Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDを買いました。案外悪くなさそうです。

今日はOBの先輩が将棋部に遊びに来ました。30秒将棋ですが、勝つことができました。なかなか苦手としてる先輩に勝てたのでうれしいです。

さて、前回の記事の冒頭でも触れましたがニコンの広角ズームレンズAi AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED(18-35D)を購入しました。マップカメラ並品でポイント使用で22500円くらいでした。

DSC_2935.jpg


※5/30追記:記事の最後のほうにレビューのリンクを追加しました。

購入に至った経緯ですが至極単純で「広角がほしいから」です。メインの撮影はモータースポーツなどの動きモノなのでどちらかというと望遠が主体になってましたが、いくらなんでも50mm始まり(DXレンズを入れれば換算27mm始まりですが)の運用は何かと不便です。それに、遠出する用事があるので…といくらでも理由はつけれます(笑)

DSC_2943.jpg
今回購入したレンズ「Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED」ですが、Dタイプレンズということでフィルムカメラ時代に販売されていたレンズとなります。現在ではAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDというレンズが後継のレンズとして発売されています。本当はそっちがほしかったんですが、価格差が大きいので諦めました。3~3.5万ぐらい違います。(16-35 F4Gは値段のわりに写りが微妙だしタムロン15-30VCとかニコン14-24Gは出目金でフィルターが使えないということで購入対象にはなりませんでした。)

DSC_2945.jpg
そういえばまともな広角レンズを所有するのは初めて。これまで持っていた18-70G(DX用)やMZD14-42はどちらも標準ズームレンズです。18mmをカバーする広角レンズということもあって前玉はやや出気味。そのくせフードはかなーり浅いので運用には神経を使います。プロテクターをつけておいたほうが無難そうですね。

DSC_2948.jpg
名前の通り、このレンズはAF用のモーターを搭載していません。そのため、ボディ側のAFモーターでAFを利かせます。よって、現行のD3000シリーズやD5000シリーズではAFを使うことができません。D3300/D5500まではマニュアルフォーカスで絞り優先オートが使えたのですが、D3400/D5600になってDタイプへの互換切りが行われたので絞り優先オートも不可能となります。(マニュアル露出は可能。もっとも、そのクラスのカメラを使う人がこのレンズを購入/使用することは考えにくいですが)

DSC_2951.jpg
Dタイプレンズは絞り環があります。そのため、NikonF3などの電子接点を持たないカメラでも使用することができます。もっとも、このスカスカのピントリングでMFをしようとはあまり思いませんけどね。

さて、半日使ってみた雑感ですが

・ネットの評判ほどズームリングはスカスカではない。
→自重落下してきやすいという評価を見つけたんですが、特にそんな感じはしません。ちゃんと保持してくれます。
・レンズ名のプレートが真鍮性で墨入れ処理されている
→後継の18-35Gや16-35G VRにはない爆アドポイント。今時は大三元などの高級レンズくらいしかないです。(中価格帯レンズはみんなプラに金色塗装)
・実はフルタイムマニュアルが使える
→ただしボディモータに負担がかかるので自己責任で。ちゃんとボディ側のAF/MF切り替えレバーを切り替えましょう。
・重量バランスがいい
→重量自体は18-70G DXとあまり変わらないんですが、マウント側に重量が寄っているせいかカメラにつけたときは重さを感じません。VRやSWMなどの機構を搭載していないため軽いというのもまた理由の一つかもしれません。
・写りは悪くない
→素直な写り。でも、解像力は足りないなぁ…まぁ上を求めたら大三元なので頻度的にはこんなもんでいいかなって感じです。
・35mm付近で一番レンズが短くなる
→後継の18-35Gはインナーズームですが、これは普通に伸びます。18mmが一番長いです。慣れの問題ですが使いにくい。(広角端で一番レンズが短くなるイメージなので)
・AFはクソ早い
→下の動画参照。D4もD7200もトルクフルなボディモータを搭載しているのでかなり早いです。



・もうちょい寄れたらうれしいなぁ…
DSC_1503_20170527010921c1c.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED,F4.5,1/60sec,ISO3200,35mm)
これで最大撮影倍率。1.2倍クロップと組み合わせてちょうどよさそうかな。意外と絞り開放からまともに写ってくれるので使えないことはなさそうですが、やはり飯テロレンズとして最強なのは55マイクロですね。


そんな感じです。これでFX対応レンズで撮影可能な画角が18mm~35mm~52.5mm、70mm~200mm~500mm~750mmとなりました。(35mm~52.5mmおよび500mm~750mmはD7200に取り付けた場合の換算焦点距離。また、DX専用の18-70Gをつけると52.5~70mmも埋まる。)

明日から使い込んでいく予定なのでまた報告します。では。

※追記
下呂へ行ったときの使用レビューを書きました:Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-EDを持って下呂へ行こう。ぬくもり飛騨路の旅。


カメラランキング

本日の撮影機材
・Nikon D7200+Nikon Ai Micro-Nikkor 55mm f/3.5+SB800+TT685N
・Nikon D4+Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント