マウスが壊れた。と思いきや…?

今年のセンター試験は後輩君が再受験をします。再受験は大変かと思いますが、頑張ってほしいですね。

先日、壊れたとお話していたマウスですが、新しいマウス(同じマウスですけどね)が届いたので分解してみることにしました。

DSC_3997.jpg

いきなり分解した写真ですいません。マイクロソフトのComfort Mouse 4500という有線マウスです。意外と評判が悪いマウスなんですが、個人的には左右のボタンの位置がちょうどよく気に入っています。

DSC_3998.jpg
(上:シールをはがす前 下:シールをはがしたあと)
マウス底面にある黒い樹脂製のシールをはがすとそこにトルクスねじが隠れています。この樹脂製のシール両面テープでくっつけてあるだけなので再利用が可能です。捨てずに取っておきましょう。

このトルクスねじなんですが、中央に突起のあるタイプではないのでマイナスドライバなどで回せるかもしれません。私が分解したときは前のネジを小さなマイナスドライバで回すことができたのでトルクスレンチは必要ありませんでしたが、後ろ側は回すことができなかったので素直にトルクスレンチを買いました。T8でぴったしでした。(ビバホームで390円でした)

さーて。どこが断線してるんだろう?と直す気満々で故障個所を探してみると…

DSC_3996.jpg

なんと、コネクタが外れているだけでした…orz
このままだとコネクタをつなぎなおすことができなません。いったんホイールを外し、基盤を止めている5か所の+ネジを外して基盤を浮かしてコネクタをつなぎなおしたところ、問題なく使用可能になりました。
そういえば落としたときに動かなくなったけども…

何はともあれ、マウスの復帰はありがたいですね。新しく買ったマウスは予備として持っておくことにします。


では。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント