SuperGT鈴鹿公式テスト S4 ニッサンGT-R編

パソコンのRAMを増設したらLrとかツイッターとか快適になりすぎてびっくりしてます。パソコンはあまり興味がなかったのですが、これは確かに病みつきになりますわ…

DSC_8278.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,SS1/800,ISO800,500mm)
というわけで開幕4連勝と圧倒的な強さを誇るGT-R編です。まずは12号車カルソニックIMPULです。ドライバーは第1ドライバーの安田選手ですね。カルソニックは第2戦でトップ走行中にバーストしたりといろいろと運がないイメージがあります…

DSC_8375.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,SS1/800,ISO640,480mm)
24号車フォーラムエンジニアリングの第1ドライバーの佐々木選手。BSがほとんどを占めるGT500では数少ない横浜アドバンを採用しています。GT300では成績を残すアドバンタイヤですが、GT500ではあまり成績を残せていないイメージがあります。単に、チームの差なのかタイヤの差なのか…
現像してるときに思ったのですが、NSXに比べてGT-Rは沈み込みが多く、足がよく動いている印象を受けます。このあたりがウエイトハンデ耐性の強さの秘訣なのかもしれませんね。足がしなやかであればその分だけ変化する路面にも追従しやすく、バトルもしやすいのかなと。

DSC_8419.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,SS1/800,ISO640,480mm)
46号車、SRoadの第1ドライバー本山選手。あれ、いつの間に本山選手はMOTULから移籍したんだ…って感じです。まぁ、ここ数年情報追ってなかったし仕方ないのかな…

DSC_8548.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/160,ISO250,400mm)
1号車MOTUL AUTECHの第1ドライバー松田選手です。松田次生選手は三重県出身のドライバーの一人です。活躍はうれしいですけど、さすがにウエイトハンデをフルに積んでる状態では地元での入賞は厳しいでしょうかね。

流し撮りに切り替えましたが、見事に柵の柱が映り込みました(汗)ま、串刺しになってないだけまだましか。

DSC_8573.jpg
(7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/160,ISO200,400mm)
SRoadです。流しましたが、左側の測距点を選んでいたので、ちょっと絵が左寄り。このあたりは、構図を試行錯誤しながら撮った記憶があります。もっと右側に配置できれば後続のマシンもいい感じにぶれてもっといい感じになったんだけどなぁ。

DSC_8955.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/1000,ISO640,500mm)
フォーラムエンジニアリングです。そういえば、KONDO RACINGだったんですね。このチームって。アドバンタイヤなんでもしかしてとは思いましたけど。
左側にデジタル時計を配置するといい感じになりそうなのでデスクトップ画像としてお使いください(笑

DSC_9025.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/1000,ISO640,500mm)
GT500のSRoadとGT300のDjionレーシングの2台のGT-Rが1枚に収まりました。かたやSuperGTのために作られたスペシャルマシン、かたやFIA GT3のGT-R。同じGT-Rでも全く違いますね。FIAのGT-RはS耐でも見れるのであまり新鮮味がありません^^;

DSC_9039.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/1000,ISO800,500mm)
最後は佐々木選手のドライブで〆です。


次回はレクサス編です。なんで伊藤大輔選手はそっちに行ってしまったんや(笑


モータースポーツ ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント