久々に酒の店もりしたへ。

艦これイベント進捗はE2まで終わりました。甲→乙です。E3は甲でいけたらなーと思いつつ、そこまでやる気があるかは微妙…まぁ、ぼちぼちやってくんじゃないんですかね。

さて、今日は知り合いの誘いもあって鳥羽の酒屋、酒の店もりしたへ行ってきました。これまでにも何度か触れたのでお店の外観とかはまぁいいでしょう。クリスマスイベントから約2か月ぶりのもりしたとなりました。

どんな感じかは鳥羽の日のときの記事を見ていただければわかるかな。クリスマスの記事は起こしてませんでした。まぁ、今更起こすつもりもありませんがw

いつも通り1本購入です。何を買ったかは続きから。

DSC_5592.jpg
今回買ってきたのは岩手県大槌町の赤武酒造のAKABU(赤武)です。赤武を知ったのはかれこれ1年とちょっとくらい前なんですが、その香りの高さや味わいなど多くの点で一瞬で引き込まれました。以来、もりしたにイベント以外で行くときは赤武を買おうと思っていのですが、なぜか毎回違うのを買って帰ってくるので(※在庫がないわけではないです)、買って帰るのは案外初めてだったりします。

赤武は若手の杜氏が作ったということで最近注目を浴びています。しかし、それ以上にその味があってこそ注目を浴びているのだと思います。今後、要注目ですね。津波で酒蔵が流されたという苦い過去がありますが、それにも負けずに蔵を立て直し岩手を、いや日本を代表する一本だと私は思います。機会があればぜひお手に取っていただきたいですね。

ちなみに、今回の赤武吟ぎんがはまだ飲んでないので味の紹介はまた今度^^;


撮影セットは黒バックにして左側にSB-800+バウンスアダプタ+5mm厚プラ板、右側にNW-988+円形ソフトボックスです。左右不均等で気になりすぎるので今後も要研究ですね。

せっかくセットを作ったのでもう少しだけ遊ぶことにします。

DSC_5606.jpg
先日購入したAndoerの多機能ソフトボックスでスヌートライティング。スポットライト的に扱えるのは良いですね。

DSC_5624.jpg
もう一発スヌートで。手前にNW-988+円形ソフトボックスを入れることでラベルにも光を当てています。

DSC_5636_20170218023155dbd.jpg
(左灯:SB-800+Andoer多機能ソフトボックス+5mm厚プラ板、右灯:NW-988+円形ソフトボックス)
津軽ストーブ列車のお酒?
実家から送られてきたお酒。津軽鉄道の冬の風物詩にストーブ列車があるんですが、それでふるまわれてたりするんですかね?瓶が小さいと撮影が楽ですが、商品写真のようになってしまって笑ってます。ただ、今見返すと瓶内部が少々暗いので下から照明を入れるべきだったかもしれません。

DSC_5646.jpg
(左灯:SB-800+Andoer多機能ソフトボックス+5mm厚プラ板、右灯:NW-988+円形ソフトボックス)
そういえば、クリスマスイベントで買った而今、まだ飲んでないや…おいしいうちにあけたいことはあけたいんですが、而今を一人で開けるのは贅沢すぎてちょっとできませんw

DSC_5683.jpg
(左灯:SB-800+Andoer多機能ソフトボックス+5mm厚プラ板、右灯:NW-988+バウンスアダプタ+5mm厚プラ板)
花泉酒造・ロ万。こちらもクリスマスのときのもの。結構甘めなので肴を選びますね…どんな肴にしようか検討中。

而今のときは気にならなかったのですが、左右の光源の形が違うせいで瓶への光の当たり方が左右不均等で気持ちが悪いです。なので、ちょっと当て方を変えてみました。

DSC_5692.jpg
(左灯:SB-800+Andoer多機能ソフトボックス+5mm厚プラ板、右灯:NW-988+バウンスアダプタ+5mm厚プラ板)
ラストは再び赤武です。早く飲みたいなぁ…

映り込みはだいぶ改善されましたが、それでも左右の不均等は解決されず。もう少し検討が必要ですね。あと、円形ソフトボックスに比べてAndoerのソフトボックスはフラッシュ部の当て布が大きいおかげか強い点光源が瓶に映り込むということが少ないので、扱いやすいというのは意外な結果でした。

それではまた。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント