今日も学内の桜を求めて。

鈴鹿ファン感とかオープンベースとかハスキー雲台とか書きたいこといろいろありますが、桜の写真くらいはシーズンに合わせたいので…あと、学内もそうですが市内の名所もぼちぼちいい感じみたいですね。

DSC_9078.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F11,SS1/200,ISO100,55mm,SB800+アンバーフィルタ)
思いっきり朝日を受けたような感じで撮ってますけど、アンバーフィルタをスピードライトに噛ませているだけなので、実際はお昼に撮影しています。F11まで絞っている関係もありますが、やっぱり背景はざわざわ気味。こういうのは苦手なレンズですかね。

昨日の記事と同様、右手にカメラ左手にスピードライトという撮影体系のためピントリングを回せません。こういう撮り方をしてるとAFの使える純正105mmマイクロとかほしくなりますね。現状、MZD60mmマクロを下取りに出しても全然届かないので買うことはないと思いますけど。

DSC_9097.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F11,SS/1000,ISO200,ISO200,55mm,SB-800使用)
昨日に比べて暗めの天気だったので背景を落とすのは簡単でした。ただ、光の当て方が難しいなぁ。影のつき方がちょっときついかなと思います。

DSC_9101.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F11,SS1/1000,ISO100,55mm,SB-800使用,※トリミング)
背景は完全につぶして。でも、下のほうの桜が陰っちゃったのでやっぱりなんか気に入らないなぁ…

DSC_9106.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F5.6,SS1/200,ISO200,55mm,SB-800使用)
花系でも流行りはこういうのかなーって思います。もうちょい背景溶けてくれるといい感じなんですけど、咲き具合とかを考えるとこんなもんかなぁ。

P4078485.jpg
(E-PL6,OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm f/2.8 Macro,F2.8,SS1/800,ISO200,60mm)
そういえばすっかり存在を忘れていたE-PL6。最近はほとんど使ってません。同じく存在を忘れていたMZD60mmマクロを使います。絞り開放から使えるレンズなので、絞り開放でぼかして撮ります。AFがクソ雑魚なのでMF拡大表示が一番早いです。やっぱこのレンズはボケがきれいです。ボケの境目がなだらかというか。上のと比べても違うなーって感じです。

DSC_9113.jpg
(D7200,Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5,F11,SS1/800,ISO200,55mm,SB-800使用)
後ろから一発当てて。ただ、手前が陰りすぎな感もあります。レフ板とか使えばまた違うんでしょうけど、ワンマン撮影では無理ってもんです。

DSC_9123.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G,F9,SS/160,ISO400,50mm)
Nikonのカメラには桜モードなるものが搭載されていることを先日知ったので、使ってみました。モードダイヤルをSCENEに合わせてメインコマンドダイヤルを回して桜に合わせるだけです。どこのメーカーにもありそうなもんなんですけど、どうやらNikonだけの機能のようです。(D5やD800シリーズなど一部上位機種には搭載されていないオートモードです)

オートモードなのでファインダーを覗いてこんなもんかなってレリーズを切るだけで撮れます。難しいことを考えずに楽に撮れるのでいいですね。Lightroomで現像したらカメラプロファイルとか使えないのでこの機能の意味も半減してしまうんですけど、露出とかWBは勝手に合わせてくれるので便利です。

DSC_9130.jpg
ちなみに同じ写真をカメラ内RAW現像で打ち出したのがこれになります。(撮って出しJpegと同等)ニコンらしからぬ記憶色が出ています(笑)というか、RAW現像で追い込むよりもカメラに任せたほうがよっぽど好みな色が出るのって、自分のやってるRAW現像ってなんなんだろうって思うのでもう少しRAW現像頑張ろうと思いました…

あと、自分がブログに掲載する際は3000*2000サイズに圧縮して掲載しているんですが、これってD7200にとってはSサイズBASIC画質(一番の最小サイズ)と同じなんですね…つまり、このブログに掲載されている画像は最低画質と…なんだかなぁ。FC2はInstagramの画像を使えるっぽいので、そっちにアップしてからこっちに貼り付けるというのを検討したほうがいいかもしれませんね。

では~。


写真ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント