多重露光で遊ぼう。

今日は大雪でしたね。バイトさえなければ撮りに出たんですけど、バイトあったから…あと、昨日の最後のほうに始発で狙いにいくぞ!って言ってましたけど、寝坊したんで流れました。まぁ、遅れが出まくってたこと考えれば結果的には行かなくて正解だったかもしれませんけどね。

でも、雪の中で撮りてぇなぁってなったので近所にちょっと出かけてきました。

DSC_4057.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR II,※多重露光)
というわけで、多重露光で遊んできました。

撮影方法はいたって簡単。
カメラを多重露光モードにする→望遠端・絞り開放・無限遠でカメラを雪降る空へ向ける→フラッシュを適当に炊いて1枚目を撮る→SS・絞りを調整して来た列車を流し撮り

それだけです。鉄道車両に向かって(というか自動車等含めですが)フラッシュを炊くのは非常に危険なのでしてはいけません。また、仮に鉄道に向けてフラッシュを炊きながら撮影ができたところで今回のような玉ボケは出ず、近くの地面などが映り込んでしまうのがオチです。そういうわけで多重露光の出番になります。

DSC_4060.jpg
(D7200,AF-S NIKKOR 70-200mm F/2.8G ED VR II,※多重露光)
こちらも同じように撮りました。車両のほうがちょっとぶれすぎてるのでまだまだ腕が足りません。手持ち流しができなくなっちゃったなぁ…

30分ほど張って5編成ほど撮りましたが、この2枚くらいしかまともな出来ではなかったですね。なかなか難しいものです。また機会があれば多重露光に挑戦してみたいですね。

一応、D7200の多重露光の設定方法だけ最後に記しておきます。

1)MENUを開く
2)静止画撮影メニューに入る
3)下のほうにある「多重露出」を選ぶ
4)多重露出モードを「ON」にする(「連続」を選ぶと多重露光撮影を続ける場合は便利ですが、戻し忘れに注意が必要です)
5)コマ数を選ぶ(2or3で選べます。)
6)自動ゲイン補正を設定する。(1/撮影コマ数分だけ撮影画像を減感して合成。明るい場所で撮影する場合は白飛びを抑えることができそうです。)

という感じです。RAWで記録できるので現像作業は普段と変わりません。今回の2枚は2回の多重露光で自動ゲイン補正はオフにしています。
フラッシュはカメラ内蔵のものでもいいですが、長いレンズだとフードによるケラレが出る可能性があるのでフードを外すかクリップオンストロボをつけるなどしたほうが良いかなと思います。

では。


写真 ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント