あっという間の1時間。(鈴鹿2&4練習日

なんだかんだで100個目のモータスポーツカテゴリーの記事です。鈴鹿のS耐まであと1か月も切ったことなので早めに2&4の記事は書き上げていきたいところ。あと、鈴鹿サーキットの撮影ポイントと持ち物の記事についても早めにブラッシュアップしていきたいなと思います。せっかくS耐の前に西コースの偵察も行けましたからね。

DSC_0301.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F13,SS1/100,ISO100,500mm)
#16 TEAM MUGEN/山本尚貴
16号車は何度も掲載した気がするのでもう今更とくには…

打率が下がり始める1/100秒のシャッタースピードです。この写真はヘルメットにバシっと追従が決まったいいカットかなとおもいます 。

DSC_0318_20170518015006d04.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/640,ISO160,500mm)
#3 KONDO RACING/N.キャシディ
ニュージーランド出身のニック・キャシディ選手の乗る3号車。あまり名前を聞いたことがないドライバーさんだなぁと思ったんですが、日本国内のレースに参戦するのは今年が3年目。(2015年度F3チャンピオン、2016年度GT500シリーズ5位)ニュージーランド国内レースでも好成績を残しているので日本のトップフォーミュラでも成績を残す日は近いと思います。

さて、何を思ったかシャッタースピードは1/640という高速シャッター。(まぁ、去年は1/1000とか切ってたけど)それでもタイヤはある程度はぶれてくれるようです。撮影に慣れていない人ならこのくらいのシャッタースピードで撮影するのもいいかもしません。一般的な望遠ズーム(AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VRやEF 70-300mm F4-5.6 IS USMなど)でも天候によりますがF8,ISO200くらいで実現できるシャッタースピードです。

DSC_0321.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/640,ISO160,500mm)
絞りは解放絞りから2/3段絞ったF7.1.このレンズはF11くらいをピークに絞れば絞るだけ画質が上がっていく感じのレンズなのでできれば解放絞りから少し絞って使いたいレンズですね。(もちろん、解放から実用的な写りですが)さすがに500mmの背景ボケはかなり大きいのでずいぶんと立体感があるように感じます。

DSC_0323.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F7.1,SS1/640,ISO160,500mm)
#2 P.MU/CERUMO · INGING/石浦 宏明
1号車と2号車の違いは美羽ちゃんくらいしかないと思ってたんですが、よく見るとフロントウイングの塗装(ステッカー?)が違ったりします。2号車はオレンジ色のラインが入っていますが1号車は黒色だったり。同じチームで似たようなカラーリングをしているマシンがいるときはそういう違いを探すのが面白いです。

DSC_0347.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F8,SS1/500,ISO160,500mm)
#8 SUNOCO TEAM LEMANS/大嶋 和也
1/3段シャッタースピードを速めたくらいではあんまり印象は変わりません。ところで去年の鈴鹿1000kmのあたりくらいから逆バンクはここでしか撮ってないような気がするのでいい加減ちょっと撮り方考えようかな…って思いますね。昨年の鈴鹿公式テストのアングルとかも見直すと結構かっこいいので。(柵の問題とかありますが)

DSC_0366.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F10,SS1/250,ISO100,500mm)
#50 B-Max Racing team/小暮 卓史
ホンダのエースドライバー、小暮選手。自分がGTにはまったあたりからずーっと一線に立ち続けているドライバーの一人ですね。脇坂寿一選手と伊藤大輔選手の3人で菅生のホームストレート3ワイドなど伝説のレースでおなじみです。

小暮選手の名言といえば「後ろから正面衝突」

DSC_0375.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F10,SS1/160,ISO100,500mm)
APS-Cで500mmの場合はコーナー入り口あたりでちょうどいい大きさになる関係でCP付近ではちょっと近すぎるかも…って感じます。フルサイズのD4だとこのくらいの位置がちょうどいいかもしれません。この辺はこれまでの撮影イメージからうまくつかんでいきたいなーって思ってます。(いろいろ考えたところで一番いい大きさになったところでシャッターを切るっていうのはたぶん変わりませんしね)

DSC_0383_2017051801502582d.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR,F10,SS1/160,ISO100,500mm)
なんだかんだで1時間のスーパーフォーミュラの練習走行は終了です。あっという間でした。逆バンクはしばらくおなか一杯かな…という感じですね。今回の記事は1/100~1/640までの様々なシャッタースピードの写真がたまたま並んだので、撮影イメージの参考になったらいいなと思います。

次回からは撮影場所をちょっと移動してJSB100の練習走行です。8耐のときは逆バンクと最終コーナーくらいでしか撮影をしておらず、2輪のアングルのバリエーションが非常に少なかったので割と楽しみでもあります。

では。


モータースポーツランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント