お伊勢さん菓子博に行ってきました。

終了間際に行ってきました。行ったのは金曜日の夕方。この辺りなら混んでないだろーと思ってましたが、駐車場の段階で結構苦戦させられるハメに…

DSC_0603.jpg

場所は三重県営サンアリーナ。普段は屋内スポーツやコンサートなどで使われている場所です。(ちなみに周囲にはマジで何もありません。)その駐車場とメインアリーナ&サブアリーナを使って今回のイベントが行われています。今回の菓子博会場に行く手段はいくつかありますが、今回は知人の自家用車で。本来なら公共交通機関を使うほうがよいのですが、五十鈴川駅や二見浦駅がちょっと遠いしシャトルバスが鬼混みということを考えてもあんまり…という感じです。

※お伊勢さん菓子博2017は5/14(日)まで

DSC_0605.jpg
実は、当初の予定では行く予定がなかったので前売り券なるものなどは買っていません。ということで、当日券を購入しましたが、2000円って高い…菓子買うだけなのにそんだけ取るのかよ!って思いましたが、案外違いました。

DSC_0606.jpg
入場するとまずは抽選権が渡されます。菓子博が始まる前に話題となった復刻版赤福&祝い盆(白い赤福)はイベント開始直後から即完売になってしまうという爆発的人気の状態だったのでGW前に抽選販売へと変更されました。ちなみに、写真は撮り忘れましたが復刻版赤福が当たりました。

DSC_0613.jpg
会場内特設ブースのみでこの復刻版赤福の購入が可能です。お値段は12個入りで1100円。通常の赤福と変わりません。

すでに入場料だけでそれなりの出費をしているのであまりお菓子を買う余力は財布にありません。というか、入場した時間も16時過ぎでお店によっては売り切れという状態でもあったのでとりあえずメインアリーナ&サブアリーナの展示を見ることにしました。

サブアリーナではお菓子を使った様々な作品が展示されていました。その中でも気になったものを紹介します。
DSC_0616.jpg

DSC_0621.jpg
東山動植物園のイケメンゴリラでおなじみのシャバーニくんとコアラ。
ちなみに、昨年の2月にシャバーニくんは撮影してたり。

DSC_0625.jpg
明るい背景にしてる作品が多い中、黒バックで渋さを醸し出していました。

DSC_0640.jpg
カエルの合唱

DSC_0635.jpg
もっと手前ぼかしてもよかったかも

DSC_0636.jpg
鳥ばっかり(笑)

もちろん、花とかもありましたが、個人的には鳥にばっかりひきつけられていました。

その後は一緒に行った人と合流してメインアリーナへ。

DSC_0646.jpg
サブアリーナの展示は様々な作品が集結していましたが、目玉と言えるメインアリーナの展示は各地のお菓子の紹介でした。各地といっても、特に三重県の伊勢市に重きを置いているのですが。このブースの感じも伊勢神宮っぽさを出しています。

DSC_0651.jpg
メインアリーナ展示の中でも圧倒的な存在感を出していたのが、この人形たち。製作期間はなんと1年半!すごいです。

DSC_0652.jpg
なんていったって、とくにかく展示範囲が広い!こんだけの人数の人形をよく作りましたね…

ちなみに、写真には吉田沙保里選手や鈴木英敬三重県知事などの三重県の著名人の人形も写ってます。探してみてくださいね。

DSC_0653.jpg
伊勢志摩の観光名所の一つ、夫婦岩もばっちり再現。波の質感もすごい…

DSC_0671.jpg
メインアリーナをあとにすると特設販売場には長蛇の列が。実は、復刻版赤福は抽選販売分が余っていれば17時以降に自由に買うことができます。それの購入をするために並んでいたんですね。ちなみに、冒頭に出てきたテントの写真がありましたが、あの時点でも相当な列でした。(それは16時過ぎです)

まぁ、私は当選してたので並ぶことなくサクっと買えましたけどね。このあたりで会場をあとにし、一緒に行った友達とバイトに行ったとさ。

~復刻版赤福~
DSC_0681.jpg
復刻版ということで、パッケージのイラストがちょっと違います。昔はこんな感じだったんですね。

DSC_0690.jpg
ここは同じです。

DSC_0696.jpg
ご対面。見た目は普通の赤福とあんまり変わりませんが、黒糖を使っている関係があって味も色も濃い目。感覚としては8月の朔日餅の八朔粟餅に近いんですが、こちらのお餅は粟餅ではなく普通のお米のお餅です。個人的には八朔粟餅のほうがおいしいです

とまぁ、よくまぁ短い時間で行ってきたなとは思いますがなかなか楽しかったです。でも、人が多いし割と行くのは勘弁かな…w

では。


人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント