撮りすぎ注意!Gr.C練習走行はまだまだ続く(鈴鹿Sound of Engine 2016

今日はちょっとだけ撮り鉄したんですが、目当ての車両が来たタイミングでカメラが再生画面から戻らないトラブルが発生して撮影失敗。このようなトラブルは初めてだったのでちょっと動揺が隠せません…とりあえず、それ以降は問題なく動いてますし、さっさとカメラを再起動すればよかっただけの話なので様子見です。

今回掲載の写真は構図の微調整でほとんどの写真を微トリミングしています。換算焦点距離は10~20mmほど伸ばして考えていただければ。

DSC_1979.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm)
ニッサン R92CP No1 カルソニック
やっぱり、SS1/640だとタイヤの回転が止まってしまいます…もう少し飛ばしていれば違ったのかもしれませんけどね。

DSC_1983.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm)
ニッサン マーチ83Gシルビア・ターボCニチラ(たぶん
信頼性が低くあんまり成績を残せなかったらしいですね。マーチなのかシルビアなのかよくわかりませんが、一応マーチエンジニアリングの作った車だからマーチなんですかね。よくわかりません。

DSC_1986.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm)
Leyton House Porsche 962C
Gr.CやF1まで様々手がけたレイトンハウス。そのGr.Cマシンです。当時の日本の夢を乗せたマシンだったそうで。前も書きましたが、またそういうのが出て来たら…いいなぁ。

DSC_1992.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm)
???
調べてもわかりません。詳細、求ム。マジで撮った記憶すらなく実況の解説も記憶にありません。なんだこれ…状態です。

DSC_1994.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/640,ISO160,440mm)
シルクカット ジャガー XJR-9
シルクカットはおじさんたちには激熱らしいです。若いので知りませんが…でも、フェンダースパッツはとても激熱です。この3号車以外にも6号車も出走しており、シルクカットの2台同時の走行を見れて感激と実況は盛り上がっていました。

DSC_1999.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/500,ISO160,440mm)
マツダ 787B
この車がルマンで優勝したときに、まだ私は生まれていませんが、プロジェクトXなどで何度もこの話は見ました。何度見ても、激熱です。それだけ、マツダ787Bという車に心を打たれた日本、いや世界のファンは多いと思います。そして、この車が走るからこの日多くのファンが鈴鹿サーキットに駆け付けたのだと思います。また来年もその勇姿を見たいですね。

DSC_2002.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/500,ISO160,440mm)
TAISAN STARCARD 962C
前回は後ろのほうにひっそりと映っていたアイツの車両写真です。アドバンカラーの良さみ…

DSC_2010.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,440mm)
ニッサン NP35
一通り車両写真の撮影に成功したので、そろそろ流していきます。SuperGTのころになんであんな低速で流していたのかよくわからんというレベルで保険かけたシャッタースピードですがそこそこ流せてますので…
DSC_2019.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,440mm)
Leyton House Porsche 962C
いい感じに流せたかなぁ。

そんな調子でまた次回も流していきます。

では。


モータースポーツ ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント