お待ちかねのGr.C練習走行!(鈴鹿Sound of Engine2016

帰省しても引きこもってますが、SB-800で遊んで改めてその良さを実感しております。まぁ、クソみたいな作例ですが、ツイッターに挙げてたりするんでそちら見ていただければ。

さて、昼飯を食べて向かったのは実家のような安心感さえ感じ始めている逆バンクです。実際、ここに来ればまず失敗しないって感じますし、定番だからこそ安定して撮れるんですよね。

DSC_1693.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F6.3,SS1/400,ISO125,380mm,※トリミングあり)
タイトルにはGr.Cの練習走行と銘打ちましたが、その前に撮影練習のリチャードミレの関係者TTがあります。その先導を務めるSCは新型NSXです。10月のスーパーフォーミュラ最終戦でお披露目されていましたが、そちらは行っていないので実車が走っているのを見るのは初めてになりますね。

DSC_1704_201612290124195bc.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/250,ISO125,400mm)
このTTにはビートルなども走っていましたが、その多くはサーキット仕様に仕上げたGT-Rや写真のアヴェンタドールといった超高級スポーツカーばかり。S206も走っていましたが、それが安く見えてくるレベルですからね…

DSC_1817.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/125,ISO100,410mm,※トリミングあり)
てっきり、ナンバー切ったor外したGT-Rだと思っていたんですが、よく見るとブラケットを使って傾けているんですね。なるほどです。R35GT-Rはデビューした当初は勝手に改造をするとメーカー保証が受けれなくなるなど言われていましたが、デビューから10年たった今ではいろいろとチューニングパーツが充実してきたなぁと思います。まぁ、R35の絶対数が少ないのであんまり改造しているGT-Rって見かけませんけども。

DSC_1894.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/250,ISO100,410mm,※トリミングあり)
一般車(ナンバー切ったサーキット仕様もいたけど)の中に突然GT300のレーシングカーが乱入してきました。この#60 SYNTIUN LMcorsa RC-F GT3のスポンサーの一つにリチャードミレがあるので参戦ということなんですかね。さすがにこのマシンの乱入は多くの観客も予想していなかったのか、シャッター音が多く鳴り響いていました。

DSC_1925.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS/320,ISO100,410mm)
おかげさまで(?)ナンバー付きの一般車とGT300の2ショットまで撮れてしまいました(笑)2ショットというほど被写界深度には全然収まっていませんが細かいことは気にしたらだめです。

DSC_1958.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm)
マツダ 787B
多分、この日一番の主役はやっぱりこいつでしょう。マツダ787Bです。日本のレースファンなら知らない人はいないと言っては過言ではない伝説の名車ですよね。ホームストレートを駆け抜ける4ローターのR26Bの咆哮はこの日のどんなマシンにも負けない最高のサウンドでした。逆バンクからでもその存在がすぐわかります。

いちおー軽く説明するとこのマツダ787Bの55号車は1991年にルマン24時間耐久レースで総合優勝をした車です。このルマン24時間耐久レースで総合優勝をした日本のチームはこのマツダだけなんですよね。本当は91年のマツダと2016年のトヨタになる予定だったんですが…まぁ、その話はおいておきましょう。

DSC_1962.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm)
ポルシェ 956(手前)
ポルシェ 962(奥)
やっぱり、Gr.Cカーはいいよね。うん。多分、手前が956で奥が962(962C?)だと思うんですが、どうでしょう。手前の956も962も基本的には同じようなもんなんですが、Gr.Cの安全規定の変更があった関係でその辺が違うみたいですね。(962Cがその安全規定に対応させた車両になる。)

ちょっと脱線しますが、私が以前やっていたラジコンに京商Mini-Z(ミニッツ)というラジコンがあるんですが、そちらで最初に採用されたGr-Cカーがこの2台だったりします。懐かしいね。このボディは割れやすいので後付けのバンパーが必須でしたけどw

DSC_1972.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm,※微トリミング)
ニッサン NP35
ある意味、幻のレーシングカー状態のニッサンNP35です。Gr.Cに参戦するために作られたわりにレース参戦は1回のみ。しかも、予選・決勝ともに最下位。参戦した翌年のシリーズからが本番のつもりだったと思うんですが、日産の経営不振もあってそのまま消えてしまいました。悲しいマシンです。そのうっぷんを晴らすかのように激走をしていました。

DSC_2006.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/160,ISO100,440mm)
ニッサン R92CP
NP35の前身にあたるのがこの車になります。JSPCで星野一義の2年連続ドライバーズチャンピオンを支えたマシンになります。グランツーリスモというゲームでは、チューニングをすることで1000馬力を超えることができる数少ないマシンだったのでよく遊んでましたw

練習走行はもう少しだけ続きます。

では。


モータースポーツ ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント