三重県の地酒「鉾杉」を作る酒蔵「河武醸造」さんの見学に行ってきました。

E-4甲のだるさやばすぎなんですよね。ここ最近はS耐岡山の記事が続いていましたが、そういえば書いてなかったことがあったなーということで先日行ってきた酒蔵見学について書いていきます。

PB167724.jpg

行ってきたのは河武醸造株式会社さんです。三重県の地酒「鉾杉」を作っている酒蔵さんですね。三重県の多気郡にある酒蔵で、他にも味噌や醤油を作っています。発酵食品を扱っているので酒蔵で味噌や醤油を作ってるというのはよくあることなんですけどね。
そういう関係で、タクシーを降りてすぐにほのかな醤油の香りを楽しむことができます。まだ、日本酒は作り始めの時期ということで見学に行ったときはあまり日本酒のにおいはしませんでしたが、2月くらいには日本酒の高い香りがしているそうな。行ってみたいなぁ。

この日の撮影機材はE-PL6,LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.,M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macro,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 II Rのみ。いつもの機材を知っている知り合いからは「えっ少なっ!」と妙な驚かれ方をしました。なんでや(笑)

PB167727.jpg
さっそく、社長の案内のもと蔵の見学に移ります。蔵の前には何やら袋に入った丸いお米のようなものがおいてありました。曰く、ダミー米というもので、米を蒸す際にいろいろと調整ができる。かもしれない。ということで半ばオカルトチックなうたい文句につられて購入したそうな。現在、使い道がなくて処理に困っているそうです(汗
ただ捨てればいいというものではなく、産業廃棄物になってしまうので手続きがめんどくさいみたいですね。

PB167729.jpg
(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 II R)
さて、話が脇道にそれましたが、さっそく蔵内の見学です。酒樽というと、木製のイメージがあったんですが、現在はこのようなホーローの容器を使って作っているんですね。やっぱり、木製だと衛生面とかの管理が大変なんですかね?
写っている手の大きさからその大きさをイメージしていただければ幸いです。

PB167733.jpg
(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 II R)
まだまだ仕込んだばかりということでこんな感じになってます。これも試飲させてもらいました。日本酒というよりはフルーツのような感じの香りでこれはこれでいけるなーという感じでした。社長曰く、毎日のように味が変わる段階で、まだ味が安定していないので商品としてはまだまだ売り出せる状態ではないとのことでした。熟成を重ねるうちに安定し、出荷が可能になるんですね。

PB167737.jpg
(E-PL6,LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.)
作りたてを出してくれる社長です。その間にもいろいろ説明をしてくれました。(確か)社長の後ろの樽が1号樽で手前のが2号樽だったと思います。それぞれで味が違うのですから面白いもんです。

天井の照明は蛍光灯ではなくLEDを使っているとのことです。蛍光灯とLEDだと反射の具合が違って樽の中が見やすいらしく、現在はすべての天井照明がLEDなんだとか。作り方は伝統的でもホーローの樽やLED照明など現代の技術は様々なところに応用されているんですね。

PB167742.jpg
(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macro)
出来立てほやほや(?)の生酒です。蔵自体も結構涼しいのでいい感じの温度になっています。

PB167743.jpg
(E-PL6,M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macro)
よく、お土産などで売っているこの柄が描いてあるぐい飲み、実は日本酒の濁り具合や屈折率などを見る計器なんです。内側の円でどのくらい日本酒が透き通っているか、外側の円でどのくらいの屈折率(?)を持っているかを見て仕上がりを見るそうです。お土産屋で売っているのはせいぜい100円とか200円ですが、これは規格化されている計測器なので3000円くらいするそうです。

PB167752.jpg
(E-PL6,LUMIX G 20mm f/1.7 ASPH.)
一通り見学をしたら、試飲タイム!見学をした7人ほどでいただきます。ちょっと多かったかも^^;おつまみは酒粕漬けと味噌。それだけでいくらでも行けてしまいます。

お酒を一合飲んだら、お水を八尺いただく。これが楽しい日本酒の飲み方と社長に教えていただきました。おいしいからとついつい飲みすぎてしまうと体にすごい負担がかかったしまうんですね。これからは気を付けて飲んでいきたいです。さっそく、実践しましたが翌日の体の軽さが段違いでやっぱり負担がすごくかかっていたんだなぁと再認識しました。

とまぁ、鉾杉見学はこのくらいです。

別の日に紅葉を見たついでに、また酒蔵に行ってきたのでそちらも今度書きます。では。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント