鳥羽の日は名酒を求めて鳥羽へ。

10/8は鳥羽の日。まぁ、理由は日付の語呂合わせですね。
最近、結構飲んでるなぁって気がします。一度に飲む量は多いものの、普段飲まないので大丈夫かな…

PA087471.jpg

酒のお店もりした→HP
三重県鳥羽市大明西町20-6

鳥羽の日に合わせて特売を行うということでいつもの知人に連れて行ってもらいました。実は初もりしたです。

酒のお店もりしたが開店するのは10時です。0950前には到着していたんですが、すでに駐車場は満杯でほんとに酒屋なのかな?と思ってしまいました。ちなみに、ここ御用達の知人いわく、クリスマスのときは尋常じゃなかったとか何とか…

整理券を配布していたのでそちらを受け取ってもらいました。ちなみに、30番までで一度終わってました。それ以降は先着順みたいな感じでしたね。ちなみに自分を含めた私たちは23~25番でした。

PA087473.jpg
三重県の地酒「而今」と福井の地酒「黒龍」の暖簾が出ています。有名な地酒の暖簾を出している酒屋は多いですが、高いことが多いです。まぁ、仲買とか入れば自然と上がってしまうので仕方ないですけど…無駄に多い仲買自体はあんまりいい風習ではないですよね。ただ、ここ酒のお店もりしたは直で仕入れている関係で定価で入れてくれます。そのため、而今などの有名なお酒を他に比べて安く購入することができます。
隠れた名酒も入荷していることが多く、今回誘ってくださった知人のTさんは定期的に買いに来てるとかなんとか。


鳥羽の日の特売に用意されていたのは四合瓶、もしくは一升瓶の3本セットです。而今+2本という感じです。確か、ピンクのセット(10000円)、青・緑・白のセット(各5000円)、?色のセット(15000円)の5種類が用意してあったと思います。
PA087485.jpg
今回は3人で行って、もう一人のFさんが購入したピンクのセット。
而今の特別純米と寫楽とごい(?)という日本酒の一升瓶セットです。大抵、この手の有名な酒の抱き合わせのセットは看板商品と在庫処分みたいな感じで用意されることが多いのですが、ここは定価で仕入れるもりした。抱き合わせも妥協がありません。
私は気づかなかったのですが、抱き合わせの中身の値段も店の値札に書いてありいくらで本来は販売していていくら値引いているかまで書いてるそうです。

PA087493.jpg
こちらは私が購入した青のセット(5000円)
DATE SAVEN、而今、瀧自慢の3本セットです。DATE SAVENは日本酒らしからぬ外観をしていますが、どうやらスパークリングの日本酒のようです。
宮城県の7つの酒蔵が手を組んで作った新時代の日本酒だそうで。まだ飲んでいないので楽しみですね。一人で飲んでもつまらないので、今週末の飲み会で飲むことになるかなーと思います。

而今とDATE SVENは要冷蔵なので冷蔵庫行きですが、冷蔵庫を開けるのが大変だった(苦笑

さて、もりしたでの目的も済んだところで帰路につきます。といっても、朝8時に津を出発して車で走り続けてそこから帰る。おなかもすいてくる頃合いです。

PA087477.jpg
というわけでお昼ごはんをいただきます。
相可にある鐵屋のだしカレーうどんセットです。ここは豆腐や揚げを作っているお店なので写真のかれーうどんに乗っかっているお肉のようなもの、実はこれは厚揚げです。肉厚でジューシーなのでお肉なのではと錯覚してしまうレベルです。いや、ほんとおいしかった。

PA087478.jpg
セットなのでごはんと豆腐もついてきます。この豆腐もまたおいしいこと。身が引き締まっていて食べごたえがあります。ごはんはカレーうどんに入れてスープカレーみたいな感じでいただくのがいいかなと思います。炭水化物ばかりですが(笑

腹ごしらえも済んだところで来月酒蔵見学に行く「鉾杉」にちょっと行くことになりました。
PA087481.jpg
主人がまた気前のいい人で、せっかく来たんなら蔵見ていきます?と誘ってくださったので一足先に見学へ。といっても、仕込むのはこれからということで仕込む前の樽を見せてもらいました。
PA087483.jpg
水平死んでる…

実はこれが一番びっくりしたことだったんですが、今ではこういうホーローの樽を使うんですね。てっきり、木製の樽を使って作るものだと思っていました。その他にも杜氏ならではの話を聞いたりしながらプチ見学会は終了。これからどんどんとお酒ができていくそうで楽しみです。

日本酒はお米を発酵させて作るお酒です。その関係で鉾杉では醤油なども製造しています。その関係もあって車降りてそうそうに感じたのは「醤油のにおいすごい」という感じでした。そういえば、醤油切れかかってたので買って帰ればよかったなぁ。

んで、そっからまた帰り、知人のFさんのWi-Fiのセッティングをしたりして2時過ぎに解散。しかし、Tさんも私も中途半端な時間でどうする?となり…飲みになったのは言うまでもありません(笑

PA087511.jpg
とりあえず、自分はいったん而今を撮っておきます(笑

而今を撮り終えたところでTさん家へGo。
Tさんが別の日に購入した日本酒を飲みながら、アニメなどを見ながら、仕事の不満をぶちまけながら(苦笑)と四合瓶を3本空けて解散です。

PA087516.jpg
(響け!ユーフォニアム2を視聴してるぞ!)
呑んだ中でも衝撃を受けたのがこれ。伏見の有名なお酒ではあるようですが。まつもと酒造の守破離(しゅはり)です。このお酒単品ではかなーり地味なんですよ。微発泡なので独特の刺激はありますが。
しかし、守破離の真価は肴と一緒に食べた瞬間に発揮されます。何を食べても守破離を飲むと舌がリセットされる。そして肴の旨さをまた味わうことができる。とにかく、衝撃でした。こんな名脇役がいていいものかと。食中酒としては最高の一本の一つだといえましょう。
ちなみに、仕入先は四日市にある酒屋「義侠屋」というところだそうです。もっとも、こちらでも守破離はなかなか入荷しないそうなので貴重なお酒ですけどね。

とまぁ、そんな感じで23時くらいに解散しました。酒が入ると眠くなるタイプなので帰宅後は寝ながら歯磨きをして即就寝。パン一で寝てたせいで朝は寒かったです(汗
あと、四合瓶を二人で3本開けたせいで、バイトに行く途中に吐きかけました。吐いてないけど。危うく川にマーライオンするところでしたね。前はこのくらいなら大丈夫だったんですが、やっぱり弱くなったのかなぁ…

では~。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント