスト:320mm(換算480mm)
スタンド席の上側に行くと今度は流し撮りがしやすいです。フェンスの高さは特段低いというわけではないんですが、イン側にマシンが寄っていくので自然とフェンスを回避することができます。GTカーなどであればAPS-Cのカメラに300mmのレンズをつければ画面いっぱいにマシンを収めることができるので、A005やWズームキットのレンズでも十分きれいに撮れるかと思います。

Dスタンド席に行く場合は最終コーナー側のパドックトンネルを通っていくと近いです。その近さもあってCスタンド席よりもオススメなんですね。
逆バンク~ダンロップ(Eスタンド)

光線:午後順光
DSC_4927.jpg
S耐:420mm(換算630mm)
EスタンドはDスタンドのすぐ隣。焦点距離があればS字の出口のバトルを正面から捕らえれますが、ここはあまりバトルが起きる場所でもないので…

DSC_4971.jpg
S耐:200mm(換算300mm)
EスタンドはDスタンドとはうってかわり、高さがかなりあります。そのため手前のフェンスを回避するのが非常に難しくなります。S字~ダンロップのつなぎ区間はほとんどフェンスに邪魔されます。

そういうわけなんでわざわざEスタンドで撮影する意味は薄いです…
ヘアピン(H~Iスタンド)

光線:午後順光?
DSC_5919.jpg
S耐:200mm(換算300mm)
ヘアピンもまた定番の場所です。ヘアピンコーナーはスピードレンジがガクッとおちるので望遠レンズで動きものを撮ることに慣れていない方はここから始めるとよいと思います。大体60Km/hくらいになるはずなので失敗は少ないかなと思います。
また、激感エリアなどのパドックパスが必要なエリア以外では珍しく左から右に流せるポイントなので右側を撮影したい場合にはうってつけです。

DSC_6498.jpg
S耐:200mm(換算300mm)
ヘアピンの入り口側に行けばケツを撮れます。でも撮影場所はちょっと高め。フェンスの心配はありませんが、俯瞰気味になるので個人的には好きではないですね…

ヘアピンは撮りやすい場所なのですが、問題があるとしたらその遠さでしょうか。歩いていくとメインスタンドから20分くらいかかります。遠いです。しかも出店も全然ないのでおなかすいたら終わりです(汗
スプーンカーブ(N~Lスタンド)

2017年度S耐で出撃予定。

裏ストレート
(J,Oスタンド)


行き方がわかりません…ただ、西コースでのレースならともかくフルコースのレースの場合はピットレーンは使いませんし、メインストレートと同じくスピードレンジが非常に速いので撮影しにくいかなと思います。

130R(Gスタンド)

DSC_6531.jpg
S耐:200mm(換算300mm)
俯瞰気味になるうえスピードレンジが高いのでおすすめではないです。しかも、130Rに飛び込んでくるマシンの音以外は頼りにならないという点も撮影のしにくさを増加させてしまいます。車両の記録という意味では障害物が少ないので撮りやすいですが、車両写真目当てならヘアピンのほうが楽です。
シケイン(Qスタンド)

DSC_0318.jpg
2&4:210mm(換算315mm)
シケインは名バトルが起きるスポットの一つです。長いレンズを使えば入り口での激しいバトルを見ることができます。

DSC_0324.jpg
2&4:600mm(換算900mm)
ちなみにQスタンドからはダンロップコーナーも見えます。

QスタンドもBスタンドと同じくレースによっては通常の観戦券のみでは観戦できない場合があるので注意してください。

シケインの入り口側はスタンド席はありませんが、撮影はできます。ただ、フェンス2枚の距離がちょっと遠いので網が映りやすいのが悩みですかね。
最終コーナー(Rスタンド)

光線:午前順光
DSC_9911_20160726013247ce2.jpg
2&4:420mm(換算630mm)
最終コーナーとはいえ、シケイン~最終コーナーをアクセル全開で抜けてくるのでスピードはそこそこあります。なので、ピットインするマシンを狙うほうが撮りやすいです。柵も回避しやすいです。

DSC_6744.jpg
S耐:460mm(換算690mm)
長いレンズを使っても割と柵の回避が難しいんですよここ…入り口から一番近いですし、スタンドも近いのでレース終盤、チェッカーを受けるまで撮影を続けるにはいい場所かもしれないです。

DSC_3233.jpg
S耐:500mm(換算750mm)
Rスタンドのシケイン側によってフェンスに張り付いて撮ればシケインを立ちあがってくるマシンを狙えます。ここはこういう撮り方のほうがフェンスに邪魔されなくていいかもしれません。午後は逆光状態になるので撮影するなら午前ですかね。

DSC_2249.jpg
8耐:500mm(換算750mm)
シケイン~最終コーナーの流し撮りも可能です。フェンスに邪魔されることもちょくちょくありますが…シケインの出口方面にカメラを向けてシャッターを切るタイミングをはかると打率も上がるんじゃないかなーと思います。

最終コーナー内側(パドック裏E駐車場)

PB207823.jpg
一般のお客さん用の駐車場とは別にパドック裏には関係者用の駐車場があります。そこからもコースが見えるうえ、イン側なのでフェンスが1枚しかなくフェンスに邪魔されにくいです。
DSC_1609.jpg
SoE2016:320mm(換算480mm)
こちらもとても近いのが特徴です。バイクの場合はこちら側に倒して通過していくのでより迫力のある写真を撮れるかなと思います。ただ、必要な実焦点距離が短くなりがちな場所なのであまり絞りすぎると簡単にフェンスが映り込んでくるで注意が必要です。踏み台を使ってフェンスと有刺鉄線の間から撮影する方法もありますが、踏み台は30センチくらいないと余裕をもって撮影できないかなーと思います。

こちらの撮影場所が普段のレースで使用できるかどうかはちょっとわかりません。激感エリアではありませんが、パドックパスが必要になるレースがほとんどだと思います。

(番外編)グリッドウォーク


PB207863.jpg
SoE2016:20mm(換算40mm)
大抵、グリッドウォークはVipスイートラウンジなどの高級チケットの特典であることが多くまず縁がありませんが、イベントによってはパドックパスのようなチケットで入れたりします。出走直前のマシンを間近で見ることができる数少ないチャンスなので行ける機会があればぜひ行ってみてほしいですね。出走に向けて作業をしているスタッフさんがいることも多いので邪魔にならないように気を付けましょう。

DSC_5684.jpg
F3:200mm(換算300mm)
マシンだけでなく出走直前のドライバーも撮影できます。グリッドウォークの時間は非常に短いのであれもこれもとやっていると時間が無くなってしまいがちです。なので、あのチームのマシンは絶対に撮っておきたい!など予めどう動くかを決めておくとよいかもしれません。ピットウォークと異なり、比較的お客さんも少ないので動きを決めておけば時間が足りなくなることは少ないかなと思います。

駆け足での紹介となりましたが、いかがでしょうか。書いていて思ったのですが、意外と撮影できる場所って多いんですね。ただ、個人的にオススメはやっぱりDスタンドのS字~逆バンクですかね。次は西コースの開拓してみたいですね。
みなさんの鈴鹿サーキット撮影の参考になれば幸いです。



人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント