学内の桜を撮ってこよう

太平洋ベルトのあたりで開花宣言をよく聞きますが、三重県はなんか遅いんですよね。ただ、学内の桜もぼちぼち咲いてきたのでちょっとだけ撮ってきました。まぁ、ぎりぎり入学式のタイミングに間に合いそうな感じだなーってレベルです。

DSC_8989.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F5.6,SS1/500,ISO100,200mm)
まずは少し高いところに咲いていた桜から。さすがに55マイクロで撮るわけにもいかないのでこっちを使いましたが、これがほぼ最短撮影距離のようです。70-200mmF2.8G IIは寄れないことでおなじみですが、こんなにも寄れないもんなんですねぇ…あんまりそういう使い方をしないので少々衝撃というか。まぁ、これ以上寄れたところでそもそも高さがあってどうしようもないんですけどね。

この桜はそうそうにあとにして別の桜を狙うことにしました。

DSC_8995_20170407020336e97.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F8,SS1/320,ISO500,55mm)
まぁ、やっぱりこっちが王道ですね。まだちょっと早かったせいかつぼみも多かったです。

電子接点を持たないレンズなので、接写をしてもF値は実効F値ではなく、通常のF値表示になります。そのため、最初は露出の計算を間違えてかなーりアンダー気味な写真が撮れていました…まぁ、内蔵露出計がややオーバー気味になるように撮影すれば問題ないんですけどね。

DSC_8998.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F8,SS1/320,ISO640,55mm)
こっちは咲いてます。そういえばニコンのカメラには桜モードが搭載されているのにも関わらず使ったことがありませんね。今度は別のレンズで桜モードを試してみようかと思います。

DSC_9011.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F8,SS1/1000,ISO250,55mm,SB-800使用)
ハイスピードシンクロを使って撮影です。桜自体は下向きに咲く花ということもあって割と影がかかりやすいんですよね。というわけでスピードライトの出番となります。まぁ、周りから見たらめっちゃ明るいのにフラッシュ炊く頭のおかしい人ですけどね。

DSC_9015.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F8,SS1/1000,ISO250,55mm,SB-800使用)
このレンズの特徴という感じでもあるんですけど、ボケはちょっと固め。この辺は現行のナノクリ60マイクロやマクロプラナーには勝てないなぁと思う部分です。安いんだけどね。

マニュアルレンズで左手にはSB-800を持っている関係で、撮影距離だけ決めてあとは体を前後に動かしてピントを合わせる感じになります。
DSC_9023.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F11,SS1/640,ISO640,55mm)
最後は再び自然光だけで。まぁ、これはこれで。指写ってるけどね()このレンズはフードがないのでたまに写ります。油断大敵ですね。

おまけ
DSC_8978.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F5.6,SS1/100,ISO200,55mm,SB-800,TT685N)
朔日餅の桜餅。今月も出番がなさそうなのでここで消費しときます。今回は背景紙にピンク色の紙を買ってみました。いつものように朔日餅のパッケージを背景にするのもいいですけど、これはこれで。やっぱり、ある程度のクオリティを求めるならある程度の投資はあったほうがよさそうです。


では~


写真ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント