鳥取県はピンクがお好き?西日本遠征の後半戦。

早めに書ききれるネタは早めにがモットーです。Nikonから新しいレンズが3本発表されましたが、なかでもフィッシュアイズームが一番気になります。てか、ほしいです。D4のクソ分割払いがなければローン組んでたと思います。

後半戦です。
DSC_2220.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
まずはピンクの〇〇を求めて若桜鉄道の若桜駅へ。趣のあるレトロな駅舎が特徴です。駅舎の向かいにはスーパーがあり、徒歩1分のところに郵便局が、5分くらいのところに道の駅があるので意外と便利で楽しいです。

若桜駅には駐車場があるので若桜駅に車を止めて、イベント入場券300円を払って駅の中に入ります。そして、目当てのピンクの〇〇を撮って…

DSC_2235.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
近くの道の駅でおひるごはんです。鹿肉丼です。鹿でした。

再び、若桜駅へ戻ります。
DSC_2237_20170601003754e84.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
ピンクの〇〇。そうです。ピンクのSLが動態保存されているのがこの若桜鉄道なんです。煙をもくもくと上げるだけではなく…

DSC_2239_20170601003752671.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
ちゃんと走ります。転車台をしっかり写し込める(写真だと切れてるけど)18mmの画角は本当にありがたいです。この遠征の前にこのレンズを調達できてよかった…

DSC_2242_20170601003807737.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
若桜鉄道の面白いところは、この転車台を手動で回す体験ができること。まぁ、定員があるので私は参加しませんでしたが、こうやって体験できるのはいいですね。

DSC_2247.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
180度とちょっとを回し終えたところで駅員さんが転車台にブレーキをかけます。ここから再び走行開始です。

DSC_3141.jpg
(D7200,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
一番奥までバックして、そこから再びこちらに走ってきます。

都合上、若桜駅の敷地内のみ走行できませんが割と距離があるような感じです。

DSC_2250.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
続いてはトロッコの登場です。自重10tというかなりの重量級ですが、文明の利器「車輪」の手にかかれば案外簡単に動くものです。

DSC_2260.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
このトロッコを先ほどのSLの前側に接続し、再び1往復です。その帰りを流してみました。スピード感があるように見ますが、10km/hくらいだったかなと思います。

一回線路の中を通過してからこの場所で撮影していますが、特にお咎めなし。なんて自由なんだ…

DSC_2266.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)
ちなみに、こいつは日車生まれでした。会社説明会行ったなぁ。


一通りのイベントが終わったところでもとの場所へ。汽笛を鳴らしてくれましたが、残響音がすごいです。これで終わりかなー?と思いきや…

DSC_2271.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
続いては運転台の見学会です。驚いたことに、追加料金なし。300円でここまでさせてもらえるなんて…

DSC_2272.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
運転台です。フィッシュアイがほしい。

あと、運転台の見学に入った人全員が汽笛を鳴らすことができました。そんなこともしていーんですか???という感じでしたが、オッケーでした。太っ腹です。

DSC_2273.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
ピンクのSLを満喫したところでイベントもぼちぼち終了。最後にピンクのSLとDD16を一緒にパチリ。

イベントに参加された人数が少なかったこともありますが、ものすごーくゆったりした空気のなかのんびりと楽しむことができました。鉄道のイベントでこんなにもゆったりできるとは…よかったです。

この後、同行していた魔理沙君が若桜鉄道に乗るということになったので私はWindmhuleさんとともに先回りして撮影しに行くことにしました。

DSC_2275.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED,F8,1/400sec,ISO200,35mm)
徳丸駅と八東駅の間にかかる八東川を行くWT3000形です。こちらは鳥取方面から若桜駅に向かうやつ。魔理沙君は乗ってません。

DSC_2303_20170601010348621.jpg
(D4,Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II,F8,1/640sec,ISO200,135mm)
本命はこっち。川の中州から撮影するといい感じで手前に小さな滝を入れることができます。まぁ、その中州に行くのがちょっと大変なので川に落ちないように注意してくださいね。

近くには八東総合運動公園があるので、そこに車を停めるとちょうどいいかなと思います。

その後、郡家駅で魔理沙君を回収して隼駅に遊びに行きました。ちなみに、隼駅は岡山S耐のときにも一度寄っています。→S耐前の寄り道はなんか高い駅とバイクの聖地の駅へ。

DSC_2348.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED
ローアングルから。地面にはいつくばって撮影しました。やっぱ、気合入れて撮るなら腹ぐらいすらないとだめですね(?)

隼駅にはブルトレも展示してあるのですが、今回はその中にはいることができました。

DSC_2349.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
車両はカーペットのほうでした。ちゃんと(?)泊まれるそうです。一泊1000円くらいだったかな。ボランティアの方がメンテナンスをしているそうです。ただ、夏は蒸し風呂でなかなか泊まるのには根性がいりそうです(笑)

DSC_2351.jpg
.(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
前回来たときはこの子は茶色でサビサビだったんですが、いつの間にかきれいに塗りなおされていました。こちらもボランティアの方が塗ったそうです。ほんと、地元の方の愛が感じられるいい駅です。

そのあとは帰路につくついでに恋山形駅へ。こちらも前回行ってます→S耐のあとはピンクのあの駅へ。

DSC_2354.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
恋山形駅も半年ほどの間に姿が変わっていました。以前は駅舎の周辺だけがピンクだったのですが、路面もピンク色にペイントされていました。ほかにも近くの街頭がピンク色になるなどの変更が加えられていました。

DSC_2376.jpg
(D4,Ai AF Zoom-Nikkor 18-35mm f/3.5-4.5D IF-ED)
恋山形駅を通過するはくと。

最後は苔縄駅に行って通過するはくとを撮っておしまいです。苔縄駅は駅メモの元ネタ駅です。はくとのほうはしくったので省略。

あとは帰るだけ。

最後まで運転されたWindmhuleさん。ありがとうございました。土曜日からぶっ続けで約40時間の遠征は、疲れました…でも楽しかったです。

では。


鉄道ランキング

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント