お酒の記憶

記録といったほうが正しいのか…もりしたで買ったお酒を不定期で飲む。これが最近の楽しみです。どんな感じだったとかそいういうのん兵衛の記録なのであんまり深いことは書けません。悪しからず。(というか細かい部分の記憶は消える

昔は一発目はとりあえずビールみたいな感じで缶ビールあけたりしてたんですが、いつの間にやら一発目から日本酒を飲む会になりました(笑)最近は2人ですが、多いときは4人くらい。

DSC_5709.jpg
福島県 豊国酒造 一歩己(いぶき) うすにごり
写真は開栓後。うすにごりということでちょっと白いです。開栓する前は瓶の底に白いおりがしずんでおり、それを静かにひっくり返しておりが全体に広がる姿は非常にきれいです。それこそ、粉雪が舞い落ちるよう。開栓する前から目で楽しむことができます。

精米歩合は60%の純米酒。うすにごりということでおりは少な目ですが、そのおかげか、味は酸味が少し利いていて非常にさっぱりしています。食中酒としてはなかなかの相性の良さを感じます。にごりというと肉系が似合うイメージですが、これは魚でも十分いける感じですね。一口含むだけで口の中に残っていた食べ物の味を洗い流せるのでまた新鮮な気持ちで次の食べ物を味わえます。

そのさっぱりさ故か、杯が進む進む。四合瓶はあっという間に空っぽになります(笑)
この一歩己は四合瓶1本で1200円程度と非常にリーズナブルなのも魅力です。また、こちらの蔵人も若手ということで今後注目の酒蔵と言えるでしょう。一歩己を知ったのも赤武と同じくらいの時期ですが、飲んだ時から推しの銘柄です。

ちなみに、この時見ていたテレビ番組はAmazonプライム限定チャンネルの「石ちゃんのSAKE旅」芸人の石塚英彦さんが各地の名酒と名料理を飲んで食べてのグルメリポート番組ですが、課金チャンネルの相当ニッチな番組ということもあって非常に内容が濃いんですよね。酒蔵探訪から酒の紹介、地物料理と地酒。最高のコンビネーションです。

と、話がそれました。1本目があいてしまったら、そりゃー2本目です。

DSC_5711.jpg
栃木県 株式会社せんきん 仙禽 亀ノ尾
福島県のお隣、栃木県のお酒。お隣とはいえ、距離自体は100km以上離れていますし、酵母、水、空気、米…何をとっても違うので、隣の県だから似ている。ということは全然ありません。口に含んだときの味は日本酒という感じではないんですが、喉を抜けていくときには日本酒の後味がある不思議な日本酒です。先ほど飲んだ一歩己に比べれば自己主張が強いのですが、決して邪魔をするような味でもない。生魚との相性が良いお酒だと思います。


写真では普通のグラスではなくワイングラスに注いでいますが、これが正しい飲み方です。若い兄弟で酒を造り、兄がソムリエの資格を持っているという少し変わった酒蔵ですが、それもあって日本酒らしからぬ味が出てくるのかなーと思います。


見ているテレビはこのすば2期。

このあと、3本目に作の奏の智をあけますが、まぁ定番商品だしいいやーってことで写真はないです。作は三重県のお土産としていい日本酒ですよ。手に入るし。(而今のほうが勧めたいけど手に入らん)酒の店もりしたでも1番人気の日本酒みたいですね。もりしたでは神の穂を使った作を扱っているのでそちらもぜひぜひ。


本日の撮影機材はD7200とAF-S NIKKOR 50mm f/1.8G。コンパクトで使い勝手がいいんです。まぁ、それにSB-800+AndoerのソフトボックスをSC-17経由でつないでいるんで結局でかくなるんですけどね。AndoerのソフトボックスはNEEWERの円形ソフトボックスに比べて取り回しがいいので結構便利です。


おまけ(撮ったはいいものの、出番もなさそうなのでここで放出です)
DSC_5387.jpg
先週、名古屋でインターンシップに行った帰りに栄NikonのSCに行ってきました。メインの目的はAi Micro-Nikkor 55mm f/3.5のピントリングのグリスアップが今でもできるかどうかの確認です。できるようそうなので、そのうちお願いしに行く予定です。(本当は今すぐにでもやりたいところなんですが、さすがに8000円の出費はちょっと今の時期は痛いので…)

写真はNikonの誇るフラッグシップ機D5にAi Micro-Nikkor 55mm f/3.5を付けた様子。今でもしっかり写るというのは、それだけ当時の光学設計が優秀だったということなんでしょうね。D5という大柄のボディにこの小柄なレンズを付けるとなんだかでべそみたいです。D5とAi Micro-Nikkor 55mm f/3.5は年齢にすれば40歳近く離れているボディとレンズなんですが、それでも問題なく自動露出や開放測光が使えるのはNikonの誇る最高のテクノロジー。これからも大事にしてほしい技術ですが、100周年を前にNikonDLの発売中止や大赤字、自主退職など暗い話が続いているので少し心配です。まぁ、三菱金曜会に入れるくらいにはパワーを持っている企業なので大丈夫だとは思いますけどね。

では。


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント