うっかりはいつも勝ちの局面で。

インターンシップ研修の2/3が終わりました。今日はその中間発表がありまして、うまいことできたかな。と思いました。自分のパソコンを接続したらプロジェクターに表示される色が違ったり、パワーポイントがちゃんと動作しなかったりといろいろありましたが、なんとかなんとか。
今日もIS後に部活です。

1局目(▲私-△相手)
2016-09-03e.png
なんか久しぶりですね。鳥刺し。(▲鳥刺し-△四間飛車)
居玉で速攻を仕掛けたのでそれに呼応してか後手は早囲いにしてきたので速攻をいったんあきらめて駒組みを再開しました。ただ、▲3四歩~▲3八飛のように進めたほうがよかったかな…とは思います。ちょっと失敗したなぁ。今回は咎められなかったはいえ。

2016-09-03f.png
ここまで組めれば取り合えずは不満ねーかな。とは。以下、▲5五歩△同歩(まだしも△6三銀とかのほうが)▲2四歩△同歩▲3四歩△同銀▲5五銀でさばきが好調です。右桂がさばけ、そして銀1枚で相手の大駒を抑え込んでまぁ勝ちです。

2局目(▲相手-△私)
2016-09-03a.png
後輩君が先日の学生オールで「左玉やってみたいな」的なこと言っていたの聞いたのでお手本でも示すかーと珍しく左玉を採用しました。
先手が浮き飛車だったり▲7八金型だったりと不慣れ感が良く出てます。これなら左玉のほうが指しやすいですね。

2016-09-03b.png
玉頭行くぞオラーって感じで食い掛かったら多分、これ以上ないっていう(最悪な)タイミングで▲8六飛としてきました。これは△5三角が激痛です。
以下、▲8九飛△2六歩▲同歩△1五歩▲同歩△2六銀▲2七歩△1五銀とよくある手筋の攻めが入りました。さすがに▲1五香とは応じれなかったのか▲8四歩△同歩▲5五歩としてきましたが、▲5五歩の瞬間がぬるいうえ、後手の歩が増えて端攻めの厳しさが増してしまいました。
以下、短手数で勝ちました。

3局目(▲相手-△私)
2016-09-03c.png
OBの先輩が来ていたのでその先輩と指しました。
角換わり右玉を採用しました。ただ、先輩も疲れていたのかこの▲3五歩は少々指しすぎだったように思います…てっきり▲3三歩としてくるのかなと思っていたのですが、▲1五歩~▲1三歩と先輩らしくない攻めが飛んできました。

手持ちの歩が増えたので△9五歩▲同歩△9六歩と垂らし、▲1五香に△8六歩▲同銀△6五歩▲同歩△3三角と攻めが入りました。

2016-09-03d.png
7七の地点で桂交換が行われたところです。この▲同金はなるほどという感じで▲8九飛の転換を見ています。△8二歩と受けさせられるのはいくらなんでも面白くないので△7三桂と先受けします。感想戦ではいい手だったとほめてもらえたのでうれしいですね。

そのあと、玉頭戦になり、こちらの厚みが強く勝勢になりましたが、最後の最後でうっかり出して頓死しました。
それがタイトルです…

疲れていたとはいえ、次は気を付けたいですね。

では。


将棋 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント