久々に飛車を振ってみる。

久々に将棋ネタ。まぁ、指してはいるんですけど、なかなか書く気力が出ないというか。そんな感じです。

1局目(▲私-△相手)
2017-05-18a.png
▲石田流三間飛車-△銀冠
今日は1年生くんたちと指しました。将棋のほうは私の石田流三間飛車になりました。高校のころはよくやりましたね。普通に組み合うと銀冠穴熊に組まれて面白くないので▲3九玉型で速攻をかけれるようにしておきます。△9四歩はいわゆる居飛車の税金と呼ばれる手ですが、この場合はちょっとぬるいと思います。図以下、▲2五歩△同歩▲同桂△4四角▲6五歩△同歩▲7四歩△7二飛▲4五銀△7七角成▲同桂△7四銀▲5五角△3三桂…と進みました。

最後の△3三桂では△1二玉として粘りたかった気がします。まぁ、正直なところ▲6五歩に△2四歩みたいな手でも全然自信のない恰好なのでちょっと無理したのかもしれません。

2017-05-18b.png
ここまで進むとさすがに振り飛車が相当いいです。最後の▲3五歩は△2六桂のような手を消しながら▲3四歩や▲2六飛を見た攻防手。ここから何も考えずに攻め続けて勝ちました。

後輩君曰く、右四間をやろうと思ったらしいのですが石田流を見て諦めたそうな。後輩君や。山本流を勉強しよう。

2局目(▲相手-△私)
2017-05-18c.png
▲三間飛車-△居飛車穴熊
今度は私が居飛車で。鳥とか右玉でもよかったんですが、穴熊の気分でした。▲6五歩にスキあり!とみて△8六歩▲同歩△同角▲8八飛△8七歩▲同飛△7五角▲同歩△8七飛成▲8八歩と進めましたが龍を作っても歩損が面白くない。△8六歩では△5一金や△5三銀と自陣に手を入れる展開が勝りました。

2017-05-18d.png
少し進んで。この歩を取りきるつもりで△4四歩としましたが疑問でしたね。▲3三歩成△同銀▲2五角。この角打ちが痛い。△5一金と逃げるよりありませんが、▲1四香の間接王手飛車が飛んできます。仕方がないので△同龍▲同角△1三歩▲4七角△3四桂…とごまかしにかかり、勝ちました。

図では△4四歩ではなく△2四歩から受けるべきでしたね。

3局目(▲私-△相手)
私の石田流に△4四歩型の高美濃。どうも棋譜のつじつまが合わないので局面図は省略です。途中ちょっと負け気味でしたが、まぁまだまだ1年生では私の粘りは突破できないでしょう。勝ちました。


そんな感じです。右玉や鳥刺しからこういう堅い玉で攻める展開をやると楽で仕方がないです。やっぱ堅さは正義ですな。

では。


将棋ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント