NEEWERの円形ソフトボックス(40cm)を買いました。

実験機材絶対ぶっ壊れてる気がした今日でした。もうわけわからん。

タイトルにもありますが、ソフトボックスを買いました。
P1198255.jpg

アマゾンで1300円くらいでした。装着イメージはこんな感じです。直径が40センチなので結構大きいです。

DSC_4104.jpg
まずはその外観から。ケースが付属していてそのときは結構コンパクトです。それこそ、カメラバッグの隙間に入りそうな大きさですね。ただ、1300円程度のソフトボックスの付属品ですし、すぐ壊れそうですけどね。壊れないように大切に扱います。

というのも…

P1198254.jpg
ソフトボックスを展開した際の大きさが段違いなんです。さすがにケースなしで持ち運ぶのはちょっと骨が折れそうですね。まぁ、めったに持ち歩くことはないかなと思いますけど。
このソフトボックスの中には形状記憶合金か何かが入っているので、畳んだり展開したりをすることができます。畳み方はYoutubeなどでレフ板の畳み方などで検索をしてもらえれば見つけることができるかと思います。すこしコツがいりますが、慣れてしまえばすぐできるようになります。外で使うことを考えても何度か練習してマスターしておきましょう。

DSC_4110.jpg
ソフトボックスの下のほうにはこのような口があり、そこにストロボを差し込みます。中にストロボを固定するためのバンドがありますが、留めるのはちょっとコツがいります…というか、うまく留めれません(汗
もう一つのゴムバンドとマジックテープを使うほうは簡単にできますし、そちらだけでも十分かなーと思います。ただ、小さいストロボだと抜けてしまうかもしれません。

DSC_4111.jpg
光がちゃんと全体に回るかどうか心配だったんですが、無事全体に回ってくれました。上のほうに少し影が出ていますが、ソフトボックスをちゃんと広げれていなかったため内部の銀沙の影が出ているだけです。人物撮影等ではあんまり影響はなさそうですが、反射のあるものを撮るときには影響が出そうなので少し注意が必要ですかね。

P1198256.jpg
というわけで、さっそくこんな感じの適当な撮影環境で試し撮りです。
カメラ:D7200
レンズ:Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5
絞り:F8
SS:1/200
ISO感度:200
スピードライト:SB-800
でソフトボックスの有無・レフ板の有無の違いのみで撮影しています。また、効果をわかりやすくするために部屋の照明を消して撮影しています。
1)ソフトボックスなし(SB-800付属のバウンスアダプタを使用)
DSC_4127.jpg
(レフ板なし)
ある意味一番手間のかからない撮影方法です。被写体の右前方から光を当てているので左後方に影が伸びていることがわかります。
陰影が強くつくのが特徴です。

DSC_4131.jpg
(レフ板あり)
続いて上と同じ設定でレフ板を使用しました。左側にレフ板を設置しているので、こころなしか影が薄くなっていることがわかります。

2)ソフトボックス使用
DSC_4124.jpg
(レフ板なし)
続いて今回購入したレフ板を装着します。バウンスアダプタは取り外しています。光源の大きさが違うのでバウンスアダプタを使用した写真に比べても影がずいぶんと柔らかくついていることがわかりますね。特に前髪の影のつき方が全然違うことがわかります。

DSC_4123.jpg
(レフ板あり)
最後はレフ板を付けた状態の写真です。後ろにのびる影もほとんど消えて非常に柔らかい光が当たっていることがわかります。

ソフトボックスは効果があるとは知っていましたが、1300円ほどでこんなに変わるものとは思いませんでした。ちなみに、今回購入の参考にしたのはこちらのブログの記事です。(てーへんカメラマンの日々:クリップオン用円形ソフトボックス)


最後は先ほど紹介したブログでもされていた撮影方法でキムチを撮影してみました。(単に冷蔵庫に中途半端なキムチがあっただけです)手持ち撮影なんでアングルが違いますがお許しください。

DSC_4133.jpg
(D7200,Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F5.6,SS1/160,ISO200,55mm)
まずはバウンスアダプタを使った状態で。普通ですね。というか、立体感にかけて何を撮ったのかいまいちわかりません。

DSC_4136.jpg
(D7200,Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F8,SS1/160,ISO200,55mm)
続いてソフトボックスを使用して撮ります。角度の違いもありますが、そもそものストロボ光の入射角が違うので立体感や艶めきが生まれて同じキムチを撮ったものとは思えない質感になりました。いやー、偉大ですね。ソフトボックスは。

ちょっと大きいですが、1300円でこれが買えるなら1個持っておいて損はないなーと思いました。

DSC_4137.jpg
ちなみにアマゾンから送られてきたときはいつものアマゾンの箱にいつもの梱包がされたうえで、こういうビニール袋に入った状態で送られてきました。説明書などそういうものも一切なく、これだけです。まぁ、1300円ですしこんなもんでしょう。



あ、あと注意なんですけど、天井バウンスの首振りができるストロボ(スピードライト)じゃないとこのソフトボックスは装着できません。それだけは購入する前に注意してくださいね。

では~。


カメラ ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント