Gr1のSCはランエボでした。午後の決勝レースの始まり。(S耐岡山

土曜日は前回お伝えしたように、ステージの撮影へ行ってきました。基本的に、D7200×AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR II-とEOS70D×EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS STM(友人からの借り物です)の2台体制で撮影をしました。そこで改めて2.8通しのズームレンズの強さというものを思い知らされましたね。ステージは人間の目には明るく見えても想像以上に暗いものです。F2.8は最低限のレンズなんだなぁと。
被写体の方は一般の方なのでこちらで写真を掲載することはないですが、良い経験をすることができました。撮って終わりではなく、デジタルデータの作成と印刷の両方を行ってこれまでのお礼をしたいと思います。

DSC_0078.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,SS1/80,ISO100,200mm)
日曜日のピットウォークも終了し、ヘアピンの出口でスタンバイします。ド定番の場所にも関わらず、恐ろしくガラガラだったので不思議でしたが、多分撮影目的の方は1コーナーのほうでレーススタートを撮影されていたのかなーと思います。

SCはランエボIXでした。鈴鹿だとシビックやアコードが多いのでなんだか新鮮です。

DSC_0097.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F5.6,SS1/500,ISO400,260mm)
#20 RSオガワ RSオガワADVANランサー
RSオガワも昔から名前を聞くことの多い老舗チームという印象です。PPを獲得した#59 DAMD MOTUL ED WRX STIと最後まで熱いバトルを繰り広げていたような気がします。

この2日間はほとんど流していたような気がするんですが、この写真はなぜか高速シャッター。ヘアピンのような低速エリアだとSS1/500で切っちゃうとタイヤが止まってしまいますね。

DSC_0104.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,SS1/80,ISO100,260mm)
#8 ARN RACING ARN SLS AMG GT3
ブルメタのあいつです。前日はベンツのエンブレムがなくなっていましたが、無事(?)つけなおしていましt。ただ、拡大してよく見るとエンブレムによくわからない段差が見えたので、アルミテープか何かで応急処置をしたんですかね。

路面がびっみょーにてかってますが、別に雨が降っていたわけではないです。まぁ、相変わらずの曇りで晴れの国岡山とはなんだったのかって感じですけどね。

DSC_0134.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,SS1/80,ISO100,260mm)
#70 J-Fly Racing J-Fly Racing R8 LMS Ultra
開幕戦で1ptを得て以来、ノーポイントの70号車。やはり、このクラスでは古さを隠せないのか単にチームの問題なのか…まぁ、ノーポイントということは完走してないってことなんですが…

DSC_0159.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/100,ISO100,340mm)
#38 TRACYSPORTS MUTA Racing TWS IS 350
ランキングトップの38号車。

立ち上がりを撮影するだけでは面白くないなーと思い、ヘアピンの出口からブレーキングするマシンを狙ってみましたが、ヘアピンに進入する直前まで車両の位置をつかみにくく、かつ手前にフェンスがあるので以外と絵にならないうえに難しいということで10枚くらいであきらめました(汗

DSC_0175.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8SS1/125,ISO100,270mm)
#15 OKABEJIDOSHA motorsport 岡部自動車DIXCELチームテツヤZ34
後ろに同じく岡部自動車のZ34が続いているせいでなんだか残像のように見えますね。もっと引きの構図でこれが撮影できていればフォトコンとかに応募できたかも…

DSC_0209_20161115000753722.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/160,ISO100,270mm)
#38 TRACYSPORTS MUTA Racing TWS IS 350
現像中に気づいたんですが、このヘアピンの立ちあがりでカウンターを当て気味で走ってるチームが意外と多かったです。路面μが低かったのか、単にコースの特性上そうなりやすいのか。左後輪側がかなり沈んでいるので、おそらくトラクションがアウト側にかかりやすいのかもしれません。

DSC_0218.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/160,ISO100,ISO270mm)
#20 RSオガワ RSオガワADVANランサー
最初にも書きましたが、59号車とずっとバトルを繰り広げていました。そのため、後ろには青いアイツの姿がちらーっと見えます。多分、これから投稿していく20号車の写真は割とそうなるかも…です。

まだまだ決勝レースは始まったばかり。続きます。

では~。


モータースポーツ ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント