続・レンズ妄言(m43編)

以前の記事でNIKKORの2.8通しと4通しのどっちがイインダーという話をしましたが、よく考えたら私はNikon Fマウント以外にもマイクロフォーサーズマウントを使っているのでそちらのレンズを検討する価値もありましたね。
Fマウントレンズだけで固めてしまうとせっかく2台持ちしているのにレンズを活かしきれないという難点も生まれてきます。(もう1台Fマウントボディを買えば解決だけどレンズすら買えないのに買えるわけなかろう

まずは今使っているレンズから。

(M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm f/4.0-5.6 R)
キットレンズなので可もなく不可もなく。まぁ軽いです。解放F値も別に明るいわけでもないですしAFも爆速でもないです。旅行時は絶対便利ですが、それだけです。

というか、このレンズで不満がなかったら検討しないですね。

1)M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F/2.8 PRO


オリンパスの大三元。9月にオリンパスのクリーニングキャラバンでオリンパスの社員さんにいろいろ聞いたのですが、無理して買ったけど満足しかないと言っていました。
大三元の望遠レンズらしくインナーズームを採用し、重量は三脚座込で880gと300mm F/2.8としては驚異的な軽さを実現してます。というか、ニコキャノのF4通しの70-200と大差ない重量です。

(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm f/2.8 PRO,F2.8,SS1/250,ISO500,150mm)
相変わらずのヨドバシでの撮影サンプル。多分、それ以降もいろんなところでこのレンズは触っているはずなんですが…
レンズの性能のまったく伝わらないサンプルです。それでも、解放からの解像度の高さや質感再現性の良さ、色ノリの良さなどは伝わるかと思います。最短撮影距離0.7m、換算0.42倍とハーフマクロに匹敵する最大撮影倍率でいろいろと換算の性能だけ見るといろいろ反則な一本です。HPの玉ボケ見てもきれいな円ボケで非常にきれい。値段もm43レンズとしてはやや高めですが、一眼レフ用の大三元に比べれば半額程度です。

2)LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8 POWER O.I.S

パナソニックの大三元。手振れ補正ついてます。

ですが、残念ながら実物は触ったことがないです。換算70-200mmと一般的な大三元レンズと同じ画角を実現していますが、オリンパスからこれより望遠側が100mm(35mm換算)長いレンズが出てしまった以上手振れ補正以外では存在意義が難しいレンズになってしまった感じがあります。
ただし、重量は360gとトンデモナイ軽さを実現しています。


m43ボディを使っていてキットレンズに不満を感じている方が検討するのはこの2本だと思います。まぁ望遠端の長さに不満を感じている方だとまたちょっと事情が変わってくると思いますが…


値段に対する写りや重さ、価格などを考えるとNikonのレンズを選ぶよりもよっぽどこちらのほうが現在交換レンズを求めている私にはマッチしているようにも見えます。しかし、なぜ2.8通し(もしくは4通し)のレンズが欲しいのか、そしてどのような用途に用いるのかということを改めて考えたところ

1)タムロン150-600では重すぎるため撮り鉄用に比較的軽くF値の明るい望遠ズームが欲しい
→最近は夕方~夜の撮影が多いため手振れ補正や明るいF値が重要とみています
2)AFの早いレンズが欲しい
→動体撮影が多い。置きピンで対応できるケースもあるが…
3)できればC-PLフィルターを使いたい
→撮り空をする場合は空色を出すためにC-PLフィルターを使いたい

の3つが主要因です。
1)AF-S NIKKOR 70-200 F/2.8G ED VRII以外は1kgを切る重量で重量問題を満たしています。明るさに関しては2.8は明るい方と言えます。

2)これはボディに依存するような…D7200の51点の位相差AFはE-PL6のコントラストAFの比ではないくらい早いです。C-AFの食いつきも段違い。コントラストAFのワンテンポ遅れてついてくるC-AFは正直動きものには役に立ちません。結構迷うし…位相差AFを採用するE-M1ならまだもう少し違うかもしれませんが…

3)LUMIX G X VARIO 35-100mm F/2.8 POWER O.I.Sがフィルター径58mmと非常に小さいです。オリ40-150が72mm、ニコン2.8通しが77mm、ニコンF4通しが67mm。m43だからフィルター径が小さいということはないんですね。

どこまでいっても(2)の要因が大きすぎて選べないんですよねー…あと、E-PL6とM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F/2.8 PROの重量バランスの悪さも痛いです。E-M1+縦グリ+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F/2.8 PROの組み合わせってのは店頭でよくおいてあるんですが、その組み合わせじゃないとちょっと右手がしんどい。三脚で置きピンが前提なら気にならないんですが。
あと、夜撮りしてるとE-PL6の高感度耐性の弱さも気になるのでできれば…って感じです…高感度に関してはm43がAPS-Cに勝てないのは当たり前といえば当たり前なのである程度の妥協は必要でしょうけどね。それに暗所でのAFの精度もE-PL6だと悪い。迷い続けて結局合焦せず。これじゃ使えん。



とりあえず今度またM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F/2.8 PROをE-PL6に装着して試写していろいろ考えてみます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント