引き続きドリームラン。年代混走ならではの光景を見れました。(鈴鹿ファン感謝デー2017)

けものフレンズ11話…いやにシリアスな流れになってきたなぁとは思いましたが、やはりそうきたか…なんてこった。


小牧基地オープンベースの記事書きてぇなぁとか思ってたんですが、前々回の記事で複数台のバイク写したよって言った手前そうするわけにもいかないので、鈴鹿ファン感を書きます。
DSC_6736.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/320,ISO125,500mm)
#4 ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45(玉田誠
#4 チーム・キャビン・ホンダ VTR1000SPW(宇川徹
このドリームランはいろんな年代のバイクが一緒に走るわけですが、思わぬ形でネタを1枚撮れました。どちらも4号車です。1つのレースで同じゼッケンのマシンが走ることはありえないわけですから、こういう企画走行ならではのカットといえますね。

DSC_6741.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/320,ISO125,500mm)
#634 MuSASHi RT HARC-PRO、F.C.C. TSR Honda、MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR(高橋巧
2013年・2014年に鈴鹿8耐を連覇した634号車。メインスポンサーの武蔵精密工業からゼッケン番号は634番です。CBR1000 RRは2004~2006年、2008年、2010年~2014年に優勝と圧倒的な強さを誇ってきました。ここ2年はヤマハに押され気味ですが、新車と今年は導入するということなので、活躍が楽しみです。地元ホンダの復権、待ってますよ!

本社を豊橋市に構える武蔵精密工業株式会社。ちょっとした縁があって武蔵精密工業さんの本社へ足を運んだことがあるのですが、事務の建物に入ってそうそう634号車(優勝モデル)がお出迎えしてくれます。その写真はないですけどね^^;

DSC_6751.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/320,ISO125,500mm)
#72 MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000 RRW(清成龍一
モリワキの青と黄色がきれいな72号車。モリワキの本社って鈴鹿サーキットのすぐ近くにあるんですね。ショップがあるなーとは思っていましたが…

モリワキといえばモナカ管がありますが、そこから生まれたのか「モリワキもなか」というお菓子もなぜか販売している変わったメーカーです。ちなみに受注生産で、モリワキのHPにはちゃーんと部品番号が掲載されています(笑)買ったことがないのでわかりませんが、取扱説明書もちゃんとついてくるようです。(鈴鹿サーキットのお土産コーナーでも購入可能です)

DSC_6756.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F9,SS1/320,ISO125,500mm)
#5 F.C.C. TSR Honda CBR1000 RR(アラン・テシェ
3たびCBR1000.F.C.C.ってどんな会社なんだろうって調べたらクラッチメーカーなんですね。

DSC_6766.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F13,SS1/125,ISO100,500m)
#4 ラッキーストライク・ホンダ RVF/RC45(玉田誠
1週してきたようです。4号車同士の走行は相変わらずですが、ちょっと距離が離れました。カメラのセットも流し気味の方向へ切り替えたので後ろの4号車はぶれています。

DSC_6783.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F13,SS1/125,ISO100,500m)
#72 MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000 RRW(清成龍一
やっぱり、このくらい流したほうが迫力がありますね。もうちょっと攻めたいところですけど、打率も落ちますし絞りすぎになるのでこんなもんかな。ND8あたり必須ですねぇ。

DSC_6795.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/125,ISO100,500mm)
CBR1000 RR(W)が3台並びました。これはバランスよくまとまったかなーと思います。

D7200ではこれまでAF-C ダイナミック9点モードで撮影していましたが、今回は3Dトラッキングで撮影しています。結構使えますね。最初にちゃんと当たりをつけておけばフレームアウトするまで追い続けてくれるので便利です。その一方でたまに後続にピントがもってかれる時もあるのであくまで意識は最初の測距点というのは忘れないようにしたいところですね。

DSC_6826.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/160,ISO100,500mm,※トリミング)
#1? YAMAHA YZF-R1M ヤマハ・ファクトリー・レーシング(中須賀克行
2015年、2016年と連覇をしたヤマハ。世界選手権でも優勝を重ねており、今一番勢いのあるメーカーなのではないでしょうか。そして、ライダーは中須賀選手。この前の8耐で初めて8耐というものに触れましたが、中須賀選手の走りは圧巻でした。一発で名前を覚えれましたもん。ゼッケンは本来ならば21ですが、2連覇を祝してか1号車になっていました。

ここまでホンダのバイクだけでしたが、ようやくヤマハのバイクも登場です。ま、ホンダのおひざ元でやっている以上は仕方ないかな。

DSC_6831.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F11,SS1/160,ISO100,500mm)
#12 ヨシムラスズキMOTULレーシング SUZUKI GSX-R1000(津田拓也
ヨシムラスズキといえばあの赤色が目印ですが、今回は間に合わなかったのかカーボンむき出しで登場です。ただ、個人的には良さみが深いのでベリーオッケーです。

というわけで、短い時間でしたが8耐ドリームランも終了です。さて、次はGTデモレースにするかそれとも一回航空祭にするか…そもそも更新する時間があるかびみょーですが、気長にお待ちくださいな。では~


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント