標準ズームレンズを考える。

今日の台風はすごかったです(小並感
研究室の打ち合わせ中止の連絡もなかったので、仕方なく大学に行きましたが、大学が川になってました…



ちなみに、打ち合わせは行われました。

さて、昨日から始まったフォトキナ2016.オリンパスが12-100mmF4 Proというレンズをリリースしましたね。ここまで望遠はいらないんですが、ほしいなと思いました。しかし、19万。うーん…高い…200-500のローンも残ってますし、まぁ、無理です。

現在、私のレンズシステムは広角~標準域が弱いのでいい加減どうにかしたいなっていう部分もあるので予算とともに少し考えようと思います。

今回の前提としては鉄道写真を撮ることに重点を置いています。そのため、
・ズームレンズであること(単焦点でも良いが撮影場所の制限を考えるとズームが好ましい)
・ある程度の広角から換算100mm前後までカバーできること(D7200に70-200を取り付けると換算105-300mm)
・画質が良いこと
・フィルター径が77mmを超えないこと(C-PLフィルターの都合)
・新品・中古にか関わらず10万以内であること
・明るさは問わない(バルブにしろ鉄道風景にしろ絞ることが予想されるため)
ということを満たすことが条件になります。特に画質は今使っているM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 II RやAF-S DX Zoom-Nikkor 18-70mm f/3.5-4.5G IF-EDを超える画質である必要があります。

まずm43で考えるのかNikonFマウントで標準域を考えるのか。で変わってくるかなと思います。

m43なら候補は
1)OLYMPSU M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
2)Panasonic LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.
ニコンFなら
3)Nikon AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED(28-70Dも可)
4)Nikon AF-S NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
5)SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art

かなと思います。ニコンFだと24-80mmF3.5-5.6とか24-120mmF4とかいろいろあるんですが、まぁ画質とか考えるとこの辺かな…とは。

順番に見ていきましょう。
1)12-40mmF2.8Pro
000010185.jpg

新品価格:メーカー希望約10万(MapCameraで8万程度)
中古価格:6~7万程度
重量は400gを切り、ニコンの24-70の半分以下の重量となります。
また、ほかのレンズにない特徴としては「フォーカスクラッチ機能」があります。m43のバイワイヤ駆動のフォーカスリングは大嫌いなのですが(回すスピードでフォーカスの移動具合も変わるのがとにかく嫌い)、フォーカスクラッチを使った際のMFはスピードにかかわらず回転角とピントの移動具合が一定なので使っていて気持ちいんですよね。
あと、金属鏡胴というのも評価が高いです。
フィルター系は62mmなのでステップアップリングを使えば解決できそうですね。
といった感じ。しかし、デジカメInfoを見るとM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 II Rよりは周辺光量と歪曲収差が優秀ということみたいです。
F2.8の明るさがあるため、暗所での使い勝手もよさそうですね。

2)12-60mmF3.5-5.6
main.jpg
新品価格:4.5万
中古価格:見つからず
重量は210gと非常に軽量。フィルター系も58mmと手持ちのND400も使えるのは大きいです。価格も今回の候補のレンズの中では一番安いです。
手ぶれ補正も内蔵されていますが、E-PL6も手ぶれ補正が内蔵されています。同時使用はできないため、どちらかを切ることになりますが、どちらの補正が優秀なんでしょうか。E-PL6は体感でおよそ2段分、12-60もおよそ2~3段分ということなのでちょっとわからないです…
しかし、デジカメInfoの記事を見ると当たりはずれが大きいという噂も…安かろう悪かろうという感じはあります…

軽さ・安さとトレードオフなのでこれは仕方ないですが、テレ端がF5.6というのも少し気になりますかね。問題ないとは思いますけど。

3)AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
DSC_0002-2.jpg
(D810,AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED,F3.2,SS1/200,ISO400,24mm)
新品価格:26万円前後
中古価格:10~11万円前後
泣く子も黙る大三元。少なくとも、今回比較するレンズの中では選んで間違いなく後悔しない一本だと思います。また、フルサイズ対応ということもあり、将来的にフルサイズに手を出しても大丈夫なのも強みです。新型が出たことで中古価格が下落しているのもねらい目となる理由の一つです。
しかし、ネックとなるのは約900gの重さとその大きさ。画質・明るさはトレードオフとはいえ…
デジカメInfoでも歪曲と収差がややあることを除けば素晴らしい解像力とボケ味が魅力の一本と紹介されています。
フィルター径は77mm。手持ちのC-PLをそのまま使うことができます。

しかし、でかい・重いは現在のカメラバックから考えると憧れの一本ということを差し引いても少し厳しいかもしれません…仮に購入した場合はAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRかAF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR IIを持ち運ぶ機材から外すことを検討する必要が出てくると思います。(ま、サーキットであればAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRがあればどうにかなるけど)

4)AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR
DSC_0351.jpg
(D500,AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR,F4,SS1/160,ISO800,80mm)
新品価格:12万(キタムラで10万程度)
中古価格:10万前後
ニコンDXフォーマットで初の<N>(ナノクリ)を採用したレンズ。換算24-120mmの便利ズームです。明るさと手ぶれ補正・高速AFが魅力の一本ですが、高い。正直、このレンズ買うなら24-120F4で妥協するか24-70F2.8買うなって感じです。
まぁ、これ持っておけばしばらくはフルサイズ欲が抑えられそうなのでいいかもしれませんけど。
重量は480gと軽量で、フィルター径は72mm。
デジカメInfoでも画質や手ぶれ補正は優秀だが、高いし歪曲が大きいという評価。

5)SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM Art
24_105_4_a013_mainimg.jpg
新品価格:約12万(マップカメラは8.5万程度)
中古価格:6.5~7万円
画質に特化したシグマのArtラインの便利ズーム。歪曲や収差・画質の点からコンテンポラリーでもよかったのではと言われるレンズだったりしますが…
Artのなのに画質微妙とかArtだからめっちゃいい!とか評価が結構割れるレンズだったり気がします。
しかし、残念なのがそのフィルター径。82mmなので手持ちのC-PLが使えません…


改めてまとめると
1)大きさ画質ともに文句なし。でも割高かも?
2)安い。フィルター径58mmも評価高い。でも、当たり外れが…
3)でかい。重い。中古はバーゲンプライス。
4)高い。でも、フルサイズよりは安い。
5)フィルター径がマイナス評価。

といった感じ。まーお財布とも相談ですが、(1)か(2)になるかなぁ…と思います。あっでもピットウォークとかでRQ撮るとかなったらD7200のほうが楽かも…悩みは尽きませんネ。


カメラ ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント