部活の将棋(9月11日)

あの9・11からもう14年。早いものです。

1局目(▲相手-△私)


向かい飛車に鳥刺し。
▲6六銀△6四銀の交換を入れてから仕掛ける手もありますが、こっちのほうが相手に変化の余地があるため迷うかなという感じです。
以下▲同歩△6四銀▲7四歩(▲6六銀もある)△7二銀(ちょっと疑問)と進みました。
しかし、△7二銀はちと中央が薄くなって指しにくくなりましたし、△8三銀と上がって7四銀とできるわけでもないですしね。
ただ、飛車交換に強い陣形なのでやっぱりあるのかも…うーん…?


少し進んで。
先手の狙いは▲3五歩~▲3四歩ですが、△7六歩と打つ手に対して▲6六角とも▲8八角ともやりにくいようでは作戦失敗だと思います。
実戦は▲5九角と辛抱しましたが、△8六歩▲同歩△8八歩から流れるように攻めが決まって終わりました。
個人的には▲8六同歩ではなく▲3七角から軽く捌かれるほうが嫌だったんですが、まぁ彼の実力的にはまだ見えないかなぁ。

2局目(▲相手-△私)


先手四間飛車穴熊に鳥刺し。
角頭のケアが甘く先手苦戦を思わせる流れです。
ここで勢いよく△7八角成と飛び込んでいきましたが、△8七銀と叩き込んだほうが分かりやすかったですね。
△7八角成以下▲同飛△8七歩成▲7九飛△7八金と重くいきましたが、▲同飛△同と▲7三歩成から捌きを狙う順があります。
まぁ、こっちがだいぶいいんですが。


普通に指せばいいんです。普通に。ひねって△6八と▲同銀△5八飛とかやらないで△8五飛と普通に走ればいいんです。
△5八飛に▲5九金ばっかり読んでたんですが、▲5九銀打△3八飛成▲4八金で飛車がつかまってしまうんですよね。
しばらく将棋やってなかったせいで読みぬけというか勝手読みがひどいです。


この飛車打ちをうっかりしました。焦って△6八金でしたが、△2八金▲同飛△同銀成▲同玉△4九金と進めれば先手は詰めろないしはそれに準ずる手が受けにくく勝勢でした。
そこからやや混戦模様になりかけましたが、最後までずっと優勢だったようです。



今日はこの2局だけ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント