鈴木亜久里VS土屋圭市!夢のバトル(の予定でした)(鈴鹿ファン感謝デー

久々にHDDレコーダを起動したら残り録画時間がやばいことになってました。まぁ、最近は家にいる時間のほとんどが睡眠か就活になってるので見てる余裕がないってのもあるんですけどね。(再放送は気楽に見れるので見てますけど)

今回の記事は
#8 ARTA NSX-GT(ドライバー:鈴木亜久里)
#55 ARTA BMW M6 GT3(ドライバー:土屋圭市)
のみの登場です。
DSC_6632.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,500mm,※トリミング)
当初の予定では鈴木亜久里選手がARTA CR-Zに搭乗してバトルをする予定だったのですが、前回の記事でも書いたようにCR-Zがトラブルで出走できなくなったため、急きょデモランへ置き換えとなりました。うーん。残念。

トリミングをして、大体換算1000mmくらいになってるかなと思います。こういう抜き方をするんだったらロクヨンに1.4倍エクステンダーをつける必要がありそうです。まぁ、そんだけ伸ばすと陽炎の影響を避けにくくなるのであんまりいいチョイスとは言えなさそうですけど。

DSC_6636.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,500mm)
デモランということでNSXはちょっと抑えめのスピードで走ります。

DSC_6642.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,500mm)
1~2コーナーを狙えますけど、遠いなぁ…この時期は芝が青くないので見栄えがよくないですね…とはいえ、芝生が生えそろう時期は陽炎が…悩ましいなぁ。

DSC_6653.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,500mm)
1~2コーナーの内側には激感エリアがあります。激感エリアの人を手前に入れて流すとちょっと面白いかなと思って撮ってみました。もう少し構図を考えると鈴鹿サーキットらしい写真を撮れそうですね。

DSC_6661.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,500mm)
もう少しSSを落として攻めた流し撮りをしたいなぁと思いつつも、打率を考えたり小絞りボケを考えるとなかなか攻めれないのが現実ですかね。特に、まだ塗装が間に合ってないテスト仕様はなかなか撮れませんからねぇ。小絞りボケはNDフィルターで解決できるので、ND4かND8を買おうかなぁ。ただ、レンズが暗いのでァインダーがどこまで暗くなるかが心配ですね。

DSC_6677.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F13,SS1/160,ISO100,500mm)
鈴木亜久里&土屋圭市のデモランはここまで。チェッカー後のクールダウン走行は少し保険をかけたSSで撮っておしまいです。

現役時代を彷彿とさせるバトルこそは見れませんでしたが、走りはいまだに現役です。


土屋圭市さんが若いころの映像がYoutubeのHotVersionのチャンネルにあがっているので暇なときとかたまに見てますがやっぱりドライビングの無駄のなさは素晴らしいですよね。あんな感じに運転してみたいものです。

では~。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント